ご希望の体育館・武道館情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト体育館・武道館リサーチ

体育館情報

タクティックス(戦術)守備と決定打



卓球の試合では、「攻めては守り」「守っては攻める」といったラリーが繰り返されます。そこで試合に勝つには、安定した守りと共に、競り合いになったときの決定打が必要になります。

フェイクモーション

フェイクモーション

フェイクモーションとは、どのように打球したのかを、相手に分かりにくくするために、インパクトの前後で本来のスイングとは別のスイングをするテクニックや、動きそのもののことを意味します。サービスにフェイクモーションを加えることによって、下回転が上回転に見えたりし、相手を混乱させることができます。

フェイント

フェイントとは、フォアヘ打つと見せかけてバックへ打つ、強打と見せかけストップすると言うような卓球のプレーを指し、「フェイントをかける」と表現します。日本卓球界では「逆モーション(プレー)」とも表現。逆モーションは、言葉本来の意味からすると逆を突かれたプレーヤーが逆方向へ動こうとすることになりますが、日本卓球界ではフェイントと同意で使用されています。

スマッシュ

スマッシュとは、「smash」が持つ「粉砕」「撃破」「強打」の意味を受け、卓球では最大の球速を持つ強打のことです。ドライブの弾道が曲線を描くのに対し、スマッシュは直線的な弾道なので、一撃で点につながる可能性がある反面、安定感に欠けるデメリットを持っています。とは言え、早いスマッシュは大きな武器になることも事実。

世界の強豪はこの技術を会得しています。スマッシュの打ち方は、胸の前あたりの位置から横斜め上あたりにラケットを引き、利き腕と反対方向の足を前に踏み出して叩きつけるように振って強打。ラケットの角度で精度が左右されるため、相手の球の弾道を見極めて調整するのが重要です。

バックスマッシュ

バックスマッシュとは、正式名称・バックハンドスマッシュのことで、相手方の卓球ボールをバックハンドで強打することを意味します。バックスマッシュの打ち方は、ラケットのバック側を相手に向けながら、胸の前あたりから横斜め後ろに引き、ラケットを持っている足を前に踏み出しながら、ラケットを前に振ります。

うまくいかないときや、ネットにかかる場合は打球点を上方修正し、オーバーミスが多い場合は打球点を下方修正。こう言った具合に調整することで、バックスマッシュの精度がよりアップします。

ドライブ

ドライブとは、攻撃打法を総称した「ロング」の中で、前進回転を強くかけて打つ卓球の打法を意味します。近年は攻撃打法の代表的な位置をドライブが占め、いろいろなドライブが使い分けられています。

回転とスピードの多少によって分類すると「パワードライブ」と「ループドライブ」。曲がる方向によって分類すると、「カーブドライブ」と「シュートドライブ」、その他、打球点の高さを変えて、ドライブによる速攻もあります。世界卓球界のトップスターたちは、これらのドライブを見事に使い分け、ラリーを戦い抜いています。

バックドライブ

バックドライブとは、バックハンドで打つドライブのことを意味します。前進回転をかけながら打つので、卓球のボールをこすることです。胸の前あたりでラケットを構え、ラケットのフォア面が相手に向くように内側へ腕をひねりながらバックスイングし、腕のひねりを解消しながらラケットのバック面を回していって、バック面で下から上へとラケットを振ってボールをこすります。

あとはラケットを自然に振り切ればバックドライブの完成。オーバーしてしまうようであれば、振る位置を下に持って行き、ネットしてしまうようであれば、もう少し上から振ってみるといった、調整が必要です。

頂点ドライブ

頂点ドライブとは、バウンドの頂点を捉えて打球する卓球の攻撃方法「頂点打」のひとつで、球速よりも前進回転であるドライブに主体を置いた攻撃を意味します。卓球競技の発展史から言うと、バウンドの頂点を捉えて打つスピード主体の「トップ打ち」が現れ、1970年代以降の裏ソフトラバー貼りラケットによるドライブ卓球の全盛時代に入り、頂点ドライブが多く見られるようになりました。つまり、「頂点打」の代表を昔はトップ打ちが占めていましたが、1970年代以降は頂点ドライブが独占するようになったと言うことです。

シュートドライブ

シュートドライブとは、野球で言うシュートボールのように、打球者から見て外側へ曲がるドライブボールを意味します。右利きなら右側へ、左利きなら左側へ、強い前進回転をかけながら打つ技法。

一方、野球のカーブボールのように、打球者から見て内側へ回るドライブボールをカーブドライブと呼びます。右利きなら左側へ、左利きなら右側へ前進回転をかけながら打つ技法。シュートドライブとカーブドライブは反対方向に曲がります。

カット

カットとは、相手の攻撃を守備で返す打法の代表的なもので、3つの条件を備えています。①通常、台から2m前後、あるいはそれ以上下がった位置に立つ。②打球点は自分のコートに弾んだボールの下降期。③スイングの方向は上から斜め下。必要に応じて「押し」を加え、ボールにバックスピン(後退回転・下回転)をかけながら打球する。の3点です。

ボールに強いバックスピンをかけることで、相手方の攻撃ミスを誘ったり、攻撃を止める目的で使用。似たような技術にツッツキがありますが、ツッツキにかかる下回転はカットよりも小さいのが特長です。

ロビング

ロビングとは、語源の「lob(ロブ)」に「高くゆるい球」という意味があることから、卓球では「高くゆるい前進回転球」のことを意味します。英語ではロブと呼び、日本語ではロビングと使うことが一般的。主として攻撃型のプレーヤーの中で、守備に立たされると後方へ下がる癖を持つ人たちが使います。

卓球台から2mから3m下がってのプレーになることが主流。ロビングは相手のスマッシュを山なりで高いボールに変えてしまう守備の技で、相手の攻撃をかわしながら、次のカウンターのチャンスを見計らって体制を立て直せるメリットがあります。反面、相手にチャンスボールを与えてしまうというデメリットもあります。

プッシュ

プッシュ

プッシュとは、卓球台に接近した状態で構えてボールのバウンドの上昇期を捉えて打つ打法「ショート」の中で、最も攻撃的な打ち方を意味します。ショートは守備的な打法ですが、プッシュ性のあるショートは攻撃的な打法です。1960年代に世界の頂点に立った中国の速攻は「フォア頂点打、バックプッシュ」を基本としていました。また、英語では「push(プッシュ)」または「pushing(プッシング)」と言うと、日本で言うツッツキの意味になります。

フィッシング

フィッシングとは、中・後陣から前進回転をかけ、相手のコートに低くつなぐ、守備的なバックハンド打法を意味します。「fish」には動詞だと「(魚を)釣る」と言う意味があり、湖が多く、釣りの盛んなスウェーデンの選手たちがその動作になぞらえてこう命名したと言われています。ロビングよりも低い弾道で相手の打球を返球する技法。打球点がボールの軌道の頂点を過ぎたあとに打つので、卓球台からやや離れたところから返球する、つなぎのプレーです。

ミドル攻撃

ミドル攻撃とは、相手の体の真ん中「ミドル」を狙って攻めることを意味します。フォアハンドで返すかバックハンドで返すか判断が遅れると、ミスにつながることが多いため、卓球台の左右のコーナーに強く、ミドルに弱いカットマン攻略の重要な戦術として用いられます。

シェークハンドグリップでは、ミドルのボールに対してラケットの打球面が自然に正面を向かないので、ミドル処理が困難。一方、ペンホルダーグリップは打球面を正面に向けやすいため、ミドル処理に向いています。

速攻

速攻とは、球速よりも打球のタイミングの速さを優先した攻撃のことを意味します。卓球台の近く(前陣)に構え、ボールのバウンドの頂点かそれ以前を捉えて打つことを「前陣速攻」と呼びます。1961年・1963年・1965年の世界選手権で、中国が攻撃も守備も卓球台近くで行なう新しい発想のプレーで、男子団体と男子シングルスに3連勝して以来、「中国の前陣速攻」あるいは「中国式の速攻」と言う言葉で定着しました。

彼らが目指した速攻は、打球のタイミングをできるだけ早くすること(打球点はバウンドの頂点かそれ以前)、打球にスピードがあること、最初の攻撃チャンスを逃さず攻める、と言う3条件を備えたもの。速攻を得意とするプレーヤーを速攻型と呼びます。

チキータ

チキータとは、体の中央ないし、フォア寄りに飛んできた短いボールに対して、相手(右利きの場合)のバック側に曲がるようにカーブをかけながらバックハンドで攻撃すること、またはその技を意味します。

主としてシェークハンドラケットを使っている卓球プレーヤーの間で流行している台上攻撃のひとつです。開発者のコルベル氏(チェコ)らが、打ったボールの軌道がバナナのような曲線を描くことから、バナナの銘柄「チキータ」にちなんでこう呼ぶようになりました。2006年の全日本選手権において、優勝者の水谷隼氏が準優勝戦でこのレーシーブを数本使用し、得点につなげています。

3球目攻撃

3球目攻撃とは、卓球の試合において、サービスをラリーの1球目、レシーブを2球目、その次のサーバーの第2打を「3球目」と呼び、この3球目で攻撃することを指します。サーバーは自分のサービスで始められることから、3球目は攻撃しやすいボールが返ってくるため、3球目攻撃による得点率は自ずと高くなります。

どういったプレースタイルであっても勝利への近道であるところから、「サービスと3球目攻撃」を組み合わせた練習が現代の卓球界における代表的な練習方法のひとつとなっています。

カウンター

カウンターとは、カウント器・得点板を意味する場合と、反撃・襲撃のことを意味する場合があります。後者は「counter attack(カウンターアタック)」を略した和製英語で、一般的に日本の卓球界で使うのは後者の意。相手攻撃のボールスピードを使って打ち返し、相手に揺さぶりをかける技術です。

カウンターの打ち方には2種類あり、ドライブで返球することを、カウンタードライブ、ブロックで返球することをカウンターブロックと呼びます。