ご希望の体育館・武道館情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

スポランド
体育館・武道館
トップページへ戻る
トップページへ戻る

体育館情報

タクティックス(戦術)基本打法



卓球では、理にかなった打ち方ができるように、まずは「基本打法」の習得を目指します。

基本姿勢(ニュートラル)

基本姿勢(ニュートラル)

様々な打法を開始しようとする姿勢、または相手からのボールを待つ姿勢を基本姿勢(ニュートラル)と言います。

基本姿勢には決まりはありませんが、いつでもスイングできるように上体の姿勢を整え、ひざを曲げてスタンスを取ります。

スイング

スイングとは、ボールを打つために卓球ラケットを振ることを意味し、通常は以下のような順序で行ないます。手を引いて後方へラケットを振る「バックスイング」で打球に勢いやコントロールを付け、前方へラケットを振ります。

次にラケットとボールが当たる瞬間「インパクト」を経て、ラケットを自然に前方へ振る「フォロースルー」で一連のスイングが完成。バックスイングは別名テイクバックとも言います。強力なボールを打つ場合は、フォロースルーが大きくなる傾向にあります。

フォアハンド

フォアハンドとは、右利きなら体の右側で右手の手のひらを前にして打つ打ち方を指し、「フォアハンドサービス」「フォアハンドロング」「フォアハンドショート」「フォアハンドカット」などがあります。ちなみに卓球ラケットを持つ手の側は「フォアハンドサイド」。「フォアサイド」「フォア側」とも呼びます。

バックハンド

バックハンドとは、右利きならシェークハンドグリップを持った場合、右手の甲(手のひらの反対側)を前にして打つ打ち方を指します。または、フォアハンド以外による打ち方。「バックハンドサービス」「バックハンドロング」「バックハンドショート」「バックハンドカット」などがあります。

ラケットを持つ手と反対側を「バックハンドサイド」とも呼び、右手にラケットを持った場合は左手側。日本卓球界では「バックサイド」「バック側」とも呼びますが、英語では省略せずにバックハンドサイドと呼んでいます。

N字フットワーク

N字フットワークとは、アルファベットのNの字を描くように移動する卓球のフットワークのことを意味します。フォアハンドロングで打ち、一歩前進して次球を打ち、斜め右後方に移動して第3打を打ち(右利きの場合)、一歩前進して打つ、と言ったフットワーク。

また、一方の選手が常にクロスへ、もう一方の選手が常にストレートへ返球し続け、左右に動く卓球練習のことも指し、ボールのコースがN字を描くことから「N字フットワーク」と命名。フォアハンドとバックハンドを交互に使うことで、「切り替え」を鍛える方法や、フォアハンドのみを使うことで、大きく動くフットワークを鍛える方法などがあります。

オープンスタンス

オープンスタンスとは、球を打つ際の足の構え方で、卓球台のエンドラインに対し、両足を結んだ線が平行の構えを意味します。足の位置は打球方向に対して平行。速攻型やショート型のように、卓球台の近くでプレーする場合には、左右どちらへ来たボールも即座に処理しやすい、オープンスタンスが向いています。

クローズドスタンス

クローズドスタンスとは、球を打つ際の足の構え方で、卓球台のエンドラインに対し、半身の姿勢を取る構え方を意味します。足の位置は打球方向に対してやや斜め。半身の姿勢とは、右利きの場合はフォアハンドのときに右足を引き、バックハンドのときに左足を引いた姿勢を指します。強力なスマッシュやパワードライブを打つときには、腰の回転をしっかりと使えるクローズドスタンスが向いています。

ストローク

ストロークとは、卓球の打法のひとつを意味します。英語の「stroke(ストローク)」には「一撃」「打撃」の意味がありますが、日本卓球界では戦前から「打法」をストロークと呼び、ロング・カット・ショートを三大打法・三大ストロークと呼んでいます。この場合、サービスはストロークに含みません。

ちなみにかつて日本では卓球ラケットのことをバットと呼び、戦前の日本を代表する名選手で卓球理論家の今孝氏は、著書「卓球其の本質と方法」の中で「バットにてボールを打つすべての動作をストロークといふ」とあり、三大ストロークのロング・ショート・カットについて技術解説を行なっています。

クロス

クロスとは、打球コースのひとつで、対角線、及び斜めのコースのことを意味します。「斜めの」を意味する英語の「cross(クロス)」から名付けられました。相手のフォア側に打つことをフォアクロスと呼びます。卓球台をストレートに打つよりも、対角線のクロスは約40cm長く打てるので、安全に返球したいときはクロスに打つことが原則です。

ストレート

ストレートとは、「真っすぐ」と言う意味と「続けて」と言う意味があります。前者は、卓球台を挟んで対角線に打つのではなく、サイドラインと平行に真っ直ぐな方向へ打つことを意味し、そのコースは「ストレートコース」と呼びます。

真っ直ぐな方向への打球は「ストレートボール」。ストレートコースを略してストレートと呼ぶようになり、ストレートに打つといった表現もします。後者の「続けて」と言う意味合いは、連続してゲームを勝ち取ったときに「ストレート勝ち」と言った表現に使用します。

ボレー

ボレーとは、相手の打球が手前の卓球コート(自領コート)に入り、ワンバウンドする前に自分のラケットへ当ててしまうことを意味します。進路妨害とも呼び、ペナルティとして相手方に1ポイントが与えられます。以前は明らかに台から外れたボールにラケットを当てた場合もボレーミスと判断されてペナルティを受けていましたが、その後エンドラインよりも後方で、相手がオーバーミスしたボールに触れても、ボレーミスや進路妨害には当たらなくなりました。

回り込み

回り込みとは、バック側にきたボールを、足を動かしてフォアハンドで打つことを指します。またはフォア側にきたボールを、足を動かしてバックハンドで打つこと。「回り」と「踏み込み」の2つの言葉から成り立っている技術なので、回りを素早く、踏み込みを十分に行なうことが重要です。

日本の卓球界ではフォアハンドロング攻撃を得意としている人が多く、回り込みと言えば通常は前者。回り込みをマスターすることで、相手にプレッシャーを与えるとともに、フォアハンドで強い球を打つことができます。

飛びつき

飛びつき

飛びつきとは、通常の歩幅のフットワークでは間に合わない遠い位置へ強打されたとき、勢い良く大きな歩幅で移動してボールを捉えることを意味します。飛びつきはプレーの幅を大きくするための技術であり、卓球上級者になるにつれて、回り込みや台上処理など、幅広いプレーを要求されるようになりますが、それと同時に必要となるフットワークです。

両ハンド攻撃

両ハンド攻撃とは、フォアハンド攻撃とバックハンド攻撃の両方で攻撃することを意味します。シェークハンドグリップは、構造上バックハンドをスムーズに振ることができるため、かつては止める技術だったバックハンドを、攻撃力のある技術へと進化させました。もともと攻撃力を持っているフォアハンドに加え、バックハンドでの攻撃が加わることで、より威力を増した両ハンド攻撃が誕生。卓球界では両ハンド攻撃が主流になっています。