ご希望の体育館・武道館情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

スポランド
体育館・武道館
トップページへ戻る
トップページへ戻る

体育館情報

卓球の審判



日本卓球協会が公式に認めている審判員には、公認審判員、上級審判員、公認レフェリーの3つがあります。それぞれの資格をルールと審判員規定、及び公認審判審査規定によって資格認定を実施。長年にわたって実務を重ね、全国大会や国際大会で審判長としての経験を有し、リーダー力を発揮した公認審判員には名誉レフェリーとして永久に格付けされます。また、オリンピックや世界選手権といった国際大会には、別途国際審判員の資格が必要です。

公認審判員

公認審判員

公認審判員は、卓球の全日本選手権や国民体育大会などの主要国内大会において、主審をはじめとする審判実務や大会各部門の運営担当ができる資格です。公認審判員は、筆記試験と実技で判定しますが、必要に応じて各加盟団体で実施することができます。その際、加盟団体は講習会の内容や受講者の人員、講師の氏名などを事前に報告し、受講者名簿・筆記試験の内容を届け出。公認審判員になる条件は、中学校を卒業しており、所定の講習会を修了し、テストの成績が良好であり、所属加盟団体長から認められると公認審判員になることができます。

上級公認審判員

上級公認審判員は、主要国内大会の主審だけでなく、日本卓球協会が主催する全国大会の準決勝以上の審判を担当でき、審判員の実技の指導養成もできます。また、国際審判員資格試験の受験も可能。上級公認審判員は、公認審判員として各都道府県の選手権大会または同等の選手権大会において3年以上の実務経験が必要です。全国大会の競技管理にあたっても、臨機応変に適切な処置ができ、競技の円滑な施行責任を全うできる実力を持ち、公認審判員に対する審判実務講習会講師として実力を持っている人が推薦され、年1回のテストに合格することが必要です。年齢は20歳以上。

公認レフェリー

公認レフェリーは、卓球の国内大会の審判長を務めることができ、国際審判員資格試験の受験資格も得られます。上級審判員や公認審判員の指導育成にも従事。公認レフェリーになるには、加盟団体、または加盟団体支部の役員として実績があり、卓球競技会の運営で責任者としての経験を持ち、上級審判員として3年以上の実務経験が必要です。

国際審判員

国際審判員とは、国際卓球連盟ITTFの資格試験に合格した審判員を指します。通常「IU(アイユー)」と呼び、オリンピックや世界選手権の審判員を務めることができます。1983年に世界選手権が東京で開催されると決定したときには、日本にIU資格者が3名しかいませんでした。この事実を受け、日本卓球協会と全国の審判員の熱意により、IU資格者が年々増え、近年は500人前後の有資格者がいます。日本卓球協会は、上級公認審判員・公認レフェリーの資格を持ち、英会話のできる人にIU受験資格を認めています。

ホワイトバッジ

ホワイトバッジとは、国際審判員IUの初級的位置付けの資格です。国際大会で審判を務めるには、国際審判員の資格が不可欠。国際卓球連盟ITTFが実施する2年に1度の国際審判員IU試験は、日本卓球協会の上級審判員以上の資格を所有していると受けられますが、まず受験できるのは国際審判員の初級的位置付けであるホワイトバッジから。国際大会で各国の選手と交わることから、英会話ができることも必要条件です。

ブルーバッジ

ブルーバッジとは、国際審判員IUの上級的位置付けの資格です。少なくともホワイトバッジとして2年間活動し、ITTF(国際卓球連盟)の審判・レフェリー委員会の行動規律と服装規定にしたがっていることが必要条件。最低2大会で3人の評価委員から総計4つの「ミーツ評価(合格)」を得る実技評価と、選手や役員と英語で意思疎通を図ることができるか英語の能力をインタビューで試されます。インタビューが不合格になったら、2年以内に再チャレンジできますが、この期間内にインタビューの試験を受けなかったり、5年以内に一連のプロセスを修了できなかった場合は、ホワイトバッジとして最初からやり直さなければなりません。

主審

主審とは、卓球の各試合に1名つきます。ルールの知識やアナウンス、コール、スコアカード、記入方法などの基本テクニックを身に付け、担当する試合をコントロールし、公正な判定を行なって試合をスムーズに進行させる役割を担います。実務としては、スコアのアナウンスとスコアカードの記入、ベースライン・センターライン・サービスライン、主審側のサイドライン、フットフォールトの判定、レット・ファウルショット・タッチなどのコール、副審の明らかなミスジャッジに対するオーバールール、20秒・90秒ルールの徹底を行ないます。

副審

副審とは、主審の向かい側に座り、主審の補佐役を務める審判員のことを指します。自分が担当するラインを判定し、選手の陰となってボールの着地点が見えないときや主審がジャッジできないときに副審がジャッジすることもあります。実務としては、サービスラインの判定をしたあと、ボール横に動いて副審側のサイドラインを判定し、明確なコールとハンドシグナルを行ないますが、主審にオーバーコールされたときは、ハンドシグナルをすぐに戻し、主審の判定にしたがいます。