ご希望の体育館・武道館情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

スポランド
体育館・武道館
トップページへ戻る
トップページへ戻る

体育館情報

試合のルール



卓球の試合はゲームと呼び、ゲームは11点制です。1球目は自分のコートに1回・相手のコートに1回バウンドさせる「サービス」を行ない、2球目は相手の打球が自分のコートに1回バウンドした後、相手のコートにバウンドさせるように返球する「レシーブ」を行ないます。サービスは2本交代で、先に11点取ると1ゲームを取ったことになりますが、10対10になったときは、2点差がつくまで試合が続きます。その間はサービスは1本ずつ交代します。1ゲームごとにコートを交代し、最終ゲームではどちらかの選手が5点に達した時点でコートを交代。全日本卓球では「セブンゲームズマッチ」と「ファイブゲームズマッチ」があり、それぞれ4ゲーム、または3ゲーム先取すると勝利となります。

試合の流れ

試合の流れ

一般的な卓球の試合では3ゲーム先取した方が勝者となります。1ゲームは11点制で、11点先取するとそのゲームが取れます。卓球の試合は次のように行ないます。

ジャンケンで開始

まずはジャンケン(またはトス)をして、勝った選手がサービスをするかレシーブをするかを選びます。レシーブをすることになった選手は、コートのエンド(右側か左側か)を選ぶことができます。

トス

トスは、卓球界において二つの使われ方があります。ひとつはサービスのときにボールを投げ上げる行為。「toss(トス)」には放り上げること、と言う意味があることから、ボールを16cm以上、ほぼ真上へ放り投げることを指します。もうひとつは、試合直前にコイン、またはコイン状のものを投げて最初のサーバー等を決めることを意味します。「toss」には「硬貨を投げて何かを決めること」と言う意味もあることから、こう呼ばれるようになりました。日本国内の競技では、トスではなくじゃんけんでサーバー等を決めています。

サービスをする

ラリーの1球目がサービスで、ボールは手のひらで相手に見えるようにし、16cm以上ほぼ真上に投げ上げ、落下の途中でラケットに当て、自分のコートに1回バウンドさせてから、相手のコートで1回バウンドさせるように打ちます。用具の進歩と技術の向上で、強力なサービスが出現し、サービスを成功させることが勝利への近道と認識されるようになると、ラリーが続きにくくなりました。そこで新種の凄まじいサービスが出現するとルールを改正し、また出現するとルールを改正することを繰り返しています。ラリーを長続きさせることが、卓球観戦の醍醐味であることへの配慮とも言えます。

リターン(返球)をする

サービスのボールを、相手のコートでバウンドするように打ち返してリターン(返球)します。その後お互いが返球を繰り返し、返球に失敗すると相手に1点が入ります。

11点先取すると1ゲームを取れます

サービスは2点入るごとに交替して行ないます。そして11点先取した方が1ゲームを取れます。デュースとは、フランス語で2の意味。ルール上、ゲームセットとなる得点よりも1点少ない得点以上で同点になった状態を指します。1ゲームが11点制の元では10対10になることを指します。1ゲームが21点制の時代は20対20の状態を指しました。一方が2ポイント連取すれば勝敗が決定します。この場合、サービスは1本ずつチェンジサービスを実施。ラージボール卓球(新卓球)では双方が12対12になった場合は、13点目を得点した方が勝ちになります。卓球の他、テニスやバレーボール、バドミントンでもこのルールを適用しています。

チェンジエンド

チェンジエンドとは、主審より右側のプレー領域「エンド」で卓球のプレーをしている人が左側に、左側でプレーしている人が右側に変わることを指します。各ゲームの終了後と、最終ゲーム(ファイブゲームズマッチなら第5ゲーム)でどちらかの特典が5点に達したとき、チェンジエンドを行ないます。俗に「チェンジコート」「コートチェンジ」とも言います。

サービス

第1打球であるサービスは、その打ち方がルールで決められています。

構え方

サービスでは、ボールをフリーハンド(ラケットを握っていない方の手)の手のひらに置き、いったん静止させなければなりません。

ボールをトスし、落下途中で打つ

手のひらの上に置いたボールを16cm以上垂直に回転させないでトスし、そのボールが落下するまでに打ちます。

サービスは自分のコートと相手のコートに1回ずつ必ずバウンドさせます。ネットインした場合はやり直しとなります。

ボールは相手にはっきり見えるように

サービスでは、構えてから打つ瞬間までの間、相手からはっきりとボールが見えるようにし、体や衣服でボールが隠れないようにします。

トスの直後にフリーアームをどける

トスを上げたらすぐに、フリーアーム(フリーハンドと腕)を自分の体とネットとの間の空間(右図の赤色部分)からどけないといけません。

チェンジサービス

チェンジサービスとは、チェンジサーブとも言い、2ポイントごとに卓球のサービスを交代することです。ただし、10対10になったあとと、「促進ルール」が適用されたときには1ポイントごとにチェンジサービスが実施されます。

フォルト

フォルトとは、サービスの失敗を意味します。サービスをする際にボールを手のひらで握り込んで見えないようにする、ボールを16cm以上投げ上げなかった、卓球台の外側でトスを上げなかった、一度上げたトスを空振りしたりキャッチしてしまったなど、正規のサービスが行なわれなかったときに審判員がフォルトと宣言。相手方に1ポイントが与えられます。英語では「フォールト」と発音。

リターンとレット

卓球では、正しく返球することを「正規のリターン」と言い、ノーカウントでやり直すことを「レット」と言います。

「正規のリターン」になるケース

  • 打球(サービスは除く)がネットに触れて相手のコートに入った場合。このような場合を「ネットイン」と言います。また、卓球台のエッジ(ふち)に当たったエッジボールも「正規のリターン」になります。ただし、サイドに当たった場合はミス(相手の得点)になります。
  • ネットイン
    ネットインとは、打球がネットに触れてから入ることを意味します。サービスの場合は「ネット」と審判員が宣告し、ノーカウントでやり直しますが、それ以外のラリーではすべて有効となり、幸運な得点につながりやすいボールです。1973年に開かれた世界選手権の男子シングルス決勝最終ゲームでは、14対16のあと、ネットイン2本とエッジボール2本の「幸運な得点」が4本あり、中国の選手が逆転優勝。敗れたスウェーデンの選手は、勝てば男子団体・男子複合と合わせて3冠となるところでした。
    エッジ
    エッジとは、卓球のテーブル表面の縁を意味し、テーブルのエッジに触れて入った打球をエッジ、またはエッジボールと呼びます。この場合、コートに入った正規の返球とみなされ、主審は「エッジボール」と宣告。「カバー」もエッジと、同じく卓球のテーブル表面の縁を表す用語です。エッジボールとサイドボールの判定をめぐって、揉めることがしばしばあり、1979年の世界選手権ピョンヤン大会では6時間30分の中断後、審判員を交代して試合を再開したという逸話があります。
    サイド
    サイドとは卓球のテーブルの側面を意味し、テーブルの側面に触れた打球のこともサイド、またはサイドボールと呼びます。このボールを打った選手はミスと見なされ、主審は「サイド」と宣告し、相手側に1ポイントを与えます。エッジボールとサイドボールの判定は難しく、審判員泣かせです。
  • ラケットハンド(ラケットを持っている手)の手首から先の部分にボールがあたって相手のコートに入った場合。ラケットのエッジやグリップにあたって相手のコートに入った場合も同じです。
  • ボールがサポート(ネットを張る金属製の支柱)の外を通過して相手のコートに入った場合。
  • ラケットを持つ手を替えて打球した場合。
  • 相手のコート側に行って打球した場合や、フェンスを乗り越えて競技エリア以外で返球した場合。

「レット」になるケース

レットとは、ボールを打った結果がどちらの得点にもならないことを意味します。日本卓球界では俗に「ノーカウント」とも表現。代表的なケースは2つあり、ひとつはサービスがネットに触れて相手方のコートへ入ったときです。この場合はもう一度サービスからやり直し。二つ目は審判員がプレーを中断させたとき。ボールがラリー中に割れた、隣の試合のボールが競技領域に飛び込んできたなど、不測の事態が起きたときに宣言されます。

  • レシーブの構えをしていないレシーバーにサービスをした場合。また、サービスの構えの途中でボールが手のひらから落ちた場合。
  • 他のコートから競技エリアにボールが入って来た場合。また、大きな騒音や停電、地震などが起きた場合。
  • カーテンなどが開いて選手の目に光が入った場合。

ミスになる(相手の得点となる)ケース

  • ボールが手から離れたラケットに当たった場合。また、ペンラケット(文字を書くペンを持つように握るラケット)のラバーが貼られていない木面で打球したり、フリーハンド(ラケットを握ってないほうの手)を卓球台について打球したりした場合。
  • ネットアセンブリ(ネットの組み立て部分)に体の一部が触れた場合。また、打球が天井や照明などに当たった場合。
  • 自分のコートに相手の打球がバウンドする前に、卓球台の上方で選手自身に触れた場合や、エンドライン(ネットと平行に、卓球台の自分側と相手側に引かれた白線)を相手の打球が越える前に、卓球台の面に向かって飛んでいる打球が選手自身に触れた場合はオブストラクション(進路妨害)としてミスになります。

休憩とタイムアウト

休憩とタイムアウト

卓球の試合では、ルールで定められた休憩をはじめ中断、タイムアウトを取ることができます。これらのインターバルは選手の休息だけではなく、作戦を立てたりモチベーションを高めたりする目的で取られます。

タイムアウト

タイムアウトとは、競技者またはアドバザーの要求に基づく休憩のことを意味します。実質的に「作戦タイム」でもあり、各競技者(ペア)は1試合に1回、1分以内のタイムアウトを取得することが可能。タイムアウトの要求は両手でアルファベットの「T」の字をかたどって行ないます。

個人戦では競技者か指定されたアドバイザーが、団体戦では競技者か監督が要求できます。タイムアウト中は、要求した選手側のコートに「T」と書いたマーカーが置かれるのが一般的。タイムアウトで試合の流れがガラリと変わることもあり、タイムアウトを取った直後から大反撃に出て逆転勝利につながったと言う試合も多々あります。

タオリング

タオリングとは、卓球の競技中にタオルで汗を拭くことを意味します。タオリングが認められるのは以下の3ケース。各ゲームの開始から6ポイントごとで、3対3になったときには認められます。最終ゲームでチェンジエンド(コートの交代)をしたとき。ラケットの表面が汗で濡れたり、メガネに汗がついたりしたとき、審判員の許可があったときに短時間与えられます。故意に時間稼ぎをするのを防ぎ、ゲームを円滑に進めるために設けられたルールです。

ケガの場合の10分間の中断

試合中に転倒するなどのアクシデントでケガをし、競技の続行が一時的に不可能になった場合は、審判長が10分以内の中断を認めることがあります。

ダブルスの試合

卓球にはペアが交互に打つダブルスがあります。ダブルスのルールはシングルスと少し異なりますので、そのポイントを紹介します。

サービスとレシーブする選手の順番を決める

試合を始めるにあたり、ジャンケン(またはトス)で最初にサービスをするペアを決め、次にそのペアのうち最初にサービスをする選手を決めます。

さらに、相手ペアのうち最初にレシーブをする選手を決めます。

2人が交互に打つ

ダブルスの基本はペアの2人が交互に打つこと。2点ごとのサービス交替の際には、それまでレシーブをしていた選手がサービスをします。

2ゲーム目では、1ゲーム目がレシーブで始まったチームのどちらかの選手がサービスをして開始し、3ゲーム目以降は同様にサービスの交替を繰り返して行きます。

また、最終ゲームではいずれかのチームが5点を取得するとチェンジコートを行ない、その際にレシーブするチームはレシーバーを交替します。

順番間違いが分かるとレットになる

交互に打つ順番の間違いが分かった場合は、プレーが中断されレットになります。

その後正しい順番に改められてプレーが再開されますが、それまでの得点は有効となります。

試合中のマナー

卓球でもマナー違反をするとイエローカード、レッドカードを出されることがあります。特に注意したいのが大声やガッツポーズ。自分を鼓舞するガッツポーズや声は大事ですが、相手を挑発するような表現は厳禁。

また、試合中のベンチからのアドバイス、間合いをわざと長くすること、ラケットを投げたり台をラケットで叩くことはマナー違反です。「ボールをわざと潰す」「ネットラインやエッジボールによる幸運な得点をしたときにラッキーと大声を出す」「審判の判定に対して長々と抗議をする」というような行為も、マナー違反とみなされます。注意を与える程度の場合もありますが、注意後も続く場合はイエローカードでの警告となります。その後も続いたらイエローカード+レッドカードを示し、該当者の相手へ1ポイントが与えられます。

卓球の試合で使う用語

ラリー
ラリーは、双方のプレーヤーの間でボールを続けて打ち合うことを意味します。お互いに3回ずつ打ち合えば、ラリーは6回続いたと換算。ラリーが長く続く試合は見ごたえがあり、このためにサービスのルール改正が何度も行なわれてきました。1992年のオリンピックバルセロナ大会で、国際卓球連盟が調査した結果では、ラリーが平均7回ずつ続いたときに、観客席からの拍手が多かったと報告されています。
促進ルール

促進ルールとは、競技開始から10分経っても1ゲームが終わらないとき、または双方のプレーヤー(またはペア)から要請があった場合に適用されるルールです。競技時間をスピードアップさせるためのルールで、1964年から採用されるようになりました。途中で微修正されていますが、要点は2つあります。ひとつは、サービスを1本ずつ交代で行なうこと、2つ目は、サービス側は13回以上の打球で得点できないと、相手側の得点となることです。

このため、サービス側が攻撃を仕掛けることが多くなります。また、ゲーム開始後10分経ったら、ラリー中の場合は主審が「レット」のコールで中断し、促進ルールを適用。その後のゲームはすべて促進ルールが適用されます。1973年に1ゲーム20分の制限ルールができて以来の「スピードアップルール」で、これによって1ポイントをどんなに粘っても最高10分になりました。促進ルールに入ると、ストロークカウンターが配置され、レシーブ側の返球回数を最高13までカウントします。

棄権
棄権とは、卓球の大会参加の権利や、競技続行の権利を捨てて、使わないことを意味します。主に2つのケースがあり、ひとつは参加申込み後の参加取りやめ。2001年の世界選手権大阪大会では、申込み後に6協会が棄権しました。2つ目には競技途中の競技取りやめ。1979年の世界選手権ピョンヤン大会男子シングルスの決勝で、中国の選手が第4ゲームを0-3のスコアで上回っていたとき、足の筋肉を痛めたため棄権し、日本選手の優勝が決まったと言う過去の実績があります。世界選手権決勝での棄権はこれが最初でした。
アピール
アピールとは、判定に対して審判員に抗議や確認の発言をすることを指します。団体戦では監督に、個人戦ではプレー中の選手だけにアピール権があります。アウトやインなどの最終判定者は主審です。
ベンチコーチ
ベンチコーチとは、監督やコーチ、選手が座るために設けられた競技場内の場所に座り、競技者にアドバイスを行なう人を意味します。団体戦では監督やコーチだけでなく、ベンチにいる誰もがアドバイスできますが、個人戦では監督または、特定の人一人に限定。その特定の人が個人戦のベンチコーチを務める場合は、前もって主審にその旨を届け出る必要があります。
台上ボール
台上ボールとは、卓球台のネット際のボールを意味します。台上で2バウンドする、または2バウンドしそうな短いボール。近年、特に速攻型同士の試合では、相手のフォア側やミドルへショートサービスを出し合うことが多く、レシーブ側からすると台上ボールに出くわすことが多くなりました。
ハンドオンテーブル
ハンドオンテーブルとは、ラケットを持たない方の手の、手首から先である「フリーハンド」が、ラリー中に卓球台の表面に触れることを指します。ハンドオンテーブルと認められた場合は、ペナルティとして相手方に1点の得点が与えられます。ちなみに、ラケットを持っている方の手を「ラケットハンド」と呼び、ラケットハンドと逆の腕全体を指してフリーハンドと言う場合もあります。
ムーブドテーブル
ムーブドテーブルとは、ラリー中にプレーヤーが卓球のテーブルを動かしてしまうことを意味し、ペナルティとして相手方に1ポイントの得点が与えられます。後方から飛び込んで強打したり、ネット近くの短いボールをストップする目的で身を乗り出す姿勢になったときなどは、ムーブドテーブルを起こしやすいケースです。
ラケットコントロール
ラケットコントロールとは、卓球ラケットのラバーの接着などにおいて禁止物質が使われていないかどうかの検査を指します。健康被害があると判断されたことから、揮発性有機溶剤を含むスピードグルー(接着剤)が全面使用禁止になって以降、試合終了後に無作為に選ばれた選手のラケットがラバーを貼ったままの状態で検査器にかけられ、禁止物質が検査された場合、その試合で失格と判断されます。検査には揮発性有機溶剤を検知する機械を使用しています。
ラブオール
ラブオールとは、卓球の試合を開始するとき、及び各ゲームを開始するときに、主審が宣言する言葉です。ラブには「愛」の他、「0(ゼロ)」つまり無得点の意味があるので、ラブオールとは双方とも0点から始まるという意味で使われます。1921年に日本最初のルールが日本独自で作られたときには、試合開始の宣言は「プレーボール」と定められ、戦後もしばらくは使われていました。その後、国際ルールにしたがってラブオールを使うようにルールが改正。しかし、長年プレーボールに慣れ親しんできた日本の卓球プレーヤーに配慮し、1970年代の数年間は「ラブオール」または「ゼロゼロ」のどちらでも良いと定めましたが、その後ラブオールに一本化されています。