ご希望の体育館・武道館情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

スポランド
体育館・武道館
トップページへ戻る
トップページへ戻る

体育館情報

卓球とは



卓球は卓球台とラケット、ボールさえあれば室内で手軽にできるため、日本では大変ポピュラーなスポーツとして親しまれています。温泉には卓球が付き物と考える方も多いはずです。一方、本格的なスポーツとしての卓球は、スピードと回転が勝負。使うラケットはたった一つですが、スピードと回転をコントロールすることで、要求される打球をいく通りも作り出すことができます。

よって、バラエティに富んだラケットの中から自分に適したものを見つけるのも、勝敗を左右する大きなポイント。用具の選択をはじめとして、プレースタイルも自ら作り上げていくことができる、創造的なスポーツと言えます。

卓球の歴史

卓球の歴史

卓球は1880年代にイギリスで生まれ、上流階級に親しまれてきましたが、当初はゴムボールなどが使われたため、技が限られてラリーが単調になり、レクリエーションの域を脱しませんでした。しかし1900年、あるイギリス人のスポーツマンが、アメリカに渡りセルロイド球を持ち帰ったことが事態を変えます。「セルロイド球が卓球に最適だ」と大流行したのです。

これにより、イギリスの卓球人口は急激に増え、ヨーロッパを経て、全世界に広がりました。人気に火がついた理由を「安価」「家庭のテーブルでできる」「プレーヤーは二人だけ」「男性でも女性でもできる」と当時のイギリスの専門機関誌が分析。卓球が日本に伝来した際にも、安価なうえ家庭でも気軽に楽しめることから受け入れられ、早い段階で認知されるようになりました。

卓球の起源

卓球は英語でテーブルテニスと呼ばれ、イギリスの上流階級のテニス愛好家が、雨宿りの間に食堂の食卓でテニスを楽しんだことが始まりと言われています。やがて庶民にも広がりを見せ、卓球用にボールが改良されるなど、さらに発展を遂げました。

人気が高まると、メーカーがこぞって卓球セットを販売するようになり、メーカーが商標登録した「ピンポン」の名で親しまれるようになったのです。日本には1902年に、坪井玄道が留学先のロンドンからピンポンセットを持ち帰ったことから伝来。当初は世界的にピンポンと呼ばれていましたが、ピンポンが商標登録されていることから、本国イギリスが正式名称をテーブルテニスと改め、日本でもそれに準じて和訳し、「卓球」と呼ぶようになりました。

日本における卓球の歴史(戦前)

1902年に卓球を持ち帰った坪井玄道は、日本でも隆盛させようと、東大前の美満津商店にコートを作らせ、ピンポンセットを友人たちに頒布しました。これ以降、少しずつ知名度を上げ、1903年には大阪で開かれた第5回内国勧業博覧会で美満津商店が「ピンポン遊戯室」を設け、東京から2名の選手を呼んで模範試合を行ったところ、大好評。これを機に、東京・大阪を中心にして卓球熱が高まりました。

第一次世界大戦が始まると、国際的には卓球を休止する傾向にありましたが、戦火を免れた日本ではより広がりを見せ、1921年には大日本卓球協会が誕生し、日本初の統一ルールを制定。その後、3つの卓球組織が誕生し、それぞれ大会を開いていましたが、1931年に文部省の斡旋で日本卓球会に統一。同年に全日本選手権が行われ、第二次世界大戦に突入しても戦火に見舞われない頃は継続されていましたが、1941年から敗戦までの5年間は中断されました。

日本における卓球の歴史(戦後)

1945年に日本が無条件降伏をして第二次世界大戦が終わると、翌年から卓球の全日本選手権が再開。世界選手権も1947年に戦後第1回目の世界選手権がパリで開かれました。卓球は他競技に先駆けて国際大会の舞台に復帰。

しかし、独自の発展を遂げてきた日本は、ある意味卓球鎖国の立場を取っていたため、世界卓球界の常識と離れたルールで動いていました。世界においては粒ラバー(一枚ラバー)のラケットが主流でしたが、日本では木にコルクを貼ったラケットを使用していたのです。

この遅れを取り戻そうと、1940年代後半から日本も粒ラバーの時代に入り、1950年頃からは日本が卓球ラケットのラバー開発先進国へと変貌を遂げました。

誰でも楽しめるスポーツ

卓球の一番の特徴は、誰でも楽しむことができるスポーツであるということ。子供から高齢者まで、年齢を問わず自由なスタイルでプレーすることができます。

まずはラリーが長く続けられるように、遊び感覚で楽しんでみましょう。

プレースタイルが選べる

卓球の二番目の特徴は、プレースタイルがたくさんあること。ラケットやラバーなどの用具も様々あり、またプレーする人の体格や体力も様々です。

そこで、自分に合ったプレーができるように、独自のプレースタイルを見つけるのも楽しみの一つと言えます。

健康にも役立つ

卓球の運動は体の血行を良くし、肩こりや血圧にも効果があると言われています。

年齢や体力に合わせて気軽にそして自分流に楽しみながら健康の増進にも役に立つ卓球は、まさに現代人向きのスポーツと言えます。

卓球は奥の深いスポーツ

卓球は子供や初心者にも遊び感覚で楽しめるスポーツですが、競技として見た場合、体力や反射神経、知性なども要求されるハードでタフなスポーツでもあります。

また試合ともなると、緻密な作戦を立てたり相手の心理を読んだりと、フルに「頭脳」を使って戦います。

卓球は、上達するに従ってスポーツ本来の戦う醍醐味を満喫することもできる奥の深いスポーツなのです。

卓球を楽しむ場所は?

最近は、初心者でも卓球を楽しむことができる施設や教室が増えています。

施設

スポーツセンターでは、卓球台が整備されていたり、体育館や公民館などは市民へ無料開放を実施しています。

さらに、施設によってはラケットやボールの貸し出し無料という特典もあります。利用する場合は、それぞれの施設に事前に問い合わせてみましょう。

教室

また、スポーツセンターのような施設では、卓球教室や練習会などが開催されています。基本的なテクニックを身につけたい人はぜひ参加してみましょう。初心者コースから上級コースまで、レベル別になっているので気軽に参加できます。