ご希望の体育館・武道館情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

スポランド
体育館・武道館
トップページへ戻る
トップページへ戻る

体育館情報

ハンドボールの反則



プレーヤーとしてハンドボールを始めるにも、観客として試合を楽しむときにも、ぜひ知っておきたいのが反則です。試合中に積極的な姿勢が見られないことでとられる「パッシブプレー」や、ゴールエリアにコートプレーヤーが踏み込む「ラインクロス」など、ハンドボール独自の反則も多くあります。また、ディフェンス側に反則行為が見付かっても、レフェリーが反則を取ることで試合の流れが中断されてオフェンス側チームの不利益になる場合はあえて反則を取らないこともあります。

ここではハンドボールの反則について、それぞれの基本的な内容をまとめました。試合中にそれらの反則があったことを表すために、レフェリーがどのようなジェスチャーをするのかも併せて紹介します。

オーバータイム

オーバータイム

コートプレーヤーは0~4秒未満、ボールを持つことができます。4秒以上ボールを保持することは反則で、これを「オーバータイム」と言います。秒数については、ボールを持ったまま静止した状態のことを指しており、4.0秒になる前にボールを一度床にバウンドさせれば0からカウントし直されます。ゴールキーパーにおいては、このルールとは別に、ボールを保持してから故意にゴールキーパースローを遅らせることは禁止されています。

オーバータイムを示すレフェリーのジェスチャーは、右あるいは左腕の肘を曲げて手のひらを伏せ、反対の腕は同様に手のひらを伏せ、肘を曲げたままで頭上や胸の前で両腕をくるくると外向きに回すように動かします。

オーバーステップ

オーバーステップ

ゴールキーパーはゴールエリア内であれば、ボールを持って何歩でも歩けます。コートプレーヤーはゴールエリアには入れず、プレーイングエリアでボールを持って3歩まで進むことができます。4歩以上歩くと反則で、これを「オーバーステップ」と呼びます。3歩進んだあとに一度床にボールを当てると歩数のカウントが0に戻り、またボールを持って3歩まで歩くことができます。

歩数のカウント方法についてはバスケットボールとよく比較されます。例えば、ボールを空中でキャッチして片足ずつ着地すると最初に着地した足が0歩、次に着地した足が1歩目となり、さらに2歩まで歩けます。バスケットボールではキャッチ後に両足で着地すると、2歩とカウントされます。片足を軸にして、もう一方の足で方向転換をする「ピボット」は、ハンドボールでは軸足でない足が床を踏むたびに歩数がカウントされます。

オーバーステップを示すレフェリーのジェスチャーはオーバータイムと同じです。

キック

キック

ハンドボールではコートプレーヤー(ゴールプレーヤーを除く選手)は、ボールを足で蹴ることは許されていません。故意に行なった場合はもちろん、偶然にあたってしまった場合でも「キック」という反則になります。サッカーの「ハンド」という反則の対象を、足に置き換えたイメージと言うと分かりやすいのではないでしょうか。コートプレーヤーがボールを扱えるのは、手の他に頭、首、肩、胸、腹、尻、背中といった「体幹部」、手首から肩までの腕、太もも、膝までです。これらの部分を使って投げる、キャッチする、たたく、押す、止めるといったプレーが可能です。

キックを示すレフェリーのジェスチャーは、レフェリーが自分のどちらかの足先を軽く持ち上げて指差すような動きをします。フリースローで試合を再開させます。

ジャッグル

ジャッグル

同一のプレーヤーが空中にボールを投げて、他のプレーヤーが触る前に再び自分がそのボールを触ることで、反則になります。「ジャックル」、「ジャグル」とも言います。故意ではなくても、キャッチしようとして掴み損ねたあと、誰かが触れる前に自分が触れた場合もこの反則に当たります。同様のものに「ファンブル」という用語がありますが、これはボールを止めようとして弾いたり、掴み損ねたりすることを意味しています。ファンブルそのものは反則には当たりません。

ジャッグルはファールの一種で、この場合、レフェリーは笛などで試合を中断させ、フリースローで試合を再開させます。

ジャッグルは車椅子ハンドボールの試合では反則にならず、許される場合もあります。

ダブルドリブル

ダブルドリブル

ドリブルをしたあとにボールを持ち、再びドリブルをすると「ダブルドリブル」という反則になります。ボールが体の一部に触れて床にバウンドした場合もドリブルが開始されたことになるので注意が必要です。例え、ボールが体に偶然触れたとしても、方向などのコントロールがされたと判断されると、続けてボールをキャッチした場合、ダブルドリブルが適用されてしまいます。

バスケットボールのドリブルでよく見られるような、手のひらを上に向けてボールをのせて返すような手の動きも、ハンドボールでは「ダブルドリブル」に当たります。

ダブルドリブルを示すレフェリーのジェスチャーは、手のひらを下に向けて両手を前に伸ばし、両方の腕を左右交互に上下に動かします。

チャージング

チャージング

オフェンス側の反則のひとつ。オフェンス側のプレーヤーが進むコースがないにもかかわらず、ディフェンスラインを崩そうとして強引にディフェンダーに当たること。オフェンスのプレーヤーの進行方向にディフェンダーがいて、ディフェンダーの正面にオフェンスのプレーヤーがぶつかっていくようなシーンがこれに適用されます。ユニフォームや体を捕まえたり、押したりすることも反則になります。

チャージングを示すレフェリーのジェスチャーは、片手で握りこぶしを作り、もう片方の手のひらに添えるか、手のひらを2回程たたきます。レフェリーの目線よりも高い位置へ両腕を上げて行ないます。チャージングをとられるとディフェンス側にフリースローが与えられて、試合が再開されます。

トリッピング

トリッピング

トリップ(trip)=「つまずかせる」という意味の通り、相手プレーヤーの足元に自分の足を出して故意につまずかせたり、転ばせたりするファールのこと。あまり頻繁にはとられないファールですが、オフェンス、ディフェンス共にとられる可能性があります。特にディフェンダーがとられやすいファールのひとつです。レフェリーから見て故意ではなく不可抗力であると判断された場合はファールをとられません。

トリッピングと判断されると、相手チームにフリースローが与えられます。ディフェンス側が相手チームの明らかな得点チャンスをつぶしたと判断されたときにはオフェンス側に7mスローが与えられます。あまりに悪質である場合には警告などが発せられます。

ハッキング

ハッキング

相手プレーヤーの腕や手をはたくと「ハッキング」という反則になります。オフェンスのプレーヤーがシュートをするとき、ディフェンダーが誤ってボールではなく腕に触れてしまい、オフェンスのプレーヤーがボールを落としてしまった場合などにも当てはまります。ハッキングをとられないためには、相手の手首を「はたく」のではなく、「抑える」というボディコンタクトがディフェンダーには有効です。

ハッキングを示すレフェリーのジェスチャーは、片腕を前に伸ばし、その腕のひじのあたりにもう片方の手のひらを立てて十字状にのせます。上にのった手のひらは自分の方に向けます。ハッキングをとられると、相手チームにフリースローが与えられて、試合が再開されます。

バックパス

バックパス

自分が持ったボールを自分より後方にいる味方プレーヤーにパスを出すことを「バックパス」と言い、これ自体はファールではありません。しかし、コートプレーヤーが味方チームのゴールエリアの中にいるゴールキーパーに故意にパスを送り、ゴールキーパーがそのボールをキャッチした場合はファールとなります。サッカーにも同様の反則があり、得点を取られたくないチームが時間稼ぎのために行なうのを防ぐ、などのために規定されています。ハンドボールでは、ゴールキーパーがゴールエリアの外に出ていればコートプレーヤーとして扱われるので、その場合のバックパスは反則には当たりません。

バックパスと判断されると、相手チームにフリースローや7mスローが与えられます。

パッシブプレー

パッシブプレー

オフェンス側が意味のないパスやドリブルをして、攻撃に対する消極的な姿勢を見せたときにとられる反則が「パッシブプレー」です。シュートをしようとせずにボールを保持して、時間を稼ぐようなプレーがこれに当たります。

パッシブプレーはレフェリーの予告合図があります。その予告合図を受けたにもかかわらずオフェンス側が積極的な攻撃姿勢を見せない場合に正式なファールとして「パッシブプレー」がとられます。パッシブプレーの予告を示すレフェリーのジェスチャーは、ひじを曲げて腕を顔の横に挙げ、手のひらを前に向けます。正式なファールを取るときは、左腕を前に伸ばし、右手で左腕の手首をつかみます。相手チームにフリースローが与えられて、試合が再開されます。

プッシング

プッシング

相手を押したり、突き飛ばしたり、ジャンプしてぶつかったりすると「プッシング」という反則になります。例えば、ディフェンダーがオフェンスのプレーヤーの進行方向に対して正面に入れず、横や後ろから押してしまった場合などが当てはまります。プッシングはファールですが、オフェンスの攻撃を止めるための有効な手段として試合中によく見られるファールのひとつです。

プッシングを示すレフェリーのジェスチャーは、右手と左手でそれぞれ握りこぶしを作り、手の甲を上に向け、第2関節と指の付け根を合わせるように両方の握りこぶしを突き合わせます。胸の前で床と平行になるようにして行ないます。プッシングをとられると、相手チームにフリースローが与えられて試合が再開されます。

ホールディング

ホールディング

相手に抱きついたり、捕まえて動けないようにしたりすると「ホールディング」という反則になります。ホールディングはファールですが、攻撃へ転じるための積極的な姿勢の表れでもあり、ホールディングをとられることを恐れるプレーヤーは多くないようです。相手のオフェンスを止めるための有効な手段としても用いられ、試合中によく見られるファールです。

ホールディングを示すレフェリーのジェスチャーはプッシングと同じ。右手と左手でそれぞれ握りこぶしを作り、手の甲を上に向け、第2関節と指の付け根を合わせるように両方の握りこぶしを突き合わせます。胸の前で床と平行になるようにして行ないます。ホールディングをとられると、相手チームにフリースローが与えられて試合が再開されます。

ラインクロス

ラインクロス

ゴールエリアとプレーイングエリアの境界線である「ゴールエリアライン」をコートプレーヤーが踏んだり、触れたりすること。また、コートプレーヤーがこのラインを越えてゴールエリア内に入ると、「ラインクロス」という反則になります。ゴールキーパーは自分のチームのゴールエリア内においては、この反則は適用されません。また、コートプレーヤーでも、ジャンプして空中でゴールエリアラインを越えた場所からシュートをしたり、ゴールエリア内の空中に浮いたボールを手で弾いたりするなどのプレーは許されています。

ラインクロスを示すレフェリーのジェスチャーは、片方の腕を前に伸ばして、手のひらを下に向け、左右に動かします。相手チームにフリースローが与えられて、試合が再開されます。