ご希望の体育館・武道館情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

スポランド
体育館・武道館
トップページへ戻る
トップページへ戻る

体育館情報

ハンドボールのその他基本プレー



反則を受けたあとのフリースローや7mシュート、サイドラインを割ったときに相手チームに与えられるスローインなど、試合の節目などで見られる様々なプレーについて用語の意味やルールについて解説します。

ペナルティとして与えられるフリースローは、ディフェンダーが間近にいない位置からシュートが打てるなど大きな攻撃チャンスでもあり、細かなルールが決められています。せっかくのチャンスをルール違反で無にしてしまわないよう、プレーヤーはしっかりとツールを把握しましょう。

ただし、フリースローや7mスローに該当する違反場面であっても、それを受けることで攻撃側チームが不利になる場合や、攻撃側チームのプレーヤーがボールや体を十分にコントロールできる状態であれば、レフェリーは「違反である」との判定をあえて示しません。こうしたハンドボールならではの判定にも慣れておくと、プレーも観戦も柔軟に楽しめそうです。

スローイン

スローイン

サッカーのスローインのように、ボールがサイドラインを越えたときなどに、コート外からコート内へボールを投げ入れることを「スローイン」と言います。最後にボールに触れたプレーヤーの相手チーム側のプレーヤーがスローインを行なえます。投げるときは、ボールがコート外に出た場所から近いサイドライン上に立ち、片足をラインにのせた状態からボールを投げます。レフェリーの合図なしで始めることができます。投げたプレーヤーは他のプレーヤーが触れる前に、自分で投げたボールを触ってはいけません。相手チームのプレーヤーは3m以上離れます。ただし、自チームのエリアでゴールエリアラインに沿って立つときは、スローするプレーヤーから3m以内であっても認められます。

他、ディフェンス側のコートプレーヤーが最後に触ったボールがアウターゴールラインを越えたとき、ボールが天井に当たったときも、スローインによって試合を再開します。

スローオフ

スローオフ

前半や後半、延長戦を開始するときに行なわれるスローイング。得点がどちらかのチームに入った場面のあとにも行なわれます。スローオフをするチームのうちのひとりがボールを持ってセンターラインの中央に片足を置き、レフェリーによる笛から3秒以内にボールを投げます。ボールが手から離れるまでライン上の足は離してはいけません。味方チームの他プレーヤーはスローオフが行なわれるまではセンターラインよりも自チーム側のコートにいるのがルールです。

スローオフをするチームは攻撃を仕掛けることになるので、「先攻」とも呼ばれます。前・後半開始のときにどちらのチームが先行(スローオフ)するかは、コイントスで決めます。

得点があったあとのスローオフは、点を取られたチームがスローオフを行ないます。相手チームのプレーヤーが味方側のエリアにいても実行できるので、相手が戻りきる前にスピーディに行なわれることが多くなっています。逆に、あえてゆっくり行なうことで、少しでもチーム全員の体を休めたり、フォーメーションを整えたりすることもあります。

フリースロー

フリースロー

様々な違反行為のペナルティとして、違反を犯したチームの相手側に与えられるのがフリースローです。フリースローが与えられるのは、主に以下の場合です。

  • 不正交代
  • 不正入場
  • ゴールキーパーの違反
  • ダブルドリブルなどボールを扱うときの違反
  • ゴールエリア内におけるコートプレーヤーの違反
  • ボールをわざとコート外へ出す
  • パッシブプレー
  • スローオフやスローイン、フリースローに関する違反
  • スポーツマンシップに反する行為
  • 暴力的なふるまいなど

フリースローは原則として違反があった地点に立ち、レフェリーによる笛の合図なしで行ないます。その地点がゴールエリアラインとフリースローラインの間であれば、フリースローラインの外側のうち、最も近い地点から行ないます。このとき、投げるプレーヤーが準備運動として床にボールをバウンドさせると、その時点で投げたことになるので注意しましょう。味方チームの他プレーヤーは、フリースローが行なわれるまでは相手エリアのフリースローラインに触れたり踏み越したりしてはいけません。

相手チームのプレーヤーは3m以上離れます。ただし、自チームのエリアでゴールエリアラインに沿って立つときは、スローするプレーヤーから3m以内であっても認められます。

7mシュート

7mシュート

ゴールラインから7mの距離にある「7mライン」から行なうスローイングのことです。次のような違反があった場合、相手チームに与えられます。

  • コート上のあらゆる場面で、明らかな得点チャンスをディフェンス側の反則で阻まれたとき
  • ディフェンス側がオフェンスを防ぐためにゴールエリアでプレーを行なったとき
  • ゴールエリア内にいるゴールキーパーが、プレイングコート上にあるボールを取り込んだとき
  • ゴールエリアにいる味方のゴールキーパーに、ボールをわざと返したとき、など

7mスローはレフェリーの笛が鳴ったあと、3秒以内にゴールに向かって直接シュートを打ちます。投げるプレーヤーの手からボールが手を離れるまでは、当人が7mラインを触れたり越えたり、ゴールキーパーがゴールキーパーラインを踏み越えたりすることは禁止されています。他プレーヤーは、7mスローが投げられたあと、ゴールキーパーかゴールにボールが触れるまではボールに触れてはいけません。

その他

その他

前述のフリースローやスローオフなどの他にも、覚えておきたいハンドボールのプレーを挙げました。

レフェリースロー
両チームのプレーヤーが同時に反則したときや、何らかの理由で競技が中断し、そのときのボールがどちらにも属していなかったときなどにレフェリーが投げること。レフェリーは笛を吹かず、競技が中断されたときにボールがあった地点やコート中央でボールを床に垂直に打ち付けます。運動場などで地面がやわらかいときは、投げ上げることもあります。投げられたボールが床に触れるまで、プレーヤーはレフェリーから3m以上離れていなければいけません。
ゴールキーパースロー
ゴールキーパーによるスローイング。ボールがアウターゴールライン、または、ゴールの上を通過したとき、相手チームのプレーヤーがゴールエリアに侵入したとき、ゴールキーパーがゴールエリア内でボールを保持したときに行ないます。レフェリーによる笛の合図なしで、ゴールエリアからボールを投げ出します。