ご希望の体育館・武道館情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト体育館・武道館リサーチ

体育館情報

ハンドボールのキャッチング



ボールをしっかり掴むことが「キャッチング」。両手の人差し指と親指の先をそれぞれ合わせて三角形を作り、三角形の頂点が鼻下の高さあたりにくるようにします。三角形を作った手は体から離し、ボールを受けた衝撃で体を痛めないよう、ひじは軽く曲げておきます。そのまま手のひらをボールに向けて、やって来たボールを包み込むようにキャッチするのが基本です。ボールは手のひらに付けず、指先でつまむように持ちます。

まずは確実にボールをキャッチする技術を磨きましょう。それができたら、キャッチしながら次のプレーを行なったり、次のプレーへのつながり方を頭の中で考えながらキャッチングスタイルを選んだりできる、高度なキャッチ技術へステップアップが望めます。

正面でキャッチ

正面でキャッチ

体の正面で行なう、安定性の高いキャッチング。パスが自分の正面に来なくとも、自分がパスの飛ぶコースの正面に回り込むイメージで、体を移動させます。速いボールを手先で弾いてしまうことなくキャッチするために、体の前方へ腕を伸ばしてボールを掴みに行き、ボールの進む方向に合わせてボールを持った手を体のほうに引き寄せます。これでボールのスピードを吸収しながら、しっかりとキャッチができます。

練習は、鼻下の高さあたりでのキャッチングから始め、頭の上の高い位置や腰下の低い位置でのキャッチングへと進めるのが基本。腰下などでキャッチするときは、ひざを少し曲げて太ももの前でキャッチするようにします。ハンドボールはひざ上であればボールを触っても良いので、万一、太ももにボールがあたってしまっても反則にはなりません。

サイドキャッチ

サイドキャッチ

試合中は体の正面ではない位置でキャッチする場面も多くなります。そうしたときのためにしっかり身に付けておきたい技術が「サイドキャッチ」です。体の真ん中の線から左右どちらかへズレている位置、あるいは手を伸ばしてギリギリ届く位置でキャッチを行なうこともあります。

サイドキャッチの技術は高い位置から低い位置まで、手の届く範囲で生かせます。ボールが体から遠いなら、両腕のひじをピンとのばしても構いません。体の前方にボールがあるうちに、パスの進むコースに手を入れて、掴んだ手をボールの勢いに合わせて引きながらキャッチするのがポイントです。キャッチは、両手、あるいは片手で行ないます。両手でキャッチする場合は、パスがやって来る方向と反対側の手が上になるように包み込みましょう。

ワンハンドキャッチ

ワンハンドキャッチ

片手で行なうキャッチングがワンハンドキャッチ。両手でキャッチするにはやや遠い、体から離れた位置に投げられたパスを掴むことができます。ワンハンドキャッチはひじをのばして、腕を長く伸ばして行ないます。基本のキャッチングと同様に、体の前方にボールがあるうちに、パスの進むコースに手を入れて、手がボールに触れたらそのままボールの勢いに合わせて引き、スピードを吸収しながらキャッチします。

また、キャッチしてすぐに次のプレーへつなげられるのもワンハンドキャッチのメリット。両手でキャッチした場合はシュートやドリブルをする片方の手へ持ち替える時間が必要ですが、ワンハンドキャッチならこの持ち替え時間が必要ありません。このため、速攻攻撃などでワンハンドキャッチが多用されています。

難易度の高いキャッチ

難易度の高いキャッチ

国際試合などでは、キャッチしながら次のシュートへと体を無駄なく動かしたり、シュートを打つことを予定してキャッチの仕方を選んだりするなど、難易度の高いキャッチングが多く見られます。

例えば、正面でキャッチできるボールをあえてサイドでキャッチし、パスの勢いに合わせて腕を引きながら、シュートフォームへと自然につなげます。右利きの選手なら、右サイドでキャッチするなど、利き腕側でキャッチするのがポイントです。また、走りながらワンハンドキャッチで受け止め、すぐに弾いて床にバウンドさせ、走った勢いを落とさないままでドリブルやシュートへとつなげるなどのプレーが可能です。

体の無駄な動きや時間のロスを省き、いかにスピーディに動けるかを考えて挑戦すると良いでしょう。