ご希望の体育館・武道館情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

スポランド
体育館・武道館
トップページへ戻る
トップページへ戻る

体育館情報

日本のハンドボールの歴史



1922年(大正11年)に日本に伝わって以来、ハンドボールは国内でどのように広まっていったのでしょうか。4つの時期に分けてまとめました。

1920年代、ハンドボールの伝来

1920年代、ハンドボールの伝来

日本にハンドボールが初めて紹介されたのは1922年(大正11年)7月24日。この日、東京都の代々木で「大日本体育学会体育夏期講習会」が開催され、東京高等師範学校(筑波大学の前身)の教官であった大谷武一氏がハンドボールについて語りました。大谷氏はアメリカやヨーロッパの体育を視察・研究している際に現地でハンドボールを知ったとされています。これにより、ハンドボールは学校授業の体育で生かせる教材として全国に伝わっていきました。当時は「送球」と名付けられ、11人制のものでした。一方で、スポーツや競技として認識されることが少なかったため、国内ではハンドボール団体の発展が遅れました。1928年(昭和3年)の「国際アマチュア・ハンドボール連盟」(IAHF)発足時には、日本陸上競技連盟の名で加盟をした程です。

1930~1950年、ハンドボール協会誕生

1930~1950年、ハンドボール協会誕生

1936年(昭和11年)のベルリンオリンピックでハンドボールが競技種目に採用されました。4年後の夏季オリンピックの開催地として東京が選ばれたことも契機となって、1938年(昭和13年)2月に「日本送球協会」(現:日本ハンドボール協会)が創設されました。戦争により、1940年(昭和15年)のオリンピックは開催地が東京ではなくなりましたが、このころから日本でもハンドボールが競技として認識されるようになりました。まず、1946年(昭和21年)には国民体育大会が初めて開催され、このとき、ハンドボールも競技種目に選ばれました。さらに2年後には6・3・3・4制へ学制改革が行なわれたことで高等学校(高校)が誕生し、それに伴って創設された「全国高校体育連盟」にはサッカーや野球などのスポーツに並んでハンドボールの専門部も設けられました。こうしたハンドボールへの関心の高まりを受け、1948年(昭和23年)には「日本送球協会」は「日本ハンドボール協会」と名称変更。これにより、日本の「送球」は「ハンドボール」の名称になります。1952年(昭和27年)に「国際ハンドボール連盟」(IHF)への加盟も果たし、ハンドボールのさらなる発展に努める団体として歩みを強めました。

1950年代~1980年、オリンピック出場まで

1950年代~1980年、オリンピック出場まで

1964年(昭和39年)には東京オリンピックが開催されましたが、ハンドボールは競技種目ではありませんでした。1940年(昭和15年)~1968年(昭和43年)のオリンピックではハンドボールが競技種目から外されていたためです。7人制への統一をはじめ、IHFがハンドボール競技のオリンピック競技種目への採用要請活動を進めるなかで、日本でも1957年(昭和32年)に女子の公式試合を11人制から7人制に、さらに1963年(昭和38年)には全試合を7人制へと統一されました。IHF の念願叶って1972年(昭和47年)のミュンヘン・オリンピックでは男子、1976年(昭和51年)のモントリオール・オリンピックでは女子のハンドボールが競技種目に復活。日本も予選を勝ち抜き、本大会へ出場をしました。1972年(昭和47年)には中学生の全国大会、1976年(昭和51年)には男女の社会人リーグが誕生するという動きもありました。しかし、1980年(昭和55年)のモスクワ・オリンピックは、ソ連の紛争への抗議として各国が不参加を表明するなか、日本オリンピック委員会(JOC)も全競技種目で不参加を決定。これにより、ハンドボール日本代表チームがオリンピックへの連続出場を逃しました。

1980年代~、さらなる普及をめざす

1980年代~、さらなる普及をめざす

1980年(昭和55年)代になると、韓国や中国などアジア各国のハンドボール代表チームが実力を伸ばし、アジアで上位にあった日本チームのポジションが揺るがされるようになりました。日本女子チームは1976年(昭和51年)のモントリオール・オリンピック、日本男子チームは1988年(昭和63年)のソウル・オリンピックに出場して以降、予選で敗退。こうして実業団チームの活動縮小も見られるようになりました。1997年(平成9年)には「男子世界選手権」が熊本県で開催されましたが、国内のハンドボール人口の増加へつなげるには至りませんでした。

2000年代~、「中東の笛」問題を乗り越えて

2000年代~、「中東の笛」問題を乗り越えて

2003年(平成15年)6月には日本ハンドボール協会が構造改革計画「Project21」を発表。国を挙げてのハンドボールの普及を呼びかけ、2020年(平成32年)の東京オリンピックでの日本チーム出場をめざしています。2007年北京・オリンピックのアジア予選では、「中東の笛」と呼ばれる事件が起こり、話題になりました。同大会で中東アジアの国を優遇するようなレフェリー選びや判定により、日本や韓国チームが不当なファールを取られるなどの行為があった事件です。この背景にあるのは、中東アジアの油田をもとにしたオイルマネーがIHFに渡り、判定が中東びいきになっているなどの憶測が飛び交っていますが真相は不明。日本や韓国からIHFへの抗議が行なわれ、IHFは北京・オリンピックのアジア予選では再試合が決定しました。この予選大会は同事件と宮崎大輔選手の人気が相まって、国内でハンドボールへの関心が高まる契機にもなりました。