ご希望の体育館・武道館情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

スポランド
体育館・武道館
トップページへ戻る
トップページへ戻る

体育館情報

ハンドボールのコートについて



フィールドとなる「コート」は、サッカーよりひと回り小さい横40m×縦20mサイズです。サッカーのコートのように横幅のちょうど半分の位置にラインが引かれていて、左右両端にゴールがあります。ラインの幅はゴールラインのみが幅8cmで、他のラインはすべて各5cmが基準です。コートの長辺から幅1m以上、短辺から幅 2m以上のスペースを安全のために設けるよう定められています。

ゴールエリアとプレイングエリアを分けるために、ラインを引く代わりに床の色を分ける場合もあります。

両チームが公平なフィールドで戦えるよう状態を整える他、前半・後半の間にあるハーフタイム中にコートチェンジを行ないます。

コートの各部の名称

コートの各部の名称

コートの各部の名称は次の通りです。

センターライン
コートの横幅のちょうど半分の位置に、長辺と垂直に引かれた長さ20mの直線のことです。試合開始はこのラインの中央から行ないます。その際、相手チームの選手は3m以上離れるのがルールです。
サイドライン
コートの長辺にあたる2本の40m直線のことです。サイドラインからボールが出てしまうと、相手チームにスローインが与えられます。スローインはこのラインより外から行ないます。
ゴール
味方チームが守るべきゴールと、シュートを打ち込みに行く的となる相手チームのゴールがひとつずつあります。ゴールポスト(枠)より内側のスペースのサイズは高さ2m×幅3m×奥行1m。ゴールポストの中にゴールネットがつながれていて、前面のラインをアウターゴールラインに合わせます。ゴールポストは目立つように、赤白など対照的な2色のボーダーに塗られています。
ゴールライン
コートの外枠とゴール枠の接点のことです。ゴールラインを完全に超えると点数が入ります。ボールがゴールラインにのっただけでは得点にはなりません。
アウターゴールライン
センターラインに平行に引かれた、コート端の左右の直線のうち、ゴールラインを除いた部分のことを言います。ボールがアウターゴールラインを超えた場合、最後に触ったのがディフェンス側のプレーヤーなら、サッカーのコーナーキックのように角からオフェンス側が「コーナースロー」を行ないます。
ゴールエリアライン
ゴールの前方6mの位置にひかれる実線のことです。このラインよりゴール側のエリアを「ゴールエリア」、その反対のスペースを「プレイングエリア」と呼びます。ゴールキーパーだけがゴールエリアライン内に入れて、手はもちろん、足でプレーすることも許されています。ディフェンス(守備)であってもコートプレーヤーはゴールエリアライン内に入ることはできません。ただし、オフェンス(攻撃)側がジャンプシュートをする際、空中でゴールエリアライン内に入ることは許されています。
7mライン
ゴールラインから7mの距離にある長さ1mの直線のことを言います。明らかな得点チャンスをディフェンス側の反則で阻まれた場合や、ディフェンス側が相手の攻撃を防ぐためにゴールエリアでプレーを行なった場合などに与えられる「7mスロー」を行なう位置となります。7mスローはボールを離す前にこのラインを踏んではいけないように決まっています。
ゴールキーパーライン
ゴールラインから4mの距離にある長さ15cmの直線のことで、「4mライン」とも呼ばれます。「7mスロー」のときは、キーパーはこのラインを踏み越えることを禁止されています。
フリースローライン
ゴールエリアラインからプレイングエリア側へ3mの位置に引かれた破線のことです。破線は実線が15cm、間隔が15cmで、ゴールから9m離れた位置にあるので、「9mライン」とも呼ばれます。このラインとゴールエリアラインの間でディフェンス側が反則を犯すと、オフェンス側にフリースローが与えられます。その反則が「7mスロー」のジャッジに当てはまらない場合は、フリースローをこのラインから行ないます。
交代ライン
サイドラインのうち、ちょうど真ん中の9.05mのことです。選手交代をするときは、必ず味方チーム側の交代ラインを通って行ないます。中央にあるセンターラインの左右に各チーム4.5mの長さを取るため、センターラインの幅5cmをプラスして9.05mという長さになります。交代ラインの両端を示すラインは長さ15cmです。
交代ベンチ
監督などチーム役員や選手がスタンバイするベンチのことです。2つのサイドラインのうち一方に、サイドラインから少し離れた位置に両チームの交代ベンチを配します。
オフィシャル席
審判員を助けて試合をスムーズに運営するために立ち会う競技役員(マッチバイザー)やテクニカルデレゲート、タイムキーパー、スコアラー、補助員らが座る席で、両チームの交代ベンチの間に置かれます。サイドラインより50cm以上離れた位置に、交代ベンチよりもサイドラインに近づけて配します。センターラインの延長上にオフィシャル席の真ん中が当たります。