ご希望の体育館・武道館情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

スポランド
体育館・武道館
トップページへ戻る
トップページへ戻る

体育館情報

ボクシングの反則



ボクシングのルールには、いくつかの反則とされる行為があります。アマチュアとプロでその大筋は変わりませんが、アマチュアの方がより厳格に反則が判定されると言われています。

なお悪質な反則が故意に行なわれた場合には即座に反則負けを宣告される場合がある他、軽微な反則でも積み重なれば反則負けになったり、判定にかかわる点数が不利になったりします。アマチュアの場合では反則であると審判が判断した場合、相手側に2ポイントが加算されます。一方プロの場合は明確にポイント化されませんが、ラウンドごとの判定で不利になります。

しかしながらボクサーは必死の思いで戦っているため、偶然反則行為のような攻撃をしてしまうケースもあります。リング上で行なわれた反則行為を見て、それが故意か偶然か、悪質であるか否かを判断するのは、基本的には審判の裁量に委ねられています。

ここではボクシングのルールで反則とされている行為について、アマチュアについては国際ボクシング協会(AIBA)が規定するもの、プロについては主だったものをご紹介します。

アマチュア 攻撃箇所に関する反則

アマチュア 攻撃箇所に関する反則

ボクシングでは基本的に相手の前方及び側方への攻撃のみしか許されていません。これはアマチュアもプロも同じです。またベルトラインから下を攻撃することは禁止されており、これは「ローブロー」と呼ばれる反則になります。お互いに攻撃をする中で偶然腰あたりに攻撃が命中してしまうことは、アマチュアとプロを問わず良く見かけられます。

相手の後ろ側を故意に攻撃した場合には反則になり、頭部や首の後ろ側から攻撃した場合には特に危険であることから悪質な反則として見られます。体についても背中側にある腎臓付近を打撃することは特に「キドニーブロー(kidney blow)」と呼ばれ、やはり反則として扱われます。相手の側面を狙ったつもりが回避運動を取られ、偶然に背部へ命中してしまうこともありますが、故意だと見なされなければ反則としては取られません。

アマチュア 攻撃方法に関する反則

アマチュア 攻撃方法に関する反則

ボクシングで許された攻撃方法は、基本的に両手の拳を使った攻撃のみです。偶然を装って頭部で攻撃したり、肘で攻撃したりすることは反則として扱われます。これもアマチュアとプロで大きな違いはありません。上腕や肩で攻撃した場合も同様です。

また両手の拳での攻撃は許されていますが、拳を握らない状態で攻撃した場合や、手の側面で攻撃した場合は反則になります。拳を握らずに攻撃した場合には「オープンブロー」、グローブの内側で攻撃した場合には「インサイドブロー」などの反則に見なされます。打撃以外の攻撃、例えば片手で相手を掴んで攻撃したり、投げたり絞めたりといった攻撃も反則として扱われます。体を必要以上に回転させて打撃を行なう行為は「ピボットブロー」と呼ばれ、これも反則になります。

アマチュア ロープを使った反則

アマチュア ロープを使った反則

ボクシングはアマチュアもプロもロープで囲われたリング上で対戦が行なわれますが、このロープを使用した反則も設定されています。ロープを背にして受けるダメージを受け流す「ロープアドープ」と言うディフェンステクニックがありますが、これを防ぐような目的でロープを掴んで相手に押し付け、もう片方の手で打撃を行なうことは反則とされています。またロープ際で接近戦を行なっている際に、揉み合う中で相手の頭部をロープの外へ押し出すような行為をすることも反則と見なされます。

ボクシングではプロレスのようにロープを利用した攻撃が許されていないため、審判によって「ロープをアンフェアに使用している」と判断された場合には、やはり反則になってしまいます。

アマチュア 立った状態以外の反則

アマチュア 立った状態以外の反則

ボクシングはアマチュアもプロも、お互い立った状態で戦うことが基本です。攻撃が命中してそのダメージにより倒れた場合にはダウンと見なされ、カウントが始まるのと同時に対戦は一時的に中断されます。また汗などで滑って倒れてしまった場合にはスリップダウンと見なされ、やはり立ち上がってファイティングポーズを取るまで対戦は中断されます。

そうしたダウンに関するルールを悪用するように、自分から寝転ぶことは反則またはダウンと見なされます。もちろん寝た状態から攻撃を行なうことや、それに近い行為も反則とされます。ボクシングはあくまで立ち技で競い合う格闘技ですから、両足で立った状態以外の姿勢で行なわれる攻撃方法は、原則的に反則として扱われます。

アマチュア ダウンに関する反則

アマチュア ダウンに関する反則

ボクシングの試合ではダウンが何度かあります。攻撃が命中し、そのダメージで立っていられなくなってしまう場合や、汗などで足が滑り倒れてしまう場合、偶然足払いのような形(故意に足払いを行なった場合は反則になります)になり倒れてしまう場合などです。こうしてダウンが発生した場合には、基本的にレフェリーにより試合が中断され、ダウンした選手が立ち上がるまで対戦相手も待つことになります。しかしもしダウン中の相手を攻撃したり、相手がダウンから完全に立ち上がる前に攻撃をしたりすると、これは反則として扱われます。ダウンした選手やダウンから立ち上がろうとする選手は基本的に無防備な状態であるため、そこへの追撃は危険行為として悪質な反則だと見なされてしまうのです。

アマチュア ホールディング

アマチュア ホールディング

ボクシングのおける「ホールディング」とは、相手を掴まえることです。これはアマチュアでもプロでも反則行為として扱われます。ボクシングでは華麗に相手のパンチを避けることもテクニックのひとつとされていますが、それを嫌がって相手の動きを掴むことで封じ、避けられない状態にすることが反則という訳です。

ボクシングにおいて、手のひらを使ったディフェンステクニックとして「パアリング」があります。これは手のひらで相手のパンチを逸らすテクニックですが、悪質な選手の場合はパンチを逸らすのと同時に瞬間的に掴み、グイッと相手の体勢を崩す場合があります。これが反則として扱われます。このように瞬間的に行なわれる行為であっても、審判によってホールディングと見なされれば反則になります。

アマチュア ダッキングに関する反則

アマチュア ダッキングに関する反則

ボクシングで使われるディフェンステクニックで、「ダッキング」と言うものがあります。これは相手のパンチに合わせて上半身を相手側に倒し、パンチを避けるテクニックですが、このダッキングについても反則が設定されています。それはベルトラインより下に頭部を下げるダッキングの場合です。

ボクシングでは相手のベルトラインより下を攻撃することは反則とされています。つまりボクサーはベルトラインから下への攻撃手段を持っていません。つまり腰のベルト位置から下は安全地帯でもあるため、それを悪用した回避行動と言うことになります。ダッキングを使って瞬間的に頭部を下げ過ぎることは、審判によって反則行為として見なされてしまいます。また頭部を下げ過ぎると偶然膝があたってしまうこともあるため、反則をする側にとっても危険な行為だと言えます。

アマチュア 対戦相手を掴まえて行なう攻撃

アマチュア 対戦相手を掴まえて行なう攻撃

ボクシングで対戦相手を掴まえる行為は「ホールディング」と呼ばれる反則になりますが、そこからさらに攻撃を加えた場合、さらに悪質な反則として見なされます。これはアマチュアもプロも同様です。

何かしらの方法で相手を捕まえ、そのまま打撃を加えることはもちろん、対戦相手を引っ張りながら攻撃したり、押さえ付けたりして攻撃することは禁止されています。ボクシングはお互い立った状態で打撃をし合う格闘技です。打撃が命中した場合にもダメージを後ろに逃すなどのディフェンステクニックが存在しますが、相手を掴んで攻撃することでそうしたテクニックを邪魔することができ、相手へのダメージは大きくなります。対戦相手を掴まえることそれ自体も反則ですが、そこからさらに攻撃を加えると故意と見なされ、審判の心象は特段に悪くなります。

アマチュア レフェリーに関する反則

アマチュア レフェリーに関する反則

ボクシングの対戦中は、リング上にいるレフェリーから何かしらの指示をされることが多々あります。例えばレフェリーが「ブレイク」を命じた場合には攻撃を中断して後退し、レフェリーから「ボックス」の指示が出るまで再び攻撃をすることは禁止されます。しかしその指示に従わず攻撃を続けたり、また「ボックス」の指示が出る前に攻撃を始めたりすることは反則になります。

またレフェリーへ故意に攻撃を行なったり、レフェリーに対して失礼な行動を取ったりした場合もやはり反則として扱われます。ボクサーはいかなる状況でも熱くなりすぎず、レフェリーの指示が出た場合にはしたがうスポーツマンシップが求められています。基本的にはアマチュアとプロで共通の反則ですが、アマチュアの方が厳密に反則だと判断される傾向があるようです。

アマチュア その他の反則

アマチュア その他の反則

アマチュアボクシングではプロボクシングよりも反則が厳密に規定されており、これまで紹介した行為以外にもいくつかの反則が設定されています。

その中には例えば「不適切な攻撃姿勢を見せること」が反則行為としてあります。興行つまりショーであるプロボクシングの場合、会場を盛り上げるために奇抜な動きをすることも(ある程度は)見逃されることがありますが、アマチュアの場合は厳密に反則として見られます。

また相手の視界を妨げるよう、意図的に腕を伸ばし続けることも「反則行為」として厳格に記されており、他には意図的にマウスピースを吐き出すことも反則だと規定されています。プロの場合もこれらは好ましい行為だとは見られませんが、明確に反則行為としては記されていません。

プロ バッティング

プロ バッティング

プロボクシングの反則規定は団体によって表現が若干違う場合がありますが、明確な反則として扱われるもののひとつが「バッティング」です。これは頭や肘で相手に打撃を与える行為のことです。アマチュアでも同様に反則行為としてルールブックに記されています。

ボクシングにおける打撃は基本的に両手の拳のみで行なわれることが定められており、また両手の拳にはグローブが装着されます。このグローブによって攻撃力はある程度抑えられることになりますが、頭や肘にはグローブに相当するものが無いため、もし命中してしまった場合には深刻なダメージになってしまう場合があります。

故意でなければ注意程度で終わる場合もありますが、バッティングが度重なる場合や明らかに故意である場合などには反則負けと判断されることもあります。

プロ ホールディング

プロ ホールディング

プロボクシングの反則規定で明確に反則として扱われるもののひとつが「ホールディング」です。単に「ホールド」と呼ばれることもありますが、この反則は相手を掴まえる行為全般のことです。なお、アマチュアでも同様の行為は反則として扱われます。

ボクシングのディフェンステクニックの中には「パアリング」と呼ばれる、手のひらで相手の攻撃を捌くテクニックや、手のひらで相手のパンチを受け止める「ストッピング」などがありますが、これは瞬間的に相手に触れることが許されているのみで、相手の攻撃を掴んでしまうと反則になります。

もちろん、ホールディングした上でもう片方の手で打撃を加えた場合にも反則として扱われます。試合を見ていると瞬間的に掴んだように見える場合がありますが、それが反則であるか否かの判断は審判に委ねられています。

プロ オープンブロー

プロ オープンブロー

アマチュアとプロで共通した名称で呼ばれる反則行為のひとつがオープンブローです。ボクシングでは手を握り、拳を作って攻撃することのみが認められていますが、手のひらを握らず、開いた状態で攻撃することを「オープンブロー」と呼びます。主にグローブの根元近くで張り手のように攻撃することがオープンブローに相当します。

アマチュアでは特に正確なパンチで打撃を与えることが求められているため、オープンブローの反則は厳格に審査される傾向がありますが、プロでも見逃されるという訳ではありません。なおオープンブローで耳に打撃を加えた場合、運が悪ければ鼓膜が破れてしまい極端に不利になるケースがあるため反則行為として定められていると言われています。

プロ チョップブロー

プロ チョップブロー

ボクシングではグローブを装着した両手の拳で攻撃することが認められていますが、空手チョップのようにグローブの側面または内側で上から下へ攻撃した場合には「チョップブロー」と呼ばれる反則になります。アマチュアでも同様の行為は反則として扱われますが、こちらは「インサイドブロー」など別の名称で呼ばれます。

反則として規定されてはいますが、ボクシングが古代から近代へと進化する過程でチョップブローは使われなくなり、近年の対戦ではチョップブローを見かけること自体が少なくなっています。なお記録では、ボクシングのルールが世界中で共通になる以前の19世紀初頭あたりまでは、チョップブローに相当する攻撃が頻繁に使われており、相手の目や鼻が狙われていたようです。

プロ ローブロー

プロ ローブロー

ボクシングにおいて、アマチュアとプロを問わず同一の言葉で表現されている反則のひとつです。相手のベルトラインより下を攻撃することを「ローブロー」と呼びます。近年のボクシングでもローブローが発生することはありますが、基本的には故意ではなく、偶然ベルトラインより下に打撃が命中してしまうことが多いようです。ローブローが禁止されていると言うことは、下腹部や金的、足への攻撃が禁止されているということになります。男子ボクシングでは基本的にファウルカップを装着して金的を守っていますが、パンチや膝が偶然金的に命中してしまい、試合が一時中断することがあります。なお中世までのボクシングでは、金的への攻撃が許されていた時代もあったそうです。

プロ ラピッドパンチ

プロ ラピッドパンチ

プロボクシングでは団体によって表現に若干の違いがありますが、後頭部への攻撃は概ね「ラピッドパンチ」と呼ばれる反則に規定されています。ラピッドパンチ(rapid punch)のラピッドとは、ウサギのことです。かつてウサギを屠殺する際には後頭部を殴ったことが、この反則名の語源だと言われています。なおアマチュアボクシングでも後頭部への攻撃は禁止されていますが、アマチュアでは「ラピッドパンチ」と言う名称は使われていません。

ボクシングはスポーツの一種でもあるため、プロでも相手の生命にかかわる危険な攻撃は禁止されています。後頭部への攻撃は頭部へのダメージが大きいばかりか、延髄付近に強力な打撃が加えられた場合には、即座に生命を奪ってしまう危険性があります。そうした観点から後頭部への攻撃は全面的に反則と見なされます。

プロ キドニーブロー

プロ キドニーブロー

キドニー(kidney)とは腎臓のことです。ボクシングでは背中側への攻撃のことを全般的に「キドニーブロー」と呼び、アマチュアもプロも等しく反則のひとつとして扱っています。名称こそ「キドニーブロー」ですが、反則行為になるのは腎臓部分への攻撃に限らず背中全般です。

なお腎臓の位置は一般的に腰のあたりと言われており、具体的には背中側から見た肋骨の最下部より少し下あたりです。この部分は骨で保護されていないため、外からの攻撃でダメージを受けやすい箇所だとされており、もし腎臓に深刻なダメージを受けて腎機能が低下した場合には人工透析を受ける必要があるなど、人体にとって重要な臓器のひとつです。こうした理由から腎臓への攻撃は特に危険であるとして反則として設定されています。

プロ サミング

プロ サミング

ボクシングで特に危険な反則として扱われるのが「サミング」です。「サミング(thumbing)」とは「親指」のことですが、反則名としては目を突く攻撃のことを指します。グローブを装着しているボクシングの場合は、故意か偶然かをかかわらずひとつだけ独立している親指部分が目を突く可能性があるため、このような名称が付けられたと考えられています。なお、アマチュアでは反則行為のひとつとして特に「サミング」の言葉は使われていませんが、拳を開いた状態での攻撃そのものが禁止されています。拳を握れば親指部分は拳に収納されるため、サミングが発生する可能性はかなり低くなります。

なお、言うまでもなく鍛えようがない眼球を攻撃する行為であるため、危険な行為として反則になっています。

プロ レフェリーの指示に関する反則

プロ レフェリーの指示に関する反則

ボクシングの試合中にはレフェリーから様々な指示が出ることがあります。その指示に従わなかった場合には反則として扱われます。具体的には選手同士が接近し過ぎたり、組み合ったりした場合などに「ブレイク」が命じられます。この指示が出た場合には攻撃を中断し、後退してファイティングポーズを構え直す必要があり、レフェリーから再び「ボックス」と試合再開を指示されるまで攻撃することはできません。こうした場合にレフェリーの指示に即座に従わず、「ボックス」が指示される前に攻撃するなどの行為をした場合には反則として扱われます。

どんなスポーツでも共通ですが、審判の指示は絶対という訳です。レフェリーの指示に従わない悪質な選手には警告が行なわれ、反則が度重なる場合には失格になることもあります。

プロ ゴングに関する反則

プロ ゴングに関する反則

プロのボクシングでは基本的に3分を1ラウンドとして、複数回のラウンドで対戦が行なわれます。ラウンドの開始時にはゴングが鳴らされ、選手はそのゴングを聞いて対戦を開始し、ラウンド中にゴングが鳴らされればそれはラウンド終了を意味し、選手は対戦を一時中断して、自分のコーナーへ帰ります。

このラウンド終了のゴングを聞いても攻撃を止めなかった場合には、反則として扱われます。アマチュアボクシングではゴングに関する規定は特に設定されていませんが、ゴングの指示に従わないことはレフェリーの指示に従わないことと同じ意味であるため、やはり反則として扱われます。

通常、ラウンド終了のゴングが鳴ると同時にレフェリーは両選手の間に割って入るため「集中していてゴングに気が付かなかった」と言う言い訳は原則的に通用しません。