ご希望の体育館・武道館情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト体育館・武道館リサーチ

体育館情報

日本のボクシングの歴史



日本の歴史の中で「ボクシング」が登場するのは1854年(嘉永7年)のペリー来航です。のちに編纂されたペリー来航の様子を記録した「ペリー日本遠征記」には、当時の横浜でアメリカ人のボクサーとレスラー、そして日本の力士が他流試合を行なったことが記されています。また同じ年の横浜で、ボクシングの技術を持ったアメリカ人水兵と、画家の田崎草雲が喧嘩をしており、田崎草雲が体落としでアメリカ人水兵に勝利したと記録されています。それ以外には1879年(明治12年)の天覧相撲では力士と欧米人ボクサーが異種格闘技戦を行なったなどの記録もあります。文明開化で西洋の知識や技術が日本に流入してくる中で、ボクシングも日本へ少しずつ流入していたことになります。

初の日本人ボクサー、浜田庄吉

初の日本人ボクサー、浜田庄吉

日本人最初のボクサーは浜田庄吉です。庄吉はプロレスラーになるため渡米していたものの、その先でボクシングの技術を習得し、1887年(明治20年)にボクサーとレスラーを伴って帰国しました。そして庄吉は見せ物として格闘技を見せる興行を全国で行なったとされています。この見せ物自体は異種格闘技戦が中心で、ボクシングと言うよりは現代で言うプロレスに近いものだったそうですが、試合の中にはボクサー同士の戦いもあったため、日本における最初のボクシング興行だったとも言えます。また1896年(明治29年)には柔道家の齋藤虎之助が友人のジェームス北条と共に日本最初のボクシングジム「メリケン練習場」を開設したとされています。

ボクシングと柔道の戦い

ボクシングと柔道の戦い

明治時代の後期以降には日本の柔道家と外国人ボクサーによる他流試合が流行し、これが「柔拳試合」と呼ばれるようになります。これに強い興味を持ったのが柔道家として知られる嘉納治五郎の甥でした。甥の嘉納健治は1909年(明治42年)に「国際柔拳倶楽部」を設立し、日本を訪れる欧米人などから積極的にボクシングの技術を学んでいったと記録されています。

日本ボクシング界の夜明けになったのが、1921年(大正10年)のできごとです。この年、アメリカのサンフランシスコでプロボクサーだった渡辺勇次郎が帰国し、日本に「日本拳闘倶楽部」を設立します。渡辺はボクシングを「体育、精神力、国際親善、外貨獲得に欠かせない国際競技である」と紹介し、日本拳闘倶楽部でたくさんの練習生を教えました。

プロスポーツとしてのボクシング

プロスポーツとしてのボクシング

1922年(大正11年)には本格的なボクシング興行である「日米拳闘大試合」を開催し、プロスポーツとしてのボクシングを日本に定着させていきます。また1923年(大正12年)には日本拳闘倶楽部の師範代だった臼田金太郎が学生拳闘試合を開催しており、これが日本で最初のアマチュア・ボクシング試合として語られています。続く1924年(大正13年)には日本拳闘倶楽部の主催で「第1回日本軽体重級拳闘選手権試合」が開催されます。これが日本最初のタイトルマッチです。この興行により初の日本王者が誕生し、ボクシングは日本におけるスポーツとしての地位を確立していきます。1925年(大正14年)には幾つかの大学で拳闘部が創立されるなど競技人口が一気に増え、それらを統括する団体として「全日本アマチュア拳闘連盟」が発足します。初代理事長は渡辺勇次郎でした。

日本ボクシング界の変化

日本ボクシング界の変化

1928年(昭和3年)のアムステルダム・オリンピックには日本から臼田金太郎(ウェルター級)と岡本不二(バンタム級)が出場し、臼田はベスト8を記録しています。

その後、1931年(昭和6年)には全日本プロフェッショナル拳闘協会が発足します。この協会を構成したのは大日本拳闘会(嘉納健治が設立した国際柔拳倶楽部が元)や日本拳闘倶楽部、帝国拳闘会、東洋拳闘会といった主要団体に加えて、複数の準加盟団体でした。日本におけるプロボクシングは、一丸となってさらなる発展と選手育成を目指していきます。

しかし日本プロフェッショナル拳闘協会はその後、1934年(昭和9年)に全日本拳闘連盟に改称するも、1936年(昭和11年)に「大日本拳闘連盟」と分裂するなど、内部に亀裂が生じてしまいます。また改めて1940年(昭和15年)に発足した東京拳闘連合会は1943年(昭和18年)に「大日本拳闘協会」に改称するも、1944年(昭和19年)には解散してしまいます。第二次大戦でボクサーが出征してしまったことも、大きな影響として日本ボクシング史上に大きな爪痕を残しました。

やがて戦後にも幾つかのボクシング団体が設立しては解散や分裂を繰り返しましたが、1976年(昭和51年)には現代の形に近い「全日本ボクシング協会」が確立され、2000年(平成12年)に現在の「日本プロボクシング協会」に改称しています。