ご希望の体育館・武道館情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

スポランド
体育館・武道館
トップページへ戻る
トップページへ戻る

体育館情報

バスケットボールの戦術



バスケットボールは5人で行なうスポーツです。他のチーム競技に比べて人数が少ないためひとりひとりの身体的能力やボールコントロール力が発揮されるシーンが多く見られますが、チームを勝利へと導くためには、5人が協力することで生まれるチーム戦術が欠かせません。ボールをコントロールしている側のチームが得点につなげるための「チームオフェンス」では、パスやドリブルを駆使しながらいかに素早く相手チーム側のコートへボールを運び込むかが重要なポイントです。逆に、相手チームに攻め込まれた場合は状況に適した「チームディフェンス」によって、相手プレーヤーにシュートチャンスを与えないようプレッシャーをかけ続けることが大切です。

チームオフェンス

チームオフェンス

チーム全体で得点を目指す攻撃システムのことを「チームオフェンス」と言います。チームオフェンスを組み立てる上で一番大切なのは、敵も味方もいない「オープンスペース」をつくりだす「スペーシング」です。重要な場面でしっかりとオープンスペースをつくり、効果的にそのスペースを利用して攻撃を行なうことが、チームオフェンスの成功の鍵となります。スペーシングを普段から意識するためには、4人ずつに分かれての実戦練習が効果的です。1人少なくなることで、それぞれのプレーヤーが気にかけなければならない範囲が広がるため、攻撃の際のスペーシングを通常よりも強く意識して動くことができます。また、チームの連携を高めるためには、ボールを持っているプレーヤーはもちろんのこと、遠くにいる味方プレーヤーの動きにも目を配ることのできる視野の広さも求められます。

速攻

速攻

「速攻」とは、相手チームが持っていたボールを奪ったときや相手チームのプレーヤーが打ったシュートのリバウンドを取ったときなど、攻撃のチームが自分たちへと切り替わった際、相手が自陣に戻る前に攻撃をしかけるオフェンスのことです。速攻において重要となるのは、やはりボールを奪って相手コートへと運ぶプレーヤーです。その他、攻防が切り替わってすぐに他のチームメイトよりも先行してサイドラインに沿って走るプレーヤーを「ウイングマン」、後ろから回り込んでオフェンスをあと押しするプレーヤーを「トレーラー」、相手コートに入ったあと、相手の速攻に対応できるようチームメイトから少し引いた場所にポジションを取るプレーヤーを「セーフティ」と呼びます。

スリーメン

速攻

「スリーメン」は、3人で行なう速攻のかたちです。ここでは代表的な流れを紹介します。相手プレーヤーによるシュートのリバウンドを取って攻撃側になった際、まず右サイドのプレーヤーが中央へと走り込みます。ボールを取ったプレーヤーは右サイドのプレーヤーへとパスを出し、右側のサイドラインに沿って相手コートへと走ります。パスを受け取ったプレーヤーはドリブルでゴール近くまで進みます。ボールを取ったプレーヤーの左側にいたプレーヤーは、味方プレーヤーがボールを取ったと同時にサイドライン沿いを走り、ドリブルで進んできたプレーヤーからパスを受け取り、レイアップシュートを打ちます。他にも、ドリブルを使わずパスのみで展開していく方法もあります。

ツーメンブレイク

速攻

「ツーメンブレイク」は、2人で行なう速攻です。様々なアレンジがありますが、代表的な流れを紹介します。まずは味方プレーヤーがリバウンドを取ったら右サイドのプレーヤーはサイドラインに沿って相手チームのコートへと走り出します。そのプレーヤーがセンターライン付近にさしかかったらリバウンドを持ったプレーヤーがパスを出し、ボールを受け取ったプレーヤーはそのままドリブルでシュートへと持ち込みます。フォローのため、パスを出したプレーヤーはボールを手放したらすぐに相手コートへと走ります。サイドラインを走るプレーヤーがどのディフェンス側のプレーヤーよりも速くゴールにたどり着けば、確実にシュートを打てる速攻スタイルです。

パス&カット

パス&カット

数人の味方プレーヤーがゴールを囲むようにして並び、パスを回します。ディフェンス側のプレーヤーを翻弄するようにしてパスを何度か繰り出したあと、シュートを担うプレーヤーはパスを出してすぐにゴール下へと向かいます。パスボールを受けたプレーヤーはすかさずゴール下へ走り込んだプレーヤーへとパスを出し、ゴール下でボールを受け取ったプレーヤーはそのままシュートを打ちます。シュートを打つプレーヤーは、ディフェンスを振りきることが重要となりますので、相手プレーヤーの動きを観察しながら鋭く動くことを心がけます。また、パスを回しているとき、ボールを手放したらすぐに空いているスペースへ駆け出すなど、味方プレーヤーのポジションを素早く入れ替えるのも効果的です。

パス&スクリーン

パス&スクリーン

味方プレーヤーをフリーの状態にするため、パスを出してすぐにスクリーンをしかけるオフェンスです。制限区域内に相手チームのプレーヤーがいないときにパス&スクリーンを行なう場合は、ボールを持ったプレーヤーが左側にいる味方プレーヤーへパスを出し、ディフェンス側のプレーヤーが中に入れないよう素早く右へと動いてスクリーンを仕掛けます。近くにいる味方プレーヤーはスクリーンを利用して中へと入り、フリーの状態でパスを受けてシュートへとつなげます。制限区域内に相手チームのプレーヤーがいる場合は、まずインサイドにいる味方プレーヤーへパスを出し、その間、別のプレーヤーは逆サイドにいるディフェンス側のプレーヤーが入ってこられないようスクリーンをセットします。そうして空いたスペースに味方プレーヤーが走り込み、素早いパスを受けてシュートを打ちます。

UCLAカット

UCLAカット

フリースローラインのあたりでスクリーンをしかけ、ゴール下へと飛び込むオフェンスです。ボールを持ったプレーヤーはスリーポイントラインの外側でパスを出し、それと同じタイミングで味方プレーヤーはフリースローラインのあたりでディフェンス側のプレーヤーへスクリーンをセットします。パスを出したプレーヤーはスクリーンを利用しながらゴール下へと走り込みます。先程パスを受け取ったプレーヤーは、状況により、ゴール下に走り込んだプレーヤーか、フリースローラインのあたりでスクリーンをかけているプレーヤーのどちらかにパスを出します。ゴール下に走り込んだプレーヤーがパスを受けた場合はそのままシュートへと持ち込み、フリースローラインのあたりでスクリーンをかけていたプレーヤーがパスを受けた場合は、可能であればそのままシュート体勢に入るか、難しければ他のプレーヤーに素早くパスを回してシュートチャンスをつくります。

バックドアプレー

バックドアプレー

「バックドアプレー」は、ディフェンスの意表を突く代表的なプレーです。ボールを持ったプレーヤーが相手チームのコートへと侵入したら、他のプレーヤーはフリースローラインのあたりへ移動します。ボールを持って移動してきたプレーヤーは、スリーポイントラインのあたりで先述のプレーヤーへパスを出します。そのプレーヤーが移動したことにより空いたスペースへ、また別の味方プレーヤーが走り込みます。ボールを持ったプレーヤーは走り込んできたプレーヤーへとパスを出し、シュートチャンスをつくります。1人がインサイドからアウトサイドへと移動した場所へ同じチームのプレーヤーが走り込むことで、そのスペースを再度生かすことができます。確実に得点を重ねたいシーンで使用したいチームオフェンスです。

チームディフェンス

チームディフェンス

「チームディフェンス」とは、チーム5人が協力して相手チームの攻撃を押さえ込むディフェンスです。チームディフェンスは、1人の相手プレーヤーにつき1人のディフェンスプレーヤーがマークする「マンツーマンディフェンス」が基本です。マンツーマンディフェンスを理解することで、5人全員でゴールを守る「ゾーンディフェンス」や「ゾーンプレス」を成功させることが可能となります。ディフェンスを行なう際に心がけたいポイントは、相手チームのプレーヤーとの距離感です。自分がマークしているプレーヤーがボールを持っている場合は、シュートやパス、ドリブルに対応できるよう相手との距離を詰めます。一方、相手がボールを持っていない場合は、パスカットができる距離を保ちながら相手をマークします。

ヘルプ&リカバリー

ヘルプ&リカバリー

相手チームのプレーヤーのドリブルを止めるチームディフェンスです。ボールを持った相手プレーヤーがドリブルでゴールを目指してきたら、そのプレーヤーに付いているディフェンス側のプレーヤーに加え、近くにいる他のディフェンスプレーヤーもドリブルを止めに入ります。それ以外のディフェンスプレーヤーは、抜かれたときに備えてゴールに近い場所で構え、カバーできる準備をしておきます。相手が侵入をあきらめたら、次の攻撃に備えて所定のポジションへと素早く戻ります。ドリブルを2人で止めに入ることで相手に強いプレッシャーを与えることができますが、相手がドリブルに自信のあるプレーヤーの場合、2人の間を抜こうとすることもありますので注意が必要です。

フィル&シンク

フィル&シンク

相手チームのプレーヤーが、ウイング(ゴールを挟んだ左右のスペース。スリーポイントラインとフリースローラインが交わる辺りの場所)からベースライン側へとドリブルで進んできた際の対応です。こうしたシチュエーションにおいては、ドリブルのプレーヤーに付いているディフェンスプレーヤーの他に、ベースライン近くにいるディフェンスプレーヤーが防御に加わることが多く、これを「フィル&シンク」と言います。「ヘルプ&リカバリー」ではボールのすぐ近くにいるディフェンスプレーヤーが加わったのに対し、フィル&シンクではボールから離れた位置、ベースライン近くのプレーヤーがブロックに加わります。その間、他のディフェンスプレーヤーはゴール近くへと移動し、ディフェンスがかわされたときの攻撃に備えて準備します。

ファイトオーバー

ファイトオーバー

オフェンス側のプレーヤーがスクリーンをセットしてきたり利用したりする場合にも、ディフェンスのプレーヤーはスクリーンをかいくぐりながらマークし続けなければなりません。そうした動きを「ファイトオーバー」と言います。スクリーンにかからない方法としては、スクリーナーが自分へのスクリーンをセットした瞬間に裏側から走ってマークを続ける「スライド」や、ユーザーに付いているディフェンスプレーヤーと、スクリーナーに付いているディフェンスプレーヤーが瞬時に交代する「スイッチ」などが挙げられます。ほんの少しでもマークを緩めると相手のシュートチャンスにつながってしまうので、ディフェンス側のプレーヤー同士が声を掛け合いながら、相手に隙を与えずにスクリーンをかわすことが大切です。

ショウ&リカバリー

ショウ&リカバリー

スクリーンをセットするプレーヤーを「スクリーナー」、スクリーンを利用してディフェンスのプレーヤーをかわすプレーヤーを「ユーザー」と言いますが、スクリーンをかけられているディフェンスプレーヤーが、スクリーナーの後ろから姿をあらわしてユーザーを威嚇することを「ショウ・ディフェンス」と呼びます。ショウ・ディフェンスによりユーザーの動きに遅れが出たらすかさずスクリーナーのマークへと戻りますが、これを「リカバリー」と言います。ショウ・ディフェンスを行なう場合、ユーザーのディフェンスとスクリーナーのディフェンスが交代する「スイッチ」でマークを続けることも可能です。ただし、マークの交代によって身長のミスマッチなどが見られる場合は、同じ選手を継続してマークする方が無難です。

トラップ

トラップ

スクリーンを利用してゴールを狙うオフェンス側のプレーヤーに対し、それを逆手に取ったトラップ(罠)をしかけてボールを奪いに行くチームディフェンスです。ディフェンス側のプレーヤーがスクリーンを仕掛けられ、ボールを持ったオフェンスプレーヤー(ユーザー)がスクリーンを利用してドリブルでゴールへと近づいてきた際、スクリーナーに付いていたディフェンスプレーヤーがすばやくユーザーのディフェンスへとまわり、ユーザーに付いていたディフェンスも加わって2人がかりでボールを奪います。ボールを持っているプレーヤーに強いプレッシャーを与えることが可能ですが、その反面、2人が1人のプレーヤーに付いていることでフリーのオフェンスプレーヤーが存在するリスクを念頭に置いてしかけることが大切です。

ゾーンディフェンス

ゾーンディフェンス

「ゾーンディフェンス」とは、エリアを作ってゴールを守るシステムのことです。もっともオーソドックスなゾーンディフェンスは、ゴールを背にして前列に2人、後列に3人がポジションを取る「2-3ゾーンディフェンス」です。特に、相手チームの背の高いプレーヤーを抑える際に使われることが多いかたちです。また、前列に3人、後列に2人がポジションを取る「3-2ゾーンディフェンス」もよく見られるかたちで、アウトサイドからのプレーを警戒するときなどによく使われます。ゾーンディフェンスを行なう際は、ディフェンスの各プレーヤーは自分のエリアに入ってきたオフェンスプレーヤーを警戒することに重きを置き、1人のプレーヤーを深く追うことはしません。

ゾーンプレス

ゾーンプレス

本来はゴール下のみで行なう「ゾーンディフェンス」を、自チームのコートすべての範囲で行なうことを「ゾーンプレス」と言います。基本的なゾーンプレスのかたちはゴール下に1人、フリースローラインの両側に2人、センターラインの手前に2人がポジションを取る「2-2-1」が一般的です。ゾーンプレスは、自分たちのチームがフリースローで得点を決めた直後などに行なうことで、相手チームの攻撃を押さえ込むきっかけをつくることができますが、ひとりひとりの体力の消耗が大きくなるため、多用は控えます。ボールが相手チームのサイドにいるプレーヤーに渡ったときも、ゾーンプレスをかけることによって相手チームのプレーヤーにドリブルやパスを許さず時間をかけさせ、相手チームの得点を阻止します。