ご希望の体育館・武道館情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

スポランド
体育館・武道館
トップページへ戻る
トップページへ戻る

体育館情報

トレーニング方法とコツ 連係プレー



5人という少ない人数でプレーするバスケットボールは、相手チームのプレーヤーと1対1で対峙した際の積極性はとても大切です。しかし、ディフェンス側のプレーヤーにぴったりとマークされている状況下においては、味方のプレーヤーと協力してオフェンスを組み立てなければゴールを狙うまでに至らず、そうした状況を打破するためにはチームメイトとの連係プレーが必須となります。まずはオフェンス側のプレーヤー2人、ディフェンス側のプレーヤー2人の、合計4人での連係プレー練習を重ね、攻撃パターンの基本を身に付けます。

実際のゲームでは、基本的な攻撃パターンをいくつか組み合わせて最適なオフェンスへと導きます。どのプレーにも対応できるよう、チーム全員が幅広い知識と技術を身に付けることが大切です。

オンボールの2対2

オンボールの2対2

オフェンス側のプレーヤーにそれぞれディフェンス側のプレーヤーが付き、オフェンス側のプレーヤーのどちらか1人がボールを持ちます。ボールを持ったプレーヤーは常に周りに気を配りながら、ディフェンスのプレーヤーの隙を見てドリブルで移動します。ドリブルが止まったら、もう1人のオフェンス側のプレーヤーは、ボールを持っていたプレーヤーが最初に立っていたポジションへと素早く移動します。ボールを持っているプレーヤーは移動してきたプレーヤーへとパスを出し、ゴールを狙います。パスを受ける側のプレーヤーは、ディフェンスが付いていない状態でパスを受けるため、鋭く動き出したり一度ゴールの方を向いてみたりと、相手プレーヤーを翻弄するテクニックを身に付けます。

ボールサイドカット

ボールサイドカット

オフェンスとディフェンスのペアは、ゴールのやや正面左側と左サイドに分かれて、スリーポイントラインの外側に立ちます。ゴールのやや正面左側に立つオフェンス側のプレーヤーがボールを持った状態から、練習を開始します。ボールを持ったプレーヤーはドリブルで右側へと移動し、その間に、ボールを持っていないオフェンス側のプレーヤーは、ディフェンスのマークを外しながら、L字を描くようにボールを持っているプレーヤーがいた場所へと移動します。パスを待つプレーヤーが空いているのを確認してから、ボールを持つプレーヤーはパスを出し、すぐに自分をマークしているディフェンスの前を走り抜けてゴール前へと移動します。その流れを生かしたままパスを受け、シュートを打ちます。

ブラインドカット

ブラインドカット

ゴールを狙うプレーヤーがディフェンスにブロックされたときの動きを身に付けます。まずはオフェンスとディフェンスのペアはスリーポイントラインの外側、ゴールを挟んで左右に間隔を取って立ちます。右側に立つオフェンス側のプレーヤーがボールを持った状態から、反対側のオフェンスプレーヤーへとパスを出し、ボールを手放した瞬間に自分をマークしているディフェンスのプレーヤーの後ろを走り抜けてゴールの方向へと走り込みます。先程パスを受けたプレーヤーはすぐにリターンパスを出し、ボールを受けたプレーヤーがそのままシュートへと持ち込みます。ボールサイドカットと見せかけてブラインドカットを行なうことで、ディフェンスがノーマークの状態を作り出します。

ウイング対ウイング

ウイング対ウイング

ウイングとは、ゴールを挟んだ左右のスペース、スリーポイントラインとフリースローラインが交わる辺りの場所を指します。オフェンスとディフェンスのペアのどちらかが右側のウイングへ立ち、もう1人のオフェンスプレーヤーは反対側のウイングへ、もう1人のディフェンスプレーヤーはゴール周辺の位置で構えます。右側のウイングにいるオフェンスプレーヤーがボールを持ち、ドリブルでディフェンスのプレーヤーをかわすように動きます。ゴール近くにいたディフェンスのプレーヤーは、ドリブルをしているプレーヤーへと近づき移動を阻止します。その間に左側のウイングにいたオフェンスプレーヤーはパスを受け取りやすい位置へと移動し、タイミングを見計らってドリブルをしていたプレーヤーがパスを出します。パスを受けたプレーヤーはすぐにシュート体勢へと移行します。

ウイング対ポストマン

ウイング対ポストマン

フリースローラインの両端を結んだ長方形を「制限区域(ペイントエリア)」と言い、このエリアにポジションをとっているプレーヤーのことを「ポストマン」と呼びます。このトレーニングでは、ポストマンを利用してシュートにつなげる基本的な動きを覚えます。まずはどちらか一方のオフェンスとディフェンスのペアが制限区域内にポジションを取り、もう片方のペアはスリーポイントラインの外側で立ち、オフェンス側のプレーヤーがボールを持ちます。ボールを持ったプレーヤーはディフェンスプレーヤーのマークを突いて、制限区域内にいる味方プレーヤーへとパスを出します。ボールを受けたプレーヤーはターンやステップといったテクニックを使いながら、ディフェンスのプレーヤーをかわしシュート体勢へと持ち込みます。オフェンス側のプレーヤーは制限区域内に3秒を超えてとどまるとペナルティが課せられるので、スピード感を意識したプレーを心がけることが大切です。

インサイドアウト

インサイドアウト

コートサイドにポジションを取っている「ウイング」と、ゴール近くで待機している「ポストマン」のコンビネーションを身に付けるトレーニングです。まずはウイングのプレーヤーがボールを持ち、ポストマンのプレーヤーにパスを出します。1対2の状況をつくるため、ウイングに付いていたディフェンスのプレーヤーは、ボールが渡ったポストマンの方へと移動します。その直後にウイングのプレーヤーはゴールとの距離を保ったままエンドライン側へと近づき、ポストマンからのリターンパスを受け取ったらすぐにアウトサイドからシュートを打ちます。アウトサイドからのシュートを得意とするプレーヤーは、ゴール正面からのパスがゴールを狙いやすいと言われています。実際のゲームを想定して、ディフェンスにブロックされないよう素早くシュートへと持ち込みます。

ポストマンのスペーシング

ポストマンのスペーシング

インサイドアウト同様、ウイングとポストマンのコンビネーションによってゴールを狙うトレーニングです。オフェンス側のプレーヤー2人はコートサイドと制限区域内にポジションを取り、ディフェンス側のプレーヤーはそれぞれ1人ずつをマークします。ウイングのオフェンスプレーヤーがボールを持ち、自分にマークしているディフェンスのプレーヤーを抜くためにドリブルでゴールを目指します。ポストマンは自分に付いているディフェンスのプレーヤーを抑えて、ウイングのプレーヤーの進路を空けます。これを「スペーシング」と言います。その後、ウイングのプレーヤーはポストマンがつくったスペースを通ってドリブルで進み、シュートへと持ち込みます。ガードやフォワードがドリブルで切り込んできたときなどに効果的なプレーです。

ハイ・ロー

ハイ・ロー

フリースローラインの付近のことを「ハイポスト」、ゴール近くに設けられた制限区域(ペイントエリア)のライン上付近のことを「ローポスト」と言います。「ハイ・ロー」は、ハイポストからローポストへとパスを出してそのままシュートに持ち込むオフェンスで、2人のポストマンを有効に使う必要があるため、身長の高いプレーヤーが複数人いるチームの方が効果的です。まずは、オフェンスとディフェンスのペアはそれぞれゴール近くにポジションを取ります。どちらか片方のオフェンスプレーヤーがハイポストへと移動し、コーチからのパスを受け取ります。パスを受けたプレーヤーは素早く周囲を見渡し、ローポストにいるプレーヤーへとパスを出し、そのままシュートへと持ち込みます。

スクリーンプレー

スクリーンプレー

「スクリーン」とは、「ついたて」を意味する言葉です。相手プレーヤーが進もうとしているコースについたてのように立ちふさがり進入を防ぐ動きを「スクリーンプレー」と言い、スクリーンプレーを行なっているプレーヤーのことを「スクリーナー」、味方のスクリーンプレーを利用するプレーヤー(ボールを持っているプレーヤー)のことを「ユーザー」と呼びます。スクリーンプレーは、実際のゲームにおいてオフェンスを組み立てる際、とても重要なテクニックのひとつですので、まずは2対2の練習でスクリーンプレーの基本を身に付けることが大切です。スクリーンプレーに求められるのは、ディフェンスの動きをしっかりと食い止められる力強い構えです。ボールを持った味方プレーヤーがスムーズに通り抜けられるよう、腕を体の方へと引き付け、腰を落とした姿勢で相手プレーヤーを妨害します。

ピックスクリーン

ピックスクリーン

スクリーンプレーには様々な種類がありますが、もっともベーシックなスクリーンプレーの動きを覚えるためのトレーニングが「ピックスクリーン」です。まずはユーザーがボールを持ってスリーポイントラインの外側に立ち、その場でドリブルをします。ゴール近くに待機していたスクリーナーがユーザーをマークしているディフェンスプレーヤーへと近づき、スクリーンプレーを行ないます。ユーザーはスクリーンを利用してディフェンスのマークを外し、ゴール前へと侵入します。フリーになった時点でシュートを打ちます。スクリーンプレーでは、ユーザーがディフェンスのすぐ近くを通ることが基本となり、お互いがこすり合うように動くことから「ブラッシング」と呼ばれます。

ピック&ロール

ピック&ロール

スクリーンプレーのベーシックな動きである「ピックスクリーン」を応用したトレーニングです。まずオフェンス側のプレーヤー2人はスリーポイントラインを挟んで少し間隔を空けて立ち、それぞれにディフェンス側のプレーヤーが付きます。スクリーナーはどちらか一方のディフェンスプレーヤーにスクリーンをセットし、ユーザーはそれを利用してディフェンスのマークを外します。ディフェンスの2人はユーザーが動いた方へと走り、ユーザーをマークします。その動きを確認したあと、これまでスクリーンプレーを行なっていたオフェンスプレーヤーがゴール前へと移動します。ボールを持ったプレーヤーは2人のディフェンスをかわすようにしてパスを出し、パスを受けたプレーヤーがシュートを打ちます。

ピック&ポップ

ピック&ポップ

ゴール下を警戒するディフェンス側のプレーヤーをかわして、少し離れた場所からシュートを打つ攻撃パターンです。オフェンス側のプレーヤー、ディフェンス側のプレーヤーともにスリーポイントラインの周辺にポジションを取り、スクリーナーはディフェンスに対してスクリーンをセットします。ユーザーはスクリーンを利用してドリブルで移動し、ディフェンスプレーヤーはそれに付きます。ディフェンス側のプレーヤーがボールを持つプレーヤーへと気が取れられているうちに、スクリーナーは空いたスペースへと移動します。先程までのスクリーナーがフリーの状態になったのを確認後、ボールを持つプレーヤーはもう一方のプレーヤーへとパスを出し、パスを受けたプレーヤーがスリーポイントシュートを狙います。

スリップ

スリップ

ディフェンス側のプレーヤーの裏をかいて、スクリーンを利用することなくシュートに持ち込むオフェンスです。まずはオフェンス側のプレーヤーがボールを持ってスリーポイントラインの周辺に立ち、それを取り囲むようにしてディフェンス側のプレーヤーが構えます。ボールを持っていないオフェンスプレーヤーがどちらかのディフェンスプレーヤーにスクリーンをしかけ、ユーザーはそれを利用してディフェンスをかわすような動きを見せます。しかし、実際にはスクリーンをセットされていないディフェンスプレーヤーの隙をついてドリブルでかわし、その間にスクリーナーはゴール下へと移動します。ドリブルでディフェンスを抜いたプレーヤーはゴール下で構えるプレーヤーへと素早くパスを出し、パスを受けたプレーヤーがシュートを打ちます。

トレイルプレー

トレイルプレー

「トレイルプレー」とはスクリーンプレーの一種で、パスを出したあとに、ボールを受け取ったプレーヤーがスクリーナーの役割をかねる方法です。まずはボールを持ったオフェンスプレーヤーが相手コートへと進み、ハイポストで構えるスクリーナーにパスを出します。パスを受け取ったスクリーナーはそのままディフェンスの前でスクリーンをセットし、パスを出したプレーヤーが走り込んできたら手渡しのパスを出します。ボールを受け取ったプレーヤーはその勢いのままドリブルでゴール近くへと進み、フリーになったらすかさずシュートを打ちます。また、トレイルプレーでスクリーナーが手渡しでパスをすると見せかけてディフェンスをかわし、自らがシュートを打つ方法を「ドライブイン」と言います。

ダウンスクリーン

ダウンスクリーン

ボールが近くにあるシチュエーションだけでなく、ボールから離れた位置においてもスクリーンプレーを行なうことで、味方プレーヤーをフリーにするテクニックを覚えるトレーニングです。スクリーナーとユーザーはスリーポイントラインの外側に少し離れて立ち、スクリーナーの前とゴール下にディフェンス側のプレーヤーが構えます。プレーヤーがいる場所とは少し離れたところで、パスを出す別のプレーヤーかコーチがボールを持って準備します。ゴール下のディフェンスプレーヤーがユーザーへのディフェンスを試みようとしたところへスクリーナーが近づき、スクリーンをセットします。ユーザーはスクリーンを利用しながらコートの中央へと移動し、フリーの状態で逆サイドからのパスを受け、シュートを打ちます。

バックスクリーン

バックスクリーン

ディフェンスの背後から追いかけるスクリーンプレーを「バックスクリーン」と言います。ディフェンスのプレーヤーは基本的にゴールを背にして構えているため、背後からスクリーンを仕掛けられると意表をつかれるかたちになり、オフェンス側に有利に働きます。練習方法としては、まずダウンスクリーンと同じようにオフェンス側のプレーヤーがスリーポイントラインの周辺に離れて立ち、そこからさらに離れた場所でパス出しのプレーヤーが準備します。スクリーナーはユーザーに付いたディフェンスプレーヤーにスクリーンをセットしますが、このとき、正面からではなく背後からスクリーンをかけるようにします。ユーザーはスクリーンを利用して空いたスペースへと移動し、フリーになったところでパスを受け取ってシュートを打ちます。

フレアスクリーン

フレアスクリーン

スクリーンを利用し、あえてボールから遠ざかることでディフェンス側のプレーヤーがいない状態を作りボールを受け取るテクニックです。バックスクリーンの練習と同じように、オフェンス側のプレーヤーとディフェンス側のプレーヤーとは別に、パスを出すプレーヤーがボールを持って準備します。スクリーナーはユーザーのディフェンスプレーヤーに対してスクリーンをセットし、ユーザーはスクリーンを利用しながらボールを持ったプレーヤーから離れるようにして移動します。近くにディフェンス側のプレーヤーがいなくなったタイミングでパスを受け取り、シュートへと持ち込みます。フレアスクリーンにおいて注意したいポイントは、パスの距離が長くなることによって山なりのパスになりやすいことです。パススピードが遅いと、途中でディフェンス側のプレーヤーにカットされてしまうので、勢いのある強いボールでパス出しをするよう心がけます。