ご希望の体育館・武道館情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

スポランド
体育館・武道館
トップページへ戻る
トップページへ戻る

体育館情報

トレーニング方法とコツ パス



パスはバスケットボールの基本的な技術のひとつで、味方プレーヤーにボールを投げる行為のことです。見た目には簡単に思えるものの、実際のゲームでは、ひとつのパスがゲームの流れを変えることも少なくありません。パスの成功度は、確かなボールコントロール力と判断力によって向上します。練習時から強くて速いパスを繰り返すことで、実際のゲームでも通用するパス技術を身に付けます。パスは、投げる側のプレーヤーだけでなく、受け取る側のプレーヤーの技術も重要です。パスを受け取りやすい場所に素早く走り込み、得点につながるパスを受け取ることも、オフェンスのシーンにおいてとても大切な要素となります。立ち止まってのパス練習からスタートし、基本の投げ方と受け方をマスターしたら、動きながらいかに素早く精度の高いパスを出し合うかという点に重きを置いてトレーニングを行ないます。

対面パス①

対面パス①

パスによってゲームを有利に進める上で大切なのは、はやくて正確なパスを長い距離でも繰り出せることです。そうした力を身に付けるために効果的なトレーニングが、ふたりで向き合ってパスを出し合う「対面パス」です。最初は、短い距離でふたりが向き合って「チェストパス」を出し合います。1本1本のパスをおろそかにせず、強くてはやいパスを出すことを心がけます。短い距離での対面パスをマスターしたら、少し距離を伸ばし、同じように対面パスを行ないます。それを繰り返して、長距離からのパスも確実に相手へと届く技術を身に付けます。パスの距離が長くなると、ボールの軌道が山なりになってしまいがちですが、なるべくまっすぐ強いボールが届くように心がけることで、パス技術を向上させます。

対面パス②

対面パス②

パスを出したあとにすぐ動きだす「パス&ゴー」のテクニックを身に付ける練習です。数人がふたつの列に分かれ、どちらかの列の一番前のプレーヤーがボールを持って反対側の列の一番前のプレーヤーへとパスを出します。パスを出したプレーヤーはすぐに前方へと走り、反対側の列の一番後ろに並びます。同じく、ボールをキャッチしたプレーヤーは反対側の列の一番前のプレーヤーにパスを出し、ボールが手から離れたらすぐに走り出して反対側の列に並びます。リズム良くパスを繰り出し、パス&ゴーの動きを体に覚えさせます。全員がスムーズにできるようになったら、だんだんと距離を伸ばして同じようにふたつの列に分かれてパスを出し合います。パスを出すと同時に一歩目を踏み出すようなイメージで行ないます。

対面パス③

対面パス③

実際のゲームでは、パスを出したあとに前へ走り出す動きの他に、パスを出した方向とは逆の向きへ踏み出すプレーが必要となるシーンもあります。そうした動きを身に付けるため、対面パスのトレーニングに後ろへ走り出す手順を加えます。まずはふたりで向き合って対面パスを行ない、パスを出したプレーヤーは、ボールを手から離した瞬間に後ろへと走り出します。練習前にあらかじめ決めておいた位置まで後ろに下がったら、再びもとの位置へと戻り、パス交換を行ないます。パスのあとすぐに後ろへとすばやく走るコツは、パスのために前に踏み出した足を後ろの方向へと力強くキックすることです。チェストパスに慣れてきたら、その他のパスでも同様のトレーニングを行ないます。

対面パス④

対面パス④

様々な対面パスをスムーズに行なえるようになったら、ふたつのボールを使用した対面パスに挑戦します。ふたりのプレーヤーがそれぞれにボールを持って対面し、同時にパスを出し合います。ひとりはチェストパス、ひとりはバウンズパスを出し、相手のボールをキャッチします。この練習で大切なのは、お互いに声を出しながら呼吸を合わせて行なうことです。一定回数を繰り返したらパスの種類を交代し、リズムがつかめてきたらスピードをアップします。ボールをふたつ使用したパス練習としては、両方が右サイドからのパスを同時に出すトレーニングも効果的です。サイドハンドパスは足を横に踏み出す動作が必要となるため、パスを出したあとすぐに体勢を整えてパスを受ける準備を行なう一連の流れが身に付きます。

対面パス⑤

対面パス⑤

実際のゲームを想定して、対面パスにディフェンスのプレーヤーが加わるトレーニングです。この練習は、パスを行なうふたりと、ディフェンスのプレーヤーの合計3人で行ないます。まずはふたりで通常の対面パスを行ない、途中からディフェンスのプレーヤーがボールを持っているプレーヤーの前に立ってパスを出させないようにプレッシャーをかけます。ディフェンスをかわしてパスを通すためには、通常の対面パスとは違い「上からボールを投げるふりをして下から投げる」「右からボールを投げるふりをして左から投げる」というような、「フェイク」の動きが必要となります。ディフェンスのプレーヤーは、最初から積極的に動くのではなく、様子を見ながらだんだんとボールに手を近づけるなど、実際のゲームに近い動きをするとお互いに良い練習となります。

三角パス

三角パス

ゴールリングの左右と、センターラインの手前でそれぞれ列を作り、三角形になってパスを出し合うことで、パスを出したらすぐに動き出す瞬発力と俊敏性を養うトレーニングです。まずはゴールリング左に並んだ列の一番前にいるプレーヤーがボールを持ち、ゴールリング右の列の一番前のプレーヤーへとパスを出します。パスを出したプレーヤーは、ボールを手放した瞬間に走り出し、ボールが渡った列の一番後ろへ並びます。同じく、ボールを手にしたゴールリング右側のプレーヤーはセンターラインの手前に並ぶプレーヤーへとパスし、素早く走り込んで列に並びます。パスの方向はこのままで走り込む方向を逆にすると、パスを出した方向とは逆に進むことになるので難易度がアップします。チェストパスからスタートし、慣れてきたらバウンズパスなども交えながら強くて速いパスを心がけることが大切です。

5 on 4

5 on 4

パスを回す「オフェンス側」と、それに対抗する「ディフェンス側」に分かれて行なうトレーニングです。オフェンス側が5人、ディフェンス側は4人の合計9人で行ないます。オフェンス側のプレーヤーは、まずひとりがフリースローラインのあたりに立ち、そのプレーヤーから適当な間隔を空けて残りの4人が周囲に立ちます。オフェンス側のプレーヤーはその場から移動せず、パスを回します。ディフェンス側のプレーヤーは自由に動き回り、パスの動きをブロックします。パスの順番は設けられていないので、瞬時に空いている味方プレーヤーを探してパスを出す判断力が求められます。ディフェンス側のプレーヤーにとっては、オフェンスより人数が少ないというハンデがあるため、エリアを守る力が養われます。

ツーメンパッシング

ツーメンパッシング

コート全体を使って、ふたりで行なうパスの交換練習です。まずは2人1組となってどちらかひとりがボールを持ち、ゴールリングを中心にして、エンドラインの左右に立ちます。ふたり同時に走り出し、反対側のエンドラインへ並走しながらパスを出し合います。走りながらのパスの精度を高めるためには、パスを出す相手が走る速度を予想しながら空いているスペースへボールを投げる力が必要です。チェストパスだけでなく、バウンズパスやサイドハンドパスなど、様々なパスで相手の取りやすい位置にボールを出せるように気を付けながらトレーニングを行ないます。運動量が多いトレーニングのため、パス技術の練習のときだけでなくウォーミングアップとして行なうのも効果的です。

スリーメンパッシング

スリーメンパッシング

ツーメンパッシングを応用したトレーニングで、3人で行なうパスの交換練習です。まずは3人1組となってエンドラインの外側に等間隔で並び、コートの内側を向いて立ちます。最初は中央のプレーヤーがボールを持ち、3人同時に走り出します。中央のプレーヤーから右側のプレーヤー、右側のプレーヤーから中央のプレーヤー、中央のプレーヤーから左側のプレーヤー、左側のプレーヤーから中央のプレーヤーといった順番でパスを交換しながら、反対側のエンドラインまで並走します。中央のプレーヤーには、パスをキャッチしたらすぐに逆を向いてパスを出す素早さが求められますので、何度か繰り返す場合は、ポジションを変わりながら練習を行なうと効果的です。3人が同じスピードで走ることが、スムーズなパス交換につながります。