ご希望の体育館・武道館情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

スポランド
体育館・武道館
トップページへ戻る
トップページへ戻る

体育館情報

トレーニング方法とコツ ドリブル



片方の手でボールを床につき、弾ませながら進む「ドリブル」は、あらゆるシーンにおいて使用することができるテクニックです。ボールをうまくコントロールする技術を身に付けることで、状況に応じたドリブルを繰り出すことが可能となり、相手チームを翻弄し、自チームのチャンスを生みだすことができます。ドリブルに関するテクニックを習得するには、ボールを意図した通りに扱える「ボールハンドリング」をスムーズに行なえることがもっとも重要となります。まずは止まったままで、様々な体勢、シチュエーションでのボールハンドリング技術を身に付けたら、走ったりパスをしたりなど、ドリブル以外の要素も取り入れた練習へと切り替え、実際のゲームに役立つ力を養います。

ボールハンドリング①

ボールハンドリング①

ボールを手になじませ、自分の思った通りに動かすことを「ボールハンドリング」と言います。ボールハンドリングは、ドリブルだけでなく、バスケットボールを行なう上ですべてのテクニックの基礎となるものです。ボールハンドリングの基本は、指をしっかりと開いてボールを持つことです。そうすることで相手チームのプレーヤーにボールを奪われないようしっかりとキープでき、ボールのコントロールもしやすくなります。指を閉じてボールを持っている状態では安定感がなく、他のプレーヤーに軽くぶつかっただけでボールが落ちてしまうこともあります。また、ボールハンドリングを行なう際は手元や下の方を見るのではなく、顔を上にあげて常に周囲を見渡せるようにしておくことが大切です。ふだんの練習から気を付けることで、実際のゲームでも視野を広く持ってプレーすることができます。

ボールハンドリング②

ボールハンドリング②

まずはその場で立ったまま、ボールを意図した通りにコントロールする力を養います。体の正面にボールを持って立ち、腰のあたりでボールをまわします。ボールに視線を落とさず、正面を見たままスピードを上げていきます。スムーズにできるようになったら、逆回転も同様に行ないます。腰のまわりでのコントロールに慣れてきたら、場所を変えます。顔の真正面にボールを持ち、そのまま横、後ろへとボールをまわします。なるべく速いスピードで行ない、スムーズにできるようになったら、ボールの回転の向きを逆にします。それらの動きに慣れてきたら、次は指先の力を強化する練習です。片方の手のヒジを曲げ、手のひらを上にして肩のあたりで構えます。5本の指の上にボールを乗せ、指の力ではじき飛ばすように上へつまみ上げます。この練習に限らず、ボールをコントロールする際は、手のひらにボールを付けるのではなく指先の力でボールを扱うのだと意識することが大切です。

ボールハンドリング③

ボールハンドリング③

ボールを片手に持ち、指先のほうにキープしてできるだけ高い位置に掲げます。そこから、ボールが落ちないよう胸元に素早く引き付けます。これは、リバウンドを取るときなどに役立つテクニックであり、両方の手でスムーズに行なえるようにしておきます。次は、ボールを手で扱う感覚の向上と俊敏性を同時に高める練習です。両足を開いて立ち、腰をやや落とし気味にしてボールを足の間に持ちます。そのまま、足の間からボールを後ろへと投げ、素早く両手を後ろへとまわし、ボールが落ちる前にキャッチします。後ろから前、前から後ろとリズミカルに繰り返します。また、同じようにして腰を落とした状態で構え、今度は手で両足をはさむようにして足の下でボールを持ちます。手をボールから離した瞬間に、足の前後にある左右の手を入れ替えてボールをつかむ動作を繰り返します。

ボールハンドリング④

ボールハンドリング④

両足を肩幅よりも広げて立ち、腰を落として片手にボールを持ちます。ボールを持った方の手を前から両足の間へと動かし、ボールを股の下へ運んだら、後ろ側で構えていたもう片方の手でボールをつかみます。ボールをつかんだ手を前へと持っていき、同じように前から股下へとボールを運び、もう片方の手で後ろからボールをキャッチします。上から見ると8の字を描くようなイメージです。次に、同様の動きをドリブルでも行ないます。低い姿勢で細かくドリブルをつき、股下を通して反対の背中側へとボールを運びます。反対の手でボールをキャッチしたらドリブルをしながらボールを前へ運び、同じように股下から反対の背中側へボールを移動させます。指先でボールをコントロールすることと、前を向いたままの姿勢をキープすることを心がけます。

ボールハンドリング⑤

ボールハンドリング⑤

ボールハンドリングの向上には、利き手だけでなく左右どちらの手も思い通りに動かせることが重要であり、左右の手を均等に使うテクニックを身に付けるためには、ボールを同時にふたつ使っての練習が有効です。まずは両手同時にその場でドリブルをするところからスタートし、慣れてきたら左右交互にボールを床につきます。それらの動きに慣れてきたら、片方は腰程の高さ、片方はヒザ程の高さでドリブルを行なう練習をします。立ち止まったままでの両手同時のドリブルがスムーズに行なえるようになったら、両手で同時にドリブルを行ないながら前へと進んだり、両手で交互につきながら前に進んだりといったメニューを取り入れます。そのまま反対側へとターンし、ドリブルを続けるといった練習も効果的です。

サークルドリル

サークルドリル

ふたりで行なうドリブルのトレーニング方法です。まずはそれぞれのプレーヤーがひとつずつボールを持ち、コート内のサークルに入ります。サークルの中でお互いにドリブルを行ない、相手のボールを奪うか、相手をサークルの外に出した方のプレーヤーが勝ちとなります。遊び感覚で楽しくトレーニングできる練習法でありながら、相手の状況を見る訓練にもつながります。また、使用する範囲はコート内のサークルのみで良いので、空いた時間などに気軽に始められる利点もあります。大会が近づいてくると、ドリブルやボールハンドリングといった基礎的な練習に時間を割くことが少なくなってくるため、ゲームの合間や練習前など、すき間時間を有効に使ってこうしたメニューを取り入れることも上達への近道です。

ドリブル&シュート

ドリブル&シュート

高度なドリブルからシュートへとつなげる練習です。プレーヤーはセンターサークルの手前に立ち、ゴールとの間に4・5本程度のコーンを置きます。プレーヤーは、ドリブルでコーンの間をジグザグに進み、ジャンプシュートやレイアップシュートでゴールを狙います。コーンの数や、コーンとコーンの間隔を調整することで、様々な練習を行なうことが可能です。コーンの間隔を狭くすればプレーヤーが密集しているシチュエーションを細かなドリブルで乗り切る練習になりますし、間隔を広くすれば、スピードのあるドリブルからシュートへと持ち込む練習になります。また、ゴールから見て45度の角度にコーンをひとつ起き、そのコーンをディフェンスのプレーヤーに見立てて様々なドリブルテクニックでかわし、シュートに持ち込むトレーニングも効果的です。