ご希望の体育館・武道館情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト体育館・武道館リサーチ

体育館情報

トレーニング方法とコツ シュート



バスケットボールには様々な種類のシュートがありますが、そのほとんどは基本的な動きを応用したものです。投げる際、ボールにバックスピンをかけたり、体のバネをうまく使ったりといった基礎動作を身に付けることで、幅広い攻撃が可能となります。また、実際のゲームで使えるシュート技術を自分のものにするためには、立ち止まったままでのシュート成功率を高めるだけでは不十分です。シュート動作に入る前、ドリブルやパスといったボール運びがスムーズに行なえるか否かも、シュートの成功率に大きく関係します。そのため、「セットシュート」や「チェストシュート」「レイアップシュート」などの基本的なシュート技術を身に付けたあとは、チームメイトからパスを受けてのシュート練習や、ゴールから離れた場所からドリブルでゴールへ近づく練習など、実際のゲームを意識した練習を重ねることが大切です。

バックスピンをかける

バックスピンをかける

シュートには様々な種類がありますが、その基本となるのは「放ったボールにバックスピンをかけること」です。バックスピンをかけることでボールの軌道が安定し、シュートの成功率が向上します。バックスピンの練習方法は、まず、立ったままの姿勢でボールを額の前に構え、自分の頭上に向かって真上にボールを投げ、そのままの姿勢でキャッチし、ふたたびボールを投げます。バスケットボールの縫い目に対して、垂直に指を置くようにするとバックスピンを意識しやすくなります。シュートを打ったあとの姿勢を「フォロースルー」と言いますが、ボールを投げるたびにフォロースルーに気を付けることが大切です。慣れてきたら、床に寝転がって仰向けになり、同じように真上に向かってボールを投げます。体が自由に動かない状態で投げることで、ボールのコントロール力を身に付けます。

ゴール下シューティング

ゴール下シューティング

両足が床についた状態で放つ「セットシュート」をゴール下の近くから確実に決めることができるよう、トレーニングを繰り返して安定したフォームを身に付けます。ゴール下シューティングを行なう際に気を付けたいポイントは、バックボードやリングにボールを当てることなくシュートを決めることです。まずはヒザを軽く曲げて重心を落とした姿勢をとり、利き足を少し前に出します。利き手にボールを乗せて額のあたりまで移動させてからヒジを伸ばし、その力がだんだん上へと伝わるようイメージしながら利き手でボールに力を伝えます。このとき、手から離れたボールが美しいアーチを描いて落ちるようにイメージしながらシュートを放ち、リングの中心部を狙うことが大切です。

ミドルシューティング

ミドルシューティング

「ゴール下シューティング」によって「セットシュート」のフォームが安定してきたら、徐々にゴールとの距離を広げていきます。まずはゴール下に近い距離でシュートを打ち、成功率が上がったら一歩だけ後ろに下がって同じようにセットシュートを打ちます。一度で成功したとしても、ある程度は同じ場所でのシュート練習を繰り返し、その距離から放つシュートの精度を高めます。そうしてまた一歩後ろへ下がり、同じようにセットシュートを放つ練習を繰り返します。実際のゲームでは、ゴールと自分の距離を瞬時に判断してシュート体勢をとり、適切な力加減と体のバネを使ってゴールを狙わなくてはなりません。一気に距離を伸ばすのではなく少しずつ距離を伸ばして安定したシュート能力を培うことで、実戦での総合的な判断力を養います。

フリースロー

フリースロー

相手チームのファウルなどによって与えられる「フリースロー」は、誰からも邪魔されずにシュートを打つことができる絶好の得点機会です。一方で、フリースローを外してしまうとディフェンスにより相手チームへとボールが渡る可能性もあるため、確実に得点を決めておきたいシチュエーションでもあります。そうした緊張感に慣れるため、フリースローが外れた場合のペナルティを設けるのもひとつの方法です。練習を行なう際は、まずはフリースローラインの外側に立ち、自分の得意なシュートを放ちます。このときに重要となるのは自分のリズムの作り方です。気持ちが落ち着くように、その場で何度かボールをついたり一度深呼吸をしてからシュート体勢に入ったりなど、自分に合った方法を見付けておくことが大切です。

ジャンピングシュート

ジャンピングシュート

シュートを打つ瞬間にジャンプをしてボールを放つ「ジャンプシュート」を身に付けるためのトレーニングです。まずはゴール下の付近などシュートを打つ場所にボールを持って立ち、その場で何度かジャンプをします。自身のジャンプの頂点がどこなのかが分かったら、リズム良くシュートを打ちます。ジャンプ練習をするときに、自身にとって一番バランスが取れる両足の開き具合を確認しておくと下半身を安定させたまま高くジャンプすることができ、ボールがまっすぐ飛ばせるようになります。また、ゴールリングから直線を引いたラインを想像し、自分の体がそのラインと垂直になるように意識することも上達への近道です。ゴール下からのジャンピングシュートに慣れてきたら、少しずつ距離を伸ばします。

ストライドストップ

ストライドストップ

実際のゲーム中の動きを想定した「ストライドストップ」は、2名以上で行なうトレーニングです。シュートを打つプレーヤーはゴールに近い位置に立ち、別のプレーヤーがボールを持って少し離れた位置に立ちます。シュートを打つプレーヤーがゴールに向かって走りだしたら、ボールを持っているプレーヤーがパスを出し、シュートを打つプレーヤーは動きながらそのパスをキャッチして左右どちらかの足を先に着地させシュートの体勢に入ります。片足の着地によってしっかりと動きを止めること、そして、キャッチしたボールを下に下げないことがシュートを成功させるポイントです。ディフェンスのプレーヤーに動きが読まれてしまわないよう、着地させる足は、左右どちらでも対応できるようにしておきます。

ジャンプストップ

ジャンプストップ

味方プレーヤーからのパスを動きながらキャッチし、両足で着地してシュートの体勢に入るのが「ジャンプストップ」です。パスをキャッチしたあと、片足で着地する「ストライドストップ」は、走り込んできた勢いをそのままに、自然の流れでボールをキャッチできることがメリットですが、先に着地した方の足が軸足となるため、シュートを打ってボールが手から離れるまでの間、その足をフロアから離すことができません。一方、ジャンプストップはボールをキャッチしてから両足を同時に着地させるため、状況に応じて軸足をどちらにするのかが選べるのがメリットです。ストライドストップとジャンプストップの両方を使い分けながら、慣れてきたらゴールとの距離を少しずつ離しながら練習を重ねると効果的です。

セルフミートシュート

セルフミートシュート

「セルフミートシュート」とは、味方プレーヤーからのパスをキャッチしてから実際にシュートを打つまでの動作を、1人で行なうトレーニング方法です。まずはゴールの近くにボールを持って立ち、ボールを前方に投げます。このとき、バックスピンをかけてふんわりと軽く投げると、弾んだときにこちら側へボールが戻ってくるためボールをキャッチしやすくなります。ボールが床についたら前に動いてフロアに弾んだボールを拾い、その場でストップしてシュートを打ちます。目の前にディフェンス側のプレーヤーがいると想像しながら練習を行なうと効果的です。通常のシュート練習も重要ですが、1人のトレーニングでもこのように前後の動きを取り入れることで、より実戦に役立つ技術を身に付けます。

リバウンド&シュート

リバウンド&シュート

一度こぼれたシュートをリバウンドし、ふたたび得点を狙うトレーニングです。人数は2人以上で行ないます。まず、ボールを持ったプレーヤーがシュートを打ち、わざと外します。そうしてゴールリングからこぼれたボールをもう1人のプレーヤーが拾い、その間にシュートを打ったプレーヤーは次にシュートを打つ場所へと移動します。リバウンドをとったプレーヤーは、ボールを手にしたら素早くシュートを打つプレーヤーへとパスを出し、そのパスを受けたプレーヤーはその場でシュートの体勢に入り、ゴールを狙います。慣れないうちはひとつひとつの動作をゆっくりていねいに行ない、リズムがつかめてきたら徐々にスピードを上げて練習を重ねます。実際のゲームと同じようなスピードで、力強いパスからのシュートを成功させることが目標です。

ミートシュート

ミートシュート

5人以上のプレーヤーで行なうシュート練習です。スリーポイントラインの外側あたりに、ゴールリングを中央にしてそれぞれ数メートル離れた場所に2列に分かれて並び、左列の一番前のプレーヤーがボールを持ちます。右列の一番前のプレーヤーがフリースローラインのあたりまで走り込み、そのタイミングに合わせてボールを持っているプレーヤーがパスを出します。パスを受けたプレーヤーは、シュートを打ったあとボールを拾って右列の一番前のプレーヤーへ渡し、左側の列に並びます。今度は左列の一番前のプレーヤーがフリースローラインのあたりまで走り込み、右側のプレーヤーが出したパスを受けてシュートを打ちます。スピード感を持って取り組むことで、パスを受けてからしっかり止まってシュートを打つ動きを覚えます。

Vカット

Vカット

ディフェンスがいることを想定した、2人で行なうシュート練習です。シュートを打つプレーヤーはゴール近くの制限区域外で待機し、もう1人のプレーヤーはボールを持ってスリーポイントラインの外側に立ちます。シュートを打つプレーヤーは、ディフェンスがいることを想定して、一旦内側に入ってから「Vの字」を描くように素早く外側へとステップしてボールを持ったプレーヤーのいる側へと回り、ディフェンスを振り切るようにします。ディフェンスのプレーヤーを一度インサイドへと押し込んでから、体を返してアウトサイドでパスを受けるイメージです。ポイントは、ディフェンスのプレーヤーを押し込むときはゆっくりと動き、外側へ出るときは素早く体を返すことです。パスをキャッチしたら、すぐにシュートの体勢へと持ち込みます。

フレアーカット

フレアーカット

「Vカット」と同じくディフェンスのプレーヤーを振り切ることを想定したシュート練習ですが、Vカットのように内側に入るのではなく、パスを出すプレーヤーから離れることでチャンスを作るテクニックを身に付ける練習が「フレアーカット」です。パスを出すプレーヤーはボールを持って立ち、シュートを打つプレーヤーはディフェンスがいることを想定して、ボールを持ったプレーヤーから離れる動きをとります。ディフェンスのプレーヤーが油断した瞬間にボールを持ったプレーヤーがシュートを打つプレーヤーへとパスを出し、シュート動作へと移ります。フレアーカットではパスの距離が長くなるため、パスを出すプレーヤーと受けるプレーヤーのタイミングを合わせることが重要となります。シュート練習ではありつつも、パスの精度も求められるテクニックです。

Lカット

Lカット

ゴールの近くで待機するプレーヤーが、「Lの字」を描くように直角に動くことで、マークしているディフェンスのプレーヤーを振りきるテクニックを身に付けます。まずはパスを出すプレーヤーとシュートを打つプレーヤーに分かれ、パスを出すプレーヤーはスリーポイントラインの左外側へ、シュートを打つプレーヤーはスリーポイントラインの右外側にスタンバイします。このとき、よりゴールに近い位置に立つと実際のゲームを想定しやすくなります。パスを出すプレーヤーは手にボールを持って、シュートを打つプレーヤーへパスを出す素振りを見せます。シュートを打つプレーヤーはディフェンスのプレーヤーがしつこくマークしてくる様子を想像しながら、一旦コートの内側へと入り、すぐさま直角に移動します。フロアを蹴るように、一瞬で素早く動くとディフェンスのプレーヤーを振りきりやすくなります。パスを受け取り、シュートを打ちます。

カールカット

カールカット

「カールカット」とは、巻き込むような動きでディフェンスのプレーヤーを翻弄し、シュートにつながるパスをキャッチするテクニックです。まずは、シュートを狙うプレーヤーはゴール下に待機し、ボールを持ったプレーヤーはスリーポイントラインの右外側あたりに立ってパスを出す準備をします。ゴール下のプレーヤーはディフェンスのプレーヤーが自分をマークしていることを想定しながら、左側へ大きく動き、ディフェンスのプレーヤーを巻き込むようなイメージでUターンをしてゴール下近くのパスが受け取りやすい位置へと移動します。パスをキャッチしたら、ミドルレンジからのシュートを決めます。これは、スクリーンプレー時によく使われるテクニックのひとつで、密着しているディフェンスのプレーヤーから離れるときに効果的です。

ドリブルシュート

ドリブルシュート

1人でシュートまで持ち込むテクニックを身に付けます。まずはゴールリング正面のスリーポイントライン外側に立ち、ゴールに向かってドリブルで進み、自分のタイミングでレイアップシュートを決めます。ななめの位置からレイアップシュートを狙う場合は、一度バックボードにボールを当ててリングを通すのが一般的ですが、ゴール正面からシュートを決めたい場合は、バックボードを狙うとボールの勢いが強くなりすぎてうまくリングに入らないことが多いため、リングの直前でボールをふわりと浮かせ、直接バスケットに放るようなシュートをめざします。これは、ゴールリングの左右からシュートを狙う場合も同様です。ドリブルからシュート動作への切り替えがスムーズに行なえることが目標です。