ご希望の体育館・武道館情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト体育館・武道館リサーチ

体育館情報

バスケットボールの技術 リバウンド



「リバウンド」とは、シュートが打ったボールがリングに入らず、バックボードなどにあたって跳ね返ってきたボールを奪う動作です。「バスケットボールは、リバウンドを制するものゲームを制する」といった言葉に代表されるように、リバウンドを確実に取ることはとても重要な意味を持ちます。リバウンドを取ることによって、攻撃のチャンスを増やすことができ、味方チームのプレーヤーがシュートミスをしたとしても、リバウンドを取ることができれば再チャレンジが可能になります。また、自分のチームは必ずリバウンドを取ってくれるという安心感は、シュートの成功率アップにもつながります。リバウンドは、シュートを打っていない選手に頼るだけでなく、シュートを打った本人自らが取りに行く姿勢も大切です。

ブロックアウト

ブロックアウト

ディフェンスのプレーヤーがリバウンドを確実に取るためには、相手チームのプレーヤーをゴールに近づけないことを最優先に考える必要がありますが、ディフェンスのプレーヤーのそうした動きを「ブロックアウト」と言います。相手チームのプレーヤーがシュートを打ったら、すぐに自分がマークしている相手チームのプレーヤーの位置を確認し、ゴール下に侵入されないよう距離をつめて体を密着させます。その後、体をターンさせてゴールへと向き、リバウンドを取る体勢を整えます。しかし、ブロックアウトの相手プレーヤーが自分よりもかなり長身である場合やジャンプ力に秀でている場合は、正面で向かい合ったままブロックアウトを行ない、味方のプレーヤーがリバウンドを取るのを助けます。

ボースハンドリバウンド

ボースハンドリバウンド

シュートが外れたボールを空中にて両手でがっちりと取りに行くことを「ボースハンドリバウンド」と言います。相手チームのプレーヤーがシュートを打ったあと、ブロックアウトが成功したときや相手がリバウンドの準備ができていないときなど、確実にリバウンドを取ることができるときに使用するテクニックです。シュートが放たれたあと、自分がマークしている相手チームのプレーヤーの位置を確認し距離を縮め、相手プレーヤーに体を密着させて腰を落とした姿勢を取り、ゴール下に侵入されるのを防ぎます。その後、シュートが外れたボールの行方を見極めてジャンプし、ジャンプの頂点に達したタイミングで両手を伸ばしてボールを取ります。着地したあとはボールを胸に抱え、相手プレーヤーに奪われないようしっかりホールドしながらその後の動作へと移ります。

ワンハンドリバウンド

ワンハンドリバウンド

「ワンハンドリバウンド」とは、より高い位置でボールに触れるためのリバウンドテクニックです。シュートが打たれたあと、ブロックアウトが成功しなかった場合やアウトサイドから相手チームのプレーヤーが飛び込んできた場合など、相手プレーヤーとリバウンドを競り合うときに使用します。ワンハンドリバウンドのメリットは、ボースハンドリバウンドよりも高い位置でボールに触れられることです。しかし、片手であるため着地したあとに相手チームのプレーヤーに奪われやすいというデメリットもあります。それを防ぐためには、ボールを取ったあとにボールをすばやく体へと引き付け、胸より上、場合よっては頭上など、高い位置でボールを持ちます。ボールを持った手を胸より下に降ろしてしまうと隙ができ、相手チームのプレーヤーにボールを奪うチャンスを与えてしまいます。