ご希望の体育館・武道館情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

スポランド
体育館・武道館
トップページへ戻る
トップページへ戻る

体育館情報

バスケットボールの技術 ディフェンス



相手チームのシュートやドリブル、パスなどを防ぐことを目的とした動きが「ディフェンス」です。得点に絡む華やかなプレーは誰からも注目を集めますが、その地盤となるのは、確かなディフェンス力です。どれ程に得点を重ねても、相手チームにそれ以上ゴールを決められてしまっては意味がありません。自分のチームのシュートが決まらない状況においても、ディフェンスを全力で行なうことで何とか持ちこたえ、不調だったチームメイトが自身のリズムを取り戻すこともあります。スピード感あふれる試合の中で、シュートを安定して成功させるのは至難の業ですが、ディフェンスは、練習によって身に付けた技術や気持ちがそのままゲームへと反映されます。試合に長時間出場できるプレーヤーの素質を見比べてみると、ディフェンスに手を抜かないプレーヤーであることが多いのはそのためです。

ディフェンスの基本姿勢

ディフェンスの基本姿勢

ディフェンスは、相手チームのプレーヤーの動きに瞬時に反応しなければなりません。そうした素早いディフェンスの基本となるのが、ヒザを軽く曲げて重心を低くキープした姿勢です。少し前傾姿勢を心がけながらも、背筋が丸まらないように注意し、顔はしっかりと上げて周囲の状況を常に見渡せるようにしておきます。パスであれドリブルであれ、相手プレーヤーの動きに対応できるよう、両手は大きく広げて前へと構えます。臨機応変に対応するための準備でもあり、相手プレーヤーに対してプレッシャーをかけるという側面もあります。相手プレーヤーがドリブルで抜こうとする仕草をしたらその方向へ、シュートの構えを見せたら素早く両手を上へ伸ばすなど、できるだけ速く対応することがディフェンスの第一歩です。

ショルダーステップ

ショルダーステップ

足をクロスさせずに進む「ショルダーステップ」は、「サイドステップ」「スライドステップ」と呼ばれることもあります。相手プレーヤーのドリブルに対応するための基本的なステップです。まずはディフェンスの基本姿勢をとり、進む方向の側にある足を横に踏み出し、そのまま斜め後ろに進んでいきます。その後、もう片方の足を動かし、ディフェンスの基本姿勢へと体勢を整えます。ショルダーステップで気を付けるべきポイントは、両足を閉じてしまわないことです。移動のときに足が閉じてしまうとバランスが崩れ、相手プレーヤーにドリブルで抜かれやすくなります。両足の間隔を狭めるときは肩幅より狭くならないように注意し、バランスが崩れないよう、常に両足の中心に頭が来るようにします。

クロスステップ

クロスステップ

足をクロスさせながら移動する「クロスステップ」は、スピードのあるドリブルに対応するときなどに使われることが多いテクニックです。まずはディフェンスの基本姿勢をとり、片方の足を反対側の足の横へと大きく踏み出してクロスさせ、斜め後ろに進みます。スピードの速い相手プレーヤーをディフェンスするときなど、ショルダーステップでは対応しにくい状況においてクロスステップを使用しますが、相手プレーヤーの動きに付いていくことに気を取られ、移動の際に頭が上下に動いてしまいやすいので注意します。クロスステップはショルダーステップと比べて身体的な負担が軽いため、ゲームの中でクロスステップをうまく取り入れることで、体力の消耗を防ぐことにも貢献します。

ディナイ

ディナイ

「ディナイ」とは、相手チームのパスを封じる動きのことです。ボールをコントロールしているプレーヤーがパスをするような動作をしたら、自分がマークしている相手プレーヤーにボールが渡らないよう、パスコース上に手をかざします。ディナイを成功させるポイントは、マークしているプレーヤーとの距離感です。パスカットを狙うあまりに相手プレーヤーに近づきすぎてしまうと裏側に回られてパスが通ってしまいますので、適切な距離を保ってマークするよう心がけます。しかしそれがゴール付近の場合は、パスが通ると相手チームの得点に結び付く可能性が高くなりますので、できるだけタイトなマークを意識します。また、シュートを恐れるあまりゴールを背にして相手の後ろにまわってしまっては意味がありません。ゴール下であればなおさら、相手プレーヤーの前に出て、パスを通らなくすることで相手チームの攻撃を防ぐことが大切です。

クローズアウト

クローズアウト

ディフェンスのプレーヤーがオフェンスのプレーヤーとの間合いを詰める動きのことを「クローズアウト」と言います。遠くにいる相手プレーヤーがシュート体勢に入っているとき、シュートを打たせないようにディフェンスのプレーヤーが素早く近づくといったシチュエーションが一例です。このとき、大きなステップで駆け寄ると相手プレーヤーに近づいて立ち止まりたいときに体が安定せずシュートを防ぐ対応ができませんので、小刻みなステップでスピードの持つ勢いを抑えながら相手プレーヤーへと近づいて正面で止まり、シュートが入らないよう頭上に手をかざします。今まさにシュート体勢に入ろうとしていても、目の前にディフェンスのプレーヤーの手があらわれるとシュートの正確性がにぶります。そのことから、こうした状況でのディフェンスの手のことを「ビッグハンド」と呼びます。