ご希望の体育館・武道館情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト体育館・武道館リサーチ

体育館情報

バスケットボールの技術 オフェンス



「オフェンス」とは、シュートをはじめとする攻撃に関するプレーのことです。バスケットボールはチームスポーツですが、ゲーム中は個人技が求められるシーンも多く、相手と対面したときの1対1での強さがなければ試合に勝つことはできません。ボールを受け取ってからシュートを決めるまでの様々なテクニックを身に付け、ディフェンスの状況により最適な攻撃パターンを選択することが重要です。また、オフェンス時に求められるのはパワープレイだけではありません。緩急をつけたプレーや、しなやかなボールさばきによってディフェンスをかわす方法も数多くあります。単調な攻撃を繰り返すだけではディフェンスにすぐに攻略されてしまうため、それぞれのプレーヤーの身体的特徴や得意なスタイルを生かしたオフェンスで、得点チャンスへとつなげます。

ミートアウト

ミートアウト

相手プレーヤーからパスを受けてオフェンスの姿勢に入ることを「ボールミート」と言い、アウトサイドに出てきてパスを受けることを「ミートアウト」と言います。ミートアウトからの攻撃を仕掛ける際は、まずボールを持ったプレーヤーがドリブルをしながらパスを出す準備に入ったことを確認し、ゴール近くにいるプレーヤーはアウトサイドに移動する準備を整えます。ボールを持つプレーヤーがドリブルを止めた瞬間、受け手のプレーヤーはディフェンスを引き離してすばやくアウトサイドに移動し、ディフェンスとの距離が十分に空いてからパスを受けます。ボールを受けたとき、周囲にディフェンスがいないようならシュートのチャンスです。すぐにターンして体をゴールに向け、シュート動作に入ります。

ピボットフット

ピボットフット

「ピボットフット」とは、ボールを持っているときに軸足を動かさず逆の足を前後左右に動かすことで、ディフェンス側のプレーヤーにボールを奪われることを防ぐテクニックです。一見簡単そうに見える技術ですが、軸足が少しでも動くとトラベリングとなってしまうため、姿勢を崩さずにボールを自在に動かすテクニックが求められます。ピボットフットを行なう際は、まず体を安定させるために両足の間隔を肩幅より少し広めに取って立ち、ヒザを適度に曲げて腰を落とします。この基本姿勢を「トリプルスレット」と言いますが、これは、ピボットフットのみならずすべてのプレーの基礎となる重要な姿勢です。ピボットフットは、大きく踏み出したり後ろを向いたりといった動きを組み合わせるとより効果的です。

キャッチからの攻撃

キャッチからの攻撃

ゴールの近くでパスを受けたあとは、状況によりいくつかの攻撃が考えられます。味方プレーヤーからパスが出る瞬間にディフェンスから離れるのが基本ですが、ボールを受けたときにディフェンス側のプレーヤーがそれ程近づいていない状況であれば、そのままシュートを打つ体勢に入ります。このとき、いったんボールを下げてしまうと相手プレーヤーにディフェンスされやすくなってしまうので、パスを受け取った姿勢からボールを下げずにシュート動作へと移ります。また、味方プレーヤーからパスを受けたもののディフェンスのプレーヤーとの間合いが近い場合は、ドリブルで相手を抜いてからシュートチャンスを作り、そのままレイアップシュートに持ち込みます。

ステップバック

ステップバック

味方プレーヤーからパスを受けたあと、ディフェンスをドリブルでかわしてゴール前に進入すると見せかけて後ろに下がるテクニックです。まずはミートアウト同様に、パスを出す味方プレーヤーを確認したのちに外へと動いてパスを受けます。いったんその場でドリブルをし、ディフェンス側のプレーヤーがドリブルを止めようと目の前に出てきたら、ドリブルをしながら後方に大きくステップしてディフェンスを引き離します。ディフェンスとの距離ができた瞬間を見逃さず、その場でシュートを打ちます。後ろに下がったあとすぐにシュートを打たなければならないためバランスを崩しやすいというデメリットがありますが、それをカバーできるシュート力があれば得点に結び付きやすいテクニックです。

フェイク&ゴー

フェイク&ゴー

ドリブルに緩急をつけて、ディフェンス側のプレーヤーをかわすテクニックです。まずはゴール下からアウトサイドへと移動して味方プレーヤーからのパスを受け、ドリブルでディフェンスをかわす体勢に入ります。ディフェンス側のプレーヤーが近づいてきたら一度スピードを落とし、それにつられる形で相手のスピードが落ちた瞬間を見計らって急にスピードを上げてドリブルで振り切ります。ディフェンスのプレーヤーを抜いたら、相手が反応する前にシュートへと持ち込みます。動きに緩急をつけて相手を振り切るテクニックは様々なシーンで見られますが、その差が大きい程成功の確率がアップします。相手を抜いたらすぐにシュート動作に移れるよう、あらかじめシュートポイントを見定めておくことも有効です。

ジャブステップ

ジャブステップ

軸足をフロアから離さず、逆の足でのステップをたくみに使ってディフェンスのプレーヤーを引き離すテクニックです。ゴール下から外側へと移動して味方からのパスを受けたら、マークしてきたディフェンスのプレーヤーの方を向いて正面に立ち、片足を大きく踏み出します。その動作に反応してディフェンスのプレーヤーが下がったら、踏み出した足をすばやく引き戻します。すると相手プレーヤーとの間に距離ができるので、その瞬間にシュートを打ちます。ジャブステップを行なう際に気を付けたいのは、踏み出すステップの大きさです。ステップが小さいとディフェンスのプレーヤーが動きませんし、逆に大きすぎると体のバランスを崩してしまい、シュート動作へとスムーズに移行することが難しくなってしまいます。