ご希望の体育館・武道館情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

スポランド
体育館・武道館
トップページへ戻る
トップページへ戻る

体育館情報

バスケットボールの技術 パス



パスは、攻撃を組み立てる上でとても重要な要素です。パスの善し悪しでその後のシュート動作へスムーズに移行できるかが決まり、ひとつのパスがゲームの流れを変えることも少なくありません。パスは、投げる方のテクニックと受ける側のテクニックの両方が必要となるものです。空いている場所を見付けて走り込むためには視野の広さが求められますし、味方のそうした動きに素早く反応するためには観察力が必要とされます。パスからのシュート練習などでは、ついゆっくりとしたパスを出してしまいがちですが、そうしたパスに慣れてしまうと実際のゲームでもスピードの遅いパスを出すクセが抜けないという状況に陥ってしまいます。ふだんからスピードのあるパス回しを意識し、チーム全体でパス技術の向上を目指すことが大切です。

チェストパス

チェストパス

自分の胸のあたりから両手で投げるパスのことを「チェストパス」と言い、パスの中でもっとも正確性が高いと言われています。チェストパスのポイントは、パスを投げる方向へどちらか一方の足を踏み出し、胸の前に構えたボールを両手首のスナップを効かせて放ちます。ゲームでは早くて強いパスが求められるため、バックスピンをうまくかけることが求められます。また、チェストパスは、受け取ったプレーヤーが素早く次の動作に移ることができるよう、相手の胸のあたりを狙って投げるのが基本となります。対面での練習時には、パスのコースがずれないように気を付けながら、早くて強いパスを繰り返します。テンポよく、一回一回しっかりとスナップを効かせたボールを投げるトレーニングが効果的です。

サイドハンドパス

サイドハンドパス

「サイドハンドパス」とは、片手のみで横から投げるパスのことで、ディフェンスが目の前にいるようなシチュエーションで使われることが多いテクニックです。まずは目の前のディフェンスを避けるためにどちらかの足を大きく踏み出し、足を踏み出したままの姿勢で、ボールをディフェンスから遠ざけるようにして片手でボールを投げます。このとき、しっかりバックスピンがかかるよう手首のスナップを充分にきかせて投げるよう心がけます。横からパスを投げると気づかれないよう、足を踏み出してからボールを投げるまでをスピーディーに行なうことが成功のコツです。踏み出す方の足は、投げる手と同じ側を出すのが基本ですが、逆の足をクロスにして踏み出すパターンもあります。ディフェンスの動きや味方プレーヤーの位置など、状況に応じて使い分けられるようにしておくと便利です。

ショルダーパス

ショルダーパス

「ショルダーパス」とは、肩から投げるパスのことです。野球選手がボールを投げるような格好をイメージして、遠いところにいる味方プレーヤーへとボールをパスします。ショルダーパスを投げる際はまず、ボールを片手に持って肩より高い位置で構えます。その後、やや後方から前方へ向かってボールを放りますが、他のパスと同様、手首のスナップをきかせてバックスピンをかけるように投げることが大切です。遠くへ投げようとするあまり、ついボールを持った手を大きく後ろへ引いてしまいがちですが、あまり大きなモーションを取るとディフェンスに狙われやすくなります。そのため、パスをすると決めてから投げるまでの動作を、なるべく速いスピードで完了させることが大切です。

バウンズパス

バウンズパス

ボールを一度床にバウンドさせてから相手プレーヤーに渡すパスを「バウンズパス」と言います。ディフェンスの足元を抜いてパスをするときや、走り込んできたプレーヤーへ素早くパスするときなど、実際のゲームでも見る機会の多いテクニックです。バウンズパスを行なう際は、まずどちらか一方の足をパスしたい方向へと一歩踏み出し、両手でボールを持って胸のやや下辺りに構えます。両手のスナップをきかせながら床にバウンドをさせ、バックスピンのきいたボールを味方プレーヤーにパスします。バウンズパスは、いったん床にバウンドしてから相手の胸元に届くようなボールが理想です。そのためには、最初に自分と相手との距離を測り、3分の2程度の場所でバウンドするように調整すると、相手が受けとりやすいパスとなります。