ご希望の体育館・武道館情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト体育館・武道館リサーチ

体育館情報

バスケットボールの違反 ファウル



バスケットボールにおける違反とは、大きく分けて「バイオレーション」と「ファウル」の2種類があります。ファウルとは、プレーヤー同士の接触によるものや、スポーツマンらしくない行為または言動が見られた場合に宣告されるもので、罰則として、相手チームにスローインやフリースローが与えられます。ファウルを宣告されたプレーヤーはその内容をスコアシートに記録され、個人で5回のファウルを宣告されると退場となります。

ファウルとは

ファウルとは

ファウルには、大きく2つの種類があります。ひとつめは、プレーヤー同士の体の接触によって起こる「パーソナルファウル」、もうひとつは、スポーツマンらしくない言動や行為に対して与えられる「テクニカルファウル」です。ファウルを宣告された場合は、バイオレーションと同じく、相手チームにスローインやフリースローの機会が与えられます。バイオレーションはスコアシートに記録されませんが、ファウルを宣告されたプレーヤーはそのたびにスコアシートに記録されます。プレーヤー個人に5回のファウルがカウントされた時点でそのプレーヤーは退場となり、そのゲームにはそれ以降出られません。各ピリオドにおいて、1チームのファウルの数が4つを超えると、そのつど相手チームにフリースローが与えられます。

シリンダー

シリンダー

「シリンダー」とは、プレーヤー自身に権利のある空間のことです。両手両足を広げたプレーヤーを正面から見たときに、広げた手足のラインを垂直に結んだ範囲、横から見たときの両手の手のひらから臀部(尻)までの範囲、プレーヤーの真上の範囲(空間)がシリンダーとなります。オフェンスとディフェンスのプレーヤーが相手と向かい合い両手両足を広げて立っているとき、その位置のことを「リーガルガーディング・ポジション」と言いますが、その状況下においては、シリンダーの範囲内でプレーヤー同士が接触を起こしてもファウルにはなりません。シリンダーの範囲を外れての接触はファウルとなるので、オフェンスとディフェンスのコンタクトはお互いのシリンダーを把握することが重要だと言えます。

イリーガルユースオブハンズ

イリーガルユースオブハンズ

「イリーガル」とは「規則に反している」という意味を持ちます。「イリーガルユースオブハンズ」とは不当な手の扱いを反則とするもので、相手プレーヤーの動きを妨げることを目的に、手を使って相手のプレーヤーをつかんだり叩いたりする動きを指します。イリーガルユースオブハンズは、プレーヤーがボールをコントロールしていないところで起こりやすいファウルです。接触の程度が重くなると「ホールディング」や「プッシング」といったファウルに発展しやすいため、審判には、状況に応じた適切なジャッジが求められます。イリーガルユースオブハンズの審判のシグナルは、前方に出した腕の肘を曲げて、もう片方の手で手首同士をたたき合わせるしぐさとなります。

チャージング

チャージング

オフェンス側のプレーヤーがディフェンスを無理に押しのけたりぶつかったりするファウルを「チャージング」と言います。オフェンスよりも先のタイミングで正当な位置で防御しているディフェンスの体に向かって、オフェンスが突きあたって無理に進むような動きをするとチャージングとみなされるため、該当のオフェンス側のプレーヤーがボールをコントロールしている・いないにかかわらず判定されます。しかし、オフェンスがディフェンスよりも先にゴールへ向かっていて、その進行方向にディフェンスが遅れて入ってきたことが原因でプレーヤー同士が衝突した場合は、「ブロッキング」というファウルになり、逆にディフェンス側の反則となります。審判にとって、チャージングとブロッキングは判断が難しいファウルです。

ブロッキング

ブロッキング

「ブロッキング」は、ディフェンス側のプレーヤーによるファウルです。相手プレーヤーがボールをコントロールしている・いないにかかわらず、ディフェンス側のプレーヤーが手や足を広げたり、体ごとぶつかったりして相手の進行を妨げるとブロッキングと判断されます。また、相手のシリンダーに不当に入り込むことも、ブロッキングとみなされます。逆に、ディフェンス側が正当に防御しているときにオフェンスがディフェンスの体にぶつかった場合は「チャージング」となります。ブロッキングとチャージは判断が難しいファウルのため、笛が鳴ってどちらのファウルか分からないときは審判のシグナルをチェックします。ブロッキングのシグナルは両手を腰に当てるしぐさ、チャージングのシグナルは片方の手のひらをもう片方のこぶしで叩くしぐさとなります。

ホールディング

ホールディング

相手プレーヤーの背後から抱きついて進行を妨げる行為、相手プレーヤーを押さえ込んだり体を押さえたりして相手の動きを妨害するファウルを「ホールディング」と言います。ホールディングは、相手プレーヤーがボールをコントロールしている・いないにかかわらず適用されます。相手プレーヤーの動きを妨げることを目的に、手を使って相手のプレーヤーをつかんだり叩いたりするファウルには「リーガルユースオブハンズ」もありますが、手だけでなく腕をからませたり、強くつかんで押さえ込んだりする行為に発展した場合にはホールディングと判断されます。ホールディングの審判のシグナルは、両手を前に出して、片方の手首をもう片方の手で握るしぐさとなります。

プッシング

プッシング

ディフェンス側のプレーヤーが、自身の体で相手プレーヤーを押したり押しのけたりして動きを妨害するファウルのことを「プッシング」と言います。プッシングは、オフェンス側のプレーヤーがボールをコントロールしている・いないにかかわらず適用され、手や腕だけではなく、腹部や肩を使用しての行為もプッシングとみなされます。プッシングは、ディフェンスがオフェンスを押しのけて優位なポジションを取ろうとする際に起こりやすいため、ゴール下周辺にて発生することが多いファウルです。特にゴール付近でのプッシングは、得点に直接かかわることからヒートアップしやすく、乱暴なプレーへとつながる可能性が高いため注意が必要です。審判のシグナルは、手のひらを開いて前に突き出すようなしぐさとなります。

イリーガルスクリーン

イリーガルスクリーン

オフェンス側のプレーヤーが、ディフェンスの進路をさえぎるプレーを「スクリーンプレー」と言います。スクリーンプレーは、体が止まった状態で壁をつくりディフェンスを止めるものですが、その際に、ディフェンス側のプレーヤーにつられて体が動いてしまうと「イリーガルスクリーン」のファウルとなります。また、オフェンス側のプレーヤーが、相手プレーヤーが見えない位置でスクリーンプレーをかける場合は、ディフェンス側のプレーヤーから1歩以上の距離をおかなければなりません。正しくスクリーンをかけるときの主なフォームは腕を胸の前でクロスして立つか、下腹の前で両手を握って立つような格好となります。スクリーンプレー時、体が止まった状態であれば、シリンダー内で接触しても違反にはなりません。

ダブルファウル

ダブルファウル

「ダブルファウル」とは、オフェンス、ディフェンス双方のプレーヤーが2人同時にパーソナルファウルを犯した状態のことです。パーソナルファウルとは体の接触によるファウルで、つまりは、オフェンスとディフェンスのプレーヤー同士が、同時に不当な接触を起こしたときにダブルファウルが与えられます。ダブルファウルと判断された場合、シュート時以外であれば、スコアシートにはそれぞれのプレーヤーにファウルが記録されますが、フリースローは与えられません。ダブルファウルが指摘された瞬間にシュートが入った場合、その得点は有効となり、シュートを入れられたチームのスローインからゲームを再開します。それ以外の場面では、どちらかがボールを持っていた場合、オルタネイティングポゼションは適用されず、ファウル発生時にボールを持っていたチームのスローインからゲームを再開します。どちらもボールを持っていない状況でのダブルファウルであれば、オルタネイティングポゼションにのっとり、順番のチームのスローインからゲームを再開します。

シュートに関するファウル

シュートに関するファウル

オフェンス側のプレーヤーのシュート動作が終わるまでの間にディフェンスのプレーヤーによるファウルが起きた場合、接触されたプレーヤーにフリースローが与えられます。2ポイントシュートを行なう際のファウルであれば2点分、3ポイントシュートを行なう際のシュートであれば3点分のフリースローが与えられます。シュート動作とは、プレーヤーがシュートの構えをとってから、シュートを行ない、プレーヤーがコートに着地するまでの一連の流れを指します。そのため、シュートを打つ前の接触だけでなく、シュートを放ったあとに空中で接触することもシュート時に起こったファウルと判断されます。シュート動作中にファウルがあり、そのシュートが決まった場合、その点数はカウントされ、さらにフリースローが与えられることになります。

ノーチャージセミサークル

ノーチャージセミサークル

2011年(平成23年)に新しく導入されたルールです。バスケットの真下を中心とする円周の内側が半径1.25mの半円「ノーチャージセミサークルエリア」が新たに設置され、そのエリアにおいては、オフェンス側のプレーヤーが相手プレーヤーに接触してもチャージングのファウルにはならない、と定められました。ただし、ファウルが適用されないためには「エリア内を横切っているときに、空中にいること」が条件となります。また、チャージング以外のファウルであれば、例えノーチャージセミサークル内での行為であってもファウルが適用されます。このルールによって積極的な攻防が増え、ゲームの盛り上がりを促すことが目的とされていますが、審判の見極めが難しいルールでもあります。

ポストプレー時のファウル

ポストプレー時のファウル

バスケットボールにおける「ポストプレー」とは、相手コートの制限区域(ペイントエリア)付近でゴールを背にした状態でポジションを取り、味方からのパスなどを待つプレーのことを指します。バスケットボールには制限区域内で3秒以上とどまってはいけないというルールがあり、制限区域付近では良いポジションを取ろうと手やヒジを使ってプレーヤー同士が激しく接触するため、ファウルが起きやすい状況となります。加えて、2011年(平成23年)からは、ノーチャージセミサークルエリア(ゴールリング下の半円エリア)内での身体接触については、オフェンス側のプレーヤーが一定の条件を満たせば、チャージングファウルが取られないという新ルールが導入されました。それにより、今後さらにポストプレー時の激しさが増すと予想されています。

アンスポーツマンライクファウル

アンスポーツマンライクファウル

バスケットボールの規則を逸脱した行為、フェアプレイに値しない行為など、正当にプレーしていないファウルを「アンスポーツマンライクファウル」と言います。アンスポーツマンライクファウルが起こりやすい場面は、ボールをコントロールしているオフェンスのプレーヤーとバスケットゴールの間にディフェンス側のプレーヤーが誰もいない状況において、オフェンスのプレーヤーが速攻を仕掛ける瞬間です。このとき、ディフェンスのプレーヤーが後ろや横から突っ込んだりつかんだりといった行為を行なうとアンスポーツマンライクファウルが宣告されます。アンスポーツマンライクファウルのペナルティは、相手チームのフリースローと、状況に応じてその後のスローインも与えられます。アンスポーツマンライクファウルを2度犯したプレーヤーは、他のファウルの数に関係なく退場となります。

テクニカルファウル

テクニカルファウル

スポーツマンらしくない行為に対して宣告されるのが「テクニカルファウル」です。例えば、審判や相手チームに対する暴言・挑発行為、ベンチや用具などの施設内設備を傷付ける行為、大会の手続き上の規則や運営、管理に関する規則に違反する、ゲーム進行や運営に支障をもたらしゲーム遅延を誘発する行為、審判の警告を無視といったものが挙げられます。テクニカルファウルは、ゲームに出場しているプレーヤーのみならず、コーチやベンチプレーヤーをはじめとするチーム関係者が対象となります。既出の行為の他、ゲームの最中に正当な理由なくベンチエリアを出ることもテクニカルファウルとみなされます。テクニカルファウルが宣告されると、相手チームにフリースローとスローインが与えられます。

ディスクォリファイニングファウル

ディスクォリファイニングファウル

スポーツマンシップに反する行為であることに加え、もっとも悪質だと判断されたときに宣告されるのが「ディスクォリファイニングファウル」です。ディスクォリファイニングファウルが宣告されたプレーヤーはその場で失格・退場となります。同じゲームにおいてアンスポーツマンライクファウルを2回宣告されたプレーヤーもディスクォリファイニングファウルとなり退場となります。ディスクォリファイニングファウルは、ゲームに出場しているプレーヤーだけでなく、ベンチエリアにいるコーチやベンチプレーヤーにも適用されます。コーチがテクニカルファウルを2回宣告された場合、またアシスタントコーチやベンチプレーヤーのテクニカルファウルの数が合計3回になった場合にはディスクォリファイニングファウルとなり、ペナルティとして相手チームにフリースローとスローインが与えられます。

ファイティング

ファイティング

「ファイティング」とは、コーチやアシスタントコーチ、ベンチにいる交代要員など、ゲーム中のプレーヤーではなくチームの関係者に適用されるファウルです。このルールが適用されるシーンは、コート上や周辺において、暴力行為や乱闘が起きたときや起こりそうなときに限られます。そうした状況において、暴力行為を止めることが目的であれば、コーチやアシスタントコーチがベンチエリアから出ることは認められています。しかし、コート上において争いを止めなければファイティングが適用され、失格・退場となります。ファイティングが宣告された場合は、チームファウルにカウントされるのではなく、コーチへのテクニカルファウルとしてカウントされます。

5ファウル

5ファウル

すべてのピリオドを通じて1人のプレーヤーに5つのファウルが宣告されると、そのプレーヤーは退場となり、その後同じゲームには出られません。このルールが「5ファウル」です。ファウルの種類は、パーソナルファウルとテクニカルファウルにかかわらずカウントされます。また、5ファウルとなった場合は、宣告されてから30秒以内にベンチプレーヤーと交代しなければならないというルールがあり、1人のプレーヤーが4つのファウルをカウントした場合、次のファウルに備え、ベンチプレーヤーが準備しておく必要があります。もしも、退場となったプレーヤーがその後ベンチエリアにおいてテクニカルファウルを犯した場合は、プレーヤーではなくそのチームのコーチが犯したテクニカルファウルとしてスコアシートに記録されます。

チームファウル

チームファウル

ピリオド開始からそのピリオドが終わるまでの間に宣告されたプレーヤーによるファウルがチーム内で4回をカウントすると、5回目以降のファウルはすべて「チームファウル」となり、そのつどペナルティが科せられます。ファウルの種類は、パーソナルファウルとテクニカルファウルにかかわらずカウントされます。それぞれのチームのファウル数は、「テーブルオフィシャルズ」と呼ばれる審判席に表示され、5回目以降のファウルが宣告された場合、シュート動作中である・ないにかかわらず、相手チームにフリースローの権利が与えられます。また、インターバル中に宣告されたファウルは次のピリオドにおけるファウルとカウントされる他、延長時限のファウルは第4ピリオドでカウントされたファウル数から引き続き加算されます。

ファウルによる罰則

ファウルによる罰則
スローイン
「スローイン」は、バイオレーションやファウルによるペナルティのひとつです。スローインを与えられたチームはスローインを行なうプレーヤーをひとり決め、違反があった場所から一番近いコートラインの外側に立って審判からボールを受け取ったあと、ボールをコート内へ投げ込み味方にパスします。スローインを行なうプレーヤーに対するルールとしては、「コート内にボールを持ち込んではならない」「審判からボールを受け取ってから5秒以内にボールを離さなくてはならない」「コートにいる他のプレーヤーが触るまでボールに触れてはならない」「決められたスローイン位置以外から投げてはならない」「ボールを直接ゴールしてはならない」「ボールが手を離れるまでコート内に入ってはならない。ラインを踏んでのスローは認められない」「ジャンプしてのスローインは禁止」「コートにいる他のプレーヤーに直接ボールを手渡ししてはならない」などがあります。
フリースロー
「フリースロー」はペナルティによる得点機会で、ファウルの種類や状況によって1~3回のフリースローが与えられます。フリースローによる得点は1投1点となり、フリースローラインの外側にある半円内であればどこからでもスローできます。パーソナルファウルによるフリースローの場合は、ファウルを受けたプレーヤーが行ない、テクニカルファウルによるフリースローの場合は、コーチが指名したプレーヤーが行ないます。フリースローを行なうプレーヤーは、審判からボールを受け取ってから5秒以内にシュートしなければなりません。その他のプレーヤーはゴール下の制限区域の外で待機し、フリースローを行なうプレーヤーの手からボールが離れた瞬間に制限区域に入ることができます。フリースローを行なったプレーヤーは、シュートしたボールがゴールリングに当たるまで制限区域に入ることはできません。