ご希望の体育館・武道館情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

スポランド
体育館・武道館
トップページへ戻る
トップページへ戻る

体育館情報

バスケットボールの違反 バイオレーション



バスケットボールにおける違反とは、大きく分けて「バイオレーション」と「ファウル」の2種類があります。バイオレーションとは、時間超過やラインアウト、ボールの不正な扱いに関する規定といったファウル以外の違反のことを指します。バイオレーションと判定された場合は、相手チームのスローインによってゲームを再開します。バイオレーションはスコアシートに記録されません。

バイオレーションとは

バイオレーションとは

身体接触によるものやスポーツマン精神に反する違反は「ファウル」となり、場合によりスローインなどのペナルティが与えられますが、それ以外の違反を「バイオレーション」と言います。例えば、定められた時間をオーバーしたり区切られているエリアを侵したり、ルールに反するボールの扱い方、ステップを行なったりといった行為がバイオレーションにあたります。バイオレーションと判定されると、審判が笛を鳴らして試合を中断します。ボールの所有権はバイオレーションを犯したプレーヤーの相手チームへと移ります。ボールの所有権を得たチームはプレーヤーを一人選出し、その行為が起こった場所から最も近いアウトラインの外に出て、審判からボールを受け取りスローインによってプレーを再開します。

イリーガルドリブル

イリーガルドリブル

規則に反しているドリブルのことを「イリーガルドリブル」と言い、イリーガルドリブルの中で代表的なものは「ダブルドリブル」です。これは、ドリブルを終えて手に持ったボールを再び床につく行為の他、両手を使ってドリブルをした際にも判定される反則です。また、ドリブルで床についたボールを下から支え持つような動きをするとボールを一度手に持ったものとみなされ、これもイリーガルドリブルとなります。これは、ダブルドリブルの一種で「パーミング」と呼ばれます。ダブルドリブルの際は、審判が手のひらを下に向けた両手を交互に動かしたしぐさで反則を伝えます。パーミングの際の審判のシグナルは、どちらか片手の手首を裏返しながら左右に振るしぐさとなります。

アウトオブバウンズ

アウトオブバウンズ

ボールやプレーヤーがコートの外に出ることを「アウトオブバウンズ」と言います。ボールを持っているプレーヤーがアウトオブバウンズの判定となるケースは、プレーヤーの足がコートラインに触れたとき、もしくはコートラインの外に出たときです。同様に、ボールのみの場合も、ボールがコートラインに触れた時点でアウトオブバウンズとなります。ボールがコートの外に出てしまった場合もアウトオブバウンズとなりますが、空中のボールがコート外に飛び出た場合、ボールが床につく前にプレーヤーがコートの中で踏み切り、ボールをはじくなどしてコート内に戻すことができればアウトオブバウンズは適用されません。アウトオブバウンズと判定されたときは、その直前までボールをコントロールしていたチームの相手にスローインの権利が渡ります。

トラベリング

トラベリング

ボールを持ったまま3歩以上足を動かすことを「トラベリング」と言います。ゲーム中によく見られるのは、レイアップシュートの際にトラベリングと判定されるケースです。バスケットボールでは、ボールを保持したときに床に着いた足を1歩目と数えるので、逆の足を踏み出したらすぐにシュートを放たなければなりません。また、ボールを持った状態のまま軸足を動かさず前後左右にステップする「ピボット」というテクニックがありますが、ピボットを行なっている際に軸足がずれてしまうとトラベリングとなります。世界大会において日本人選手が起こしやすい違反のひとつにトラベリングが挙げられており、ボールをキャッチした瞬間に次の動作に早く移ろうとするあまり軸足が動いてしまうことが要因だと考えられています。

ピボットフット

ピボットフット

「ピボット」とはボールを保持するテクニックのひとつで、軸足を動かさず逆の足を前後左右に動かして相手のプレーヤーを翻弄するときなどに使用します。このときの軸足を「ピボットフット」、自由に動く方の足を「フリーフット」と言います。ピボットフットは、着地の仕方によって変わるため注意が必要です。例えば、空中でボールを取ったあと、両足で着地した場合はどちらの足をピボットフットにしても問題ありませんが、片足で着地した場合は、先に床に着いた方の足をピボットフットにしなければなりません。ボールを保持したときに床に着いた足を1歩目と数えるので、逆の足をピボットフットにしてしまうとその時点でトラベリングとなります。また、ピボットからドリブルを行なう際は、ピボットフットが動く前にドリブルをしなければなりません。ボールが手から離れる前にピボットフットを床から離してしまうとトラベリングとなります。

ヘルドボール

ヘルドボール

2人以上のプレーヤーがボールをつかんだ状態で、どちらもボールを奪えないままその場でゲームが止まってしまうことを「ヘルドボール」と言います。ヘルドボールの状態が長く続くと、プレーヤーがボールを乱暴に扱ったり叩いたりする可能性があるため、こうした状況になった場合、多くの審判は早々にヘルドボールを宣告します。ヘルドボールが宣告された際は「ジャンプボール・シチュエーション」となり、新ルールにのっとって「オルタネイティングポゼション・アロー」が示している側のチームが、その場所から一番近いコートラインの外からスローインを行ないます。審判は、ヘルドボールと判断したらポゼション・アローが示している方向を指さし、次に攻撃するチームの攻める方向を示します。

5秒バイオレーション

5秒バイオレーション

5秒バイオレーションはいくつかのケースがあります。まずは、ゲーム中にボールを持っているプレーヤーに対するルールです。これは、相手チームのプレーヤーが1m以内で積極的なディフェンスを行なっている状態で、ボールを持つプレーヤーがドリブルやパス、シュートをしないままその場に5秒とどまるとバイオレーションの判定を受けるものです。ただし、これが適応されるのはあくまでディフェンスが接近しているときのみで、ディフェンスが1m以上離れている状態であれば、ボールを持ったまま5秒以上その場に立っていてもバイオレーションにはなりません。その他、スローインやフリースローを行なう際に、審判からボールを受け取ってから5秒以内にボールを投げない場合もバイオレーションの判定を受けます。

24秒ルール

24秒ルール

「ショットクロック・バイオレーション」とも言い、オフェンス側のチームは、ボールを手にしてから24秒以内にシュートを打たなければならないというルールです。これは、どちらかのチームが長時間ボールを保持し続けることを防ぐ目的で制定されました。公式戦では、観客席から見やすい位置に、24秒をカウントする「24秒計」が設置されています。シュートの最中に24秒計のブザーが鳴った場合、シュートが成功すれば得点はカウントされます。シュートが入らなかった場合は、ボールがゴールリングに当たれば24秒計はリセットされゲーム続行となりますが、リングに当たらなかった場合は「シュートを打つ」という条件を満たしていないためバイオレーションとなります。また、2011年(平成23年)から制定された新ルールでは、オフェンス側のチームが、相手側の陣地において、相手側のバイオレーションなどによってスローインのボールが与えられる場合、14秒以上であれば残りの時間を継続し、13秒以下であったときは14秒からスタートする、という内容が追加されました。

3秒ルール

3秒ルール

エンドラインから5.8m離れた場所に描かれた「フリースローライン」の両端を結んだ長方形を「制限区域(ペイントエリア)」と言いますが、オフェンス側のプレーヤーは、制限区域内に3秒を超えてとどまることはできません。3秒以上とどまった場合、ルールに違反しているとみなされバイオレーションとなります。3秒ルールが制定された背景は、長身選手がゴール付近にとどまることを抑制するためで、プレーヤーの視認性を高めるため、制限区域が違う色で塗られているコートも多く見られます。両足が制限区域から出ていれば3秒ルールが適用されることはありませんが、片足のみでも入っていれば3秒ルールは適用されます。例外として、シュートを行なう際にボールが手から離れたときや、シュートのためのドリブルをしているときは、制限区域に3秒以上とどまっていてもバイオレーションになりません。

8秒ルール

8秒ルール

バックコート(自チームの陣地)でボールを取った際、8秒以内にフロントコート(相手チームの陣地)へ進めなければならないルールを「8秒ルール」と言います。フロントコートへ進出したか否かは、8秒目の時点で両足がフロントコートに入っているかで判定します。ドリブルで進む場合は、ボールを持つプレーヤーの両足とボールがフロントコートに接地していなければなりません。バックコートからのパスを空中でキャッチした場合は、8秒以内に両足がフロントコートに着地していればバイオレーションとはみなされませんが、センターラインをまたいだ状態で8秒目を迎えた場合はバイオレーションとなります。バックコート内でボールが外に出てしまった場合、8秒はリセットされずスローインの時点から継続してカウントされます。

バックコートバイオレーション

バックコートバイオレーション

ボールを持ったチームがバックコートからフロントコートに入ったあと、再びバックコートへボールを戻すことを禁じるルールです。例えば、第1ピリオドのゲーム開始時に行なうジャンプボールの際、プレーヤーがフロントコートでボールをキャッチしたのであれば、そのボールをバックコートにいる味方へパスことはできません。また、フロントコートからスローインを行なう際に、バックコートにいる味方へボールを投げることもバイオレーションとなります。例外として、第2、3、4ピリオド開始時に行なわれるセンターラインからのスローインは、バックコートバイオレーションは適用されません。バックコートバイオレーションをあらわす審判のシグナルは、人差し指でフロントコートとバックコートを交互に指し示すしぐさです。

ゴールテンディング

ゴールテンディング

「ゴールテンディング」とは、シュートがリングに向かって落下しているときに、リングの上にあるボールに触れて得点の可能性を妨げる違反のことです。このバイオレーションは敵と味方が関係なく適用され、バックボードにあたって跳ね返ってきたボールも対象となります。ディフェンス側のプレーヤーがゴールテンディングを犯した場合、その後、ボールがリングに入っても入らなくても、そのシュートが決まったものとして相手チームに得点がカウントされます。オフェンス側のプレーヤーが、自チームが放ったシュートに対してゴールテンディングを行なった場合は、例えボールがリングに入ったとしても得点は認められません。ゴールテンディングはリングより高い位置にあるシュートボールにのみ適用され、リングより低い位置であればボールに触れても構いません。

インターフェア

インターフェア

「インターフェア」とは、ボールがゴールバスケットの中にあるとき(リングを通過している状態のとき)にネットの下から手を入れる行為、もしくは、シュートされたボールがリング上にあるときに、プレーヤーの手がネットやリング、バックボードに触れて得点の可能性を妨げる違反のことを言います。ただし、ボールがリングの上に乗っている状態のときに、ボールそのものに触れることは認められています。ゴールテンディングと同じく、ディフェンス側のプレーヤーがインターフェアを犯した場合、シュートが決まってもそうでなくても、相手チームに得点がカウントされます。オフェンス側のプレーヤーが、自チームが放ったシュートに対してインターフェアを行なった場合は、シュートが決まったとしても得点はカウントされません。