ご希望の体育館・武道館情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

スポランド
体育館・武道館
トップページへ戻る
トップページへ戻る

体育館情報

日本体育協会について



日本体育協会(JASA、体協とも呼ばれる)は、全国のスポーツ競技連盟、スポーツ協会、体育協会など、日本のスポーツを総括する団体です。設立されたのは1911年で、1912年のストックホルムオリンピックに向けて「大日本体育協会」として創設されたことに端を発します。創設者は、講道館柔道の創始者でもある嘉納治五郎です。1946年からは毎年国民体育大会(国体)を主催し、日本におけるスポーツ普及に大きな貢献を果たしました。

日本体育協会の加盟団体

日本体育協会の加盟団体

57の中央競技団体、47の都道府県体育協会、5の関係スポーツ団体、4の準加盟団体で構成されます。体協に加盟せずとも、日本オリンピック委員会(JOC)に加盟すればオリンピックに参加することはできますが、多くの団体が両会に同時加盟しています。なお、国体やアジア競技大会への参加条件として、体協への加盟は必須となっています。

日本体育協会の主な変遷

大日本体育協会が創立されたのは1911年のことです。初代会長には、創設者である嘉納治五郎が就任しました。その2年後、大日本体育協会に国内オリンピック委員会としての性格が付加されることとなります。

財団法人となったのは1927年のことです。1942年には財団法人大日本体育会に改組し、政府の外郭団体になります。1946年には国民体育大会(国体)の第一回大会を主催し、同年、日本オリンピック委員会の設立を決定します。

1948年に財団法人日本体育協会に名称を変更し、東京オリンピック(1964年)と札幌オリンピック(1972年)を開催させます。

1989年には、日本体育協会から日本オリンピック委員会(JOC)が独立し、財団法人化を果たしました。

アマチュアのみからプロ認容へ

1986年にアマチュア規定が改正されるまで、日本体育協会はプロ選手の存在を認めていませんでした。その流れが変わったのは、1974年に国際オリンピック委員会(IOC)がオリンピック憲章の参加資格の項目から「アマチュア」の文字を削除したことによります。1984年のロサンゼルスオリンピックからはプロ選手の五輪参加が可能になり、世界中でスポーツのプロ化が進みました。これを受けて、日本体育協会もアマチュア規定の改正に乗り出したのです。

歴代の会長

下村宏(貴族院議員)、東龍太郎(東京都知事)、高原須美子(経済企画庁長官)、森喜朗(第85代、第86代内閣総理大臣、衆議院議員)など、そうそうたるメンバーが歴代の会長を務めてきました。2013年現在の会長は、トヨタ自動車会長の張富士夫です。