ご希望の体育館・武道館情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

スポランド
体育館・武道館
トップページへ戻る
トップページへ戻る

体育館情報

主な武道/日本泳法



武芸として伝わる日本古来の泳法で、「古式泳法」とも呼ばれます。武術としての側面も強く、水泳だけでなく潜水、飛び込み、水馬術なども含まれます。戦場での実践的な技術として生まれ、鎌倉時代には多くの軍記物語でこの泳法に関する記述が見られます。発展を遂げ、体系化されたのは江戸時代初期です。

代表的な泳法

代表的な泳法

大きく分けて「平体(へいたい)」「横体(おうたい)」「斜横体」「立体」の4つの体形に分けることができ、これに「扇足(あおりあし)」「逆扇足」「蛙足」「踏足」「巻足」などの足の動きと、「掻手(かきて)」「抜手(ぬきて)」「手繰手(たぐりて)」などの手の動作を加えて独自の泳法をつくり上げます。

流派による泳法の違い

1932年に発足した日本水上競技連盟(現・日本水泳連盟)が公認する流派は12あり、他の武道と同様、師範による家元制度を取るところもあります。一言で「日本泳法」と言っても各流派で呼び名は異なり、水府流では「水術」、向井流では「水法」、紀州藩の三派では「水芸」、観海流では「泅水術」、小池流では「泅道」、神伝流と水任流では「游泳術」、小堀流では「踏水術」と呼ばれています。

九州・四国で発展した流派

九州・四国で発展した流派には次のものがあります。

神統流(薩摩藩)
扇足、蛙足の平体を基本としています。泳ぎを「捨」「抜」「差」に分けているのが特徴です。
神伝流(松山藩・大洲藩・津山藩)
扇足の横体を基本とし、体を沈めることが浮きにつながるという独自の考えを持っています。
小堀流(熊本藩)
踏足と手繰手での力強い立ち泳ぎを得意としています。5kg程の甲冑を着けたまま泳ぐ「甲冑御前游(ごぜんおよぎ)」が特に有名です。
山内流(臼杵藩)
扇足の斜横体を主体としており、継扇足(つぎあおりあし)の立泳での旗振りが有名です。武具や旗などを持っての泳法が特徴的です。
水任流(高松藩)
逆扇足の横体を基本とした泳ぎを特徴とします。

紀伊・伊勢で発展した流派

紀伊・伊勢で発展した流派には次のものがあります。

岩倉流(紀州藩)
紀州藩お抱えの「水芸紀州三派」のひとつで、刀を持って泳ぐ「太刀泳」、泳ぎながら瓜の皮を剥く「瓜剥」などが有名です。
能島流(紀州藩)
紀州藩の能島水軍の武術として確立され、蛙足、平体での泳ぎを主体としています。
小池流(紀州藩)
蛙足、平体での泳ぎを基本に、48種類の応用泳法があります。
観海流(津藩)
蛙足、平体を基本とし、水面に波を立てずに静かに泳ぐことを得意とします。遠泳に向き、水軍の兵法としても採用されていました。

水戸で発展した流派

水戸で発展した流派には次のものがあります。

水府流(水戸藩)
「のし」と呼ばれる横泳ぎを基本とします。普及させたのは水戸黄門とも言われています。

東京で発展した流派

東京で発展した流派には次のものがあります。

向井流(江戸幕府)
扇足での泳ぎを基本とし、「お船手泳ぎ」とも言われます。
水府流太田派(東京)
12流派の中で唯一、明治時代に誕生しました。遊泳人口がもっとも多い流派でもあります。あらゆる状況下でも適応できる実用性が特徴です。

日本泳法の大会「日本泳法競技会」について

日本泳法の大会である「日本泳法競技会」について紹介します。

日本泳法競技会とは

公益財団法人東京都水泳協会が主催する、毎年夏に開催されている日本泳法の大会です。公益財団法人日本水泳連盟の「日本泳法」の競技区分に登録している団体もしくは選手を対象とした協議会で、過去には京都アクアリーナポートアイランドスポーツセンター大阪府立門真スポーツセンター(なみはやドーム)などで開催されました。