ご希望の体育館・武道館情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

スポランド
体育館・武道館
トップページへ戻る
トップページへ戻る

体育館情報

日本武道館とは(歴史・概要)



日本武道館は、東京都千代田区北の丸公園内に位置し、主に武道のための施設として利用されています。その他、武道以外の競技の屋内競技場として、また、コンサートや記念式典などを行なう多目的ホールとしての役割も担っています。日本武道館を管理運営する公益法人 日本武道館によると、「伝統の武道を、国民とくに青少年の間に普及奨励し、武道による心身の錬磨を通じて健全な育成を図り、民族の発展に寄与するとともに、広く世界の平和と福祉に貢献すること」が創建の目的となっています。(出典:日本武道館ホームページ)

日本武道館の歴史

日本武道館の歴史

日本武道館が設立された土地は、江戸城築城時は築土神社を遷座した場所であり、その後は徳川御三家のひとつがあった場所になります。明治維新後は近衛師団の兵営地として使われており、武道館建設前はその跡地となっていました。

建設に至るまで

1961年、一部の国会議員たちによって武道会館建設議員連盟が発足し、当時国会議員であった正力松太郎さんを連盟会長にかかげて、武道の大殿堂建設への署名集めをスタートさせます。署名は議員525名から集まり、翌年には正式に財団法人 日本武道館が設立されます。なお、これらの活動のきっかけとなったのは、1964年の東京オリンピックで柔道が正式種目として採用されたことによります。

開館からオリンピックまで

財団法人 日本武道館が発足した翌年1963年には、国費20億円を用いて工事が行なわれることとなりました。工事は急ピッチで進められ、1964年9月15日にわずか12ヵ月の工事期間を経て落成、同年10月3日には開館式が執り行なわれました。そして迎えた10月20日、日本武道館は東京オリンピックの柔道競技場として国際的に披露されることとなります。

建造物の概要

設計を手掛けたのは、隅田川の永代橋、御茶ノ水の聖橋京都タワーなどの設計で知られる建築家・山田守さんです。八角形の建物は法隆寺の夢殿をモデルとし、なだらかに広がる大屋根の稜線は富士山の裾野をイメージしています。

八角形の理由

君主が南向きに座り、東西から選手が入場するというように、武道と方位には密接な関係があります。このような意図を踏まえ、東西南北の所在を明確にするために最も適した形が八角形であったと言われています。

武道館のシンボル「偽宝珠(ぎぼし)」

屋根の上に輝く黄金の玉ねぎ、これは「擬宝珠(ぎぼし)」と言われる武道館のシンボルです。もともとは橋の欄干、神社、寺院などに付けられる飾りですが、魔除けの意味を持つことから屋根の頂点に置かれたと言われています。