ご希望の体育館・武道館情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

スポランド
体育館・武道館
トップページへ戻る
トップページへ戻る

体育館情報

運動神経とは



「運動神経が良い、悪い」とは良く耳にする表現です。広義には運動機能にかかわり、スポーツのうまさを表した言葉です。しかし、この「運動神経」が何なのか、良く分かっていないという方もいるかもしれません。奥が深い運動神経について紹介します。

運動神経の正体

運動神経の正体

そもそも運動神経とは、体や内臓の筋肉を動かすための信号を脳から全身に送り、随意運動を起こさせる末梢神経のことを言います。この神経が支配する箇所を骨格筋と言い、筋肉の40%を占め、骨格を動かす筋肉です。運動神経の対語は感覚神経で、これは感覚器の刺激を知覚中枢に伝達する神経として、知覚神経とも呼ばれています。ここで普段、我々が何気なく口にする運動神経とニュアンスが異なることが分かります。いわゆる、運動やスポーツを巧みにこなし、運動能力の優劣を表現する意味での「運動神経」は存在しないのです。その意味における「運動神経」とは、脳の指令で迅速により多くの筋肉を働かせる状態を指します。

運動神経を鍛えよう

脳から筋肉へ伝達する運動神経のネットワークは2~4歳ごろに形成されます。全身の末端まで張り巡らされた神経回路が5~8歳には飛躍的に発達、そして9~12歳までにほぼ完成するのが一般的です。特に「ゴールデンエイジ」と呼ばれる5~8歳ごろは発達が著しく、この時期に様々な運動や遊びで体を動かして経験した内容は、その後の運動神経を決定づけると言えます。

大人になって運動神経を良くするには

では、成長期を終えて大人になってから運動神経を良くするのは不可能なのかと言うと、そのようなことはありません。脳には一度覚えた動きを新たに正しい動きに修正するのを妨げる、厄介な「神経支配の縛り」があります。これは運動時に脳内で描くイメージより、実際に達成できる内容が上回ることでギャップを埋めれば、運動能力の向上につながります。つまりスポーツにおいて、常に良いイメージを体に覚え込ませる反復練習によって、運動神経は向上する可能性があるのです。

コーディネーショントレーニング

運動神経を鍛え、運動能力を高める方法に「コーディネーショントレーニング」というトレーニング方法があります。一流のスポーツ選手は総じて状況判断に優れ、素早く的確に行動に出る能力に秀でています。目や耳などの感覚器から得た方法を中枢神経系に素早く伝達して脳で処理し、筋肉を動かすプロセスを瞬時に正確に行なうことをコーディネーション能力と言い、「リズム能力、バランス能力、変換能力、反応能力、連結能力、定位能力、識別能力」の7つに分類されています。このコーディネーション能力を養うには、普段の運動に少し手を加えるだけで可能です。

  • ジョギングでところどころ細かいステップを取り入れる
  • 電車のつり革に掴まらずバランスを取る
  • スポーツジムやスポーツセンターで適度な運動に挑戦する
  • サッカーボールを使う運動をテニスボールで試してみる
  • ひとつの運動を達成できたら難易度を上げる

普段行なっている運動に変化を持たせるだけでコーディネーショントレーニングとなります。運動神経を伸ばせるよう、ぜひチャレンジしてみると良いでしょう。