ご希望の体育館・武道館情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

スポランド
体育館・武道館
トップページへ戻る
トップページへ戻る

体育館情報

スポーツの際に起こりやすいけがと応急措置



どんなスポーツでも、けがをする危険性はあります。もしもスポーツの現場でけが人が出たら、すみやかな応急処置が必要です。スポーツセンターや体育館などでは救護室が設置されていることもあります。ただし意識消失や頭、頸、背部の外傷や大量出血、脱臼や骨折が疑われるなどのケースでは、すぐに救急車や医者を呼び、むやみに動かさないようにしましょう。

「スポーツ外傷」と「スポーツ障害」

「スポーツ外傷」と「スポーツ障害」

けが人の応急処置ができなかったり、その方法が不適切だったりすると、その人のスポーツ復帰を妨げることになりかねません。スポーツによるけがは大きく分けて2種類あります。ひとつ目は、急激に大きな力が加わったことによる不慮のけが、「スポーツ外傷」です。もうひとつは「使い過ぎ症候群」とも呼ばれる「スポーツ障害」で、こちらはスポーツをプレーする際の動作の繰り返しによる骨や筋肉、靱帯などの酷使が原因です。

捻挫や肉離れの応急処置

スポーツ外傷の中でも代表的なものが、捻挫や肉離れなど手足のけがです。この場合の応急処置は、患部の出血や腫れ、痛みを抑えることを目的とします。基本は安静にして氷で冷却し、弾性包帯やテーピングで圧迫することが大切です。圧迫の際は、心臓よりも上に患部を上げます。これはスポーツ中のけがに限らず、すべての外傷の応急処置で押さえておくべき基本です。

外傷の応急処置 4つの基本

外傷の応急処置では基本となる4つの処置があります。

Rest(安静)
患部の腫れや血管等の損傷を防ぐため、安静にし、テーピングなどで損傷部位を固定します。
Ice(冷却)
ビニール袋やアイスバッグに氷を入れて、患部を冷却します。15~20分冷却し、患部の感覚がなくなったらはずし、痛みが出てきたらまた冷やします。
Compression(圧迫)
テーピングパッドなどを患部にあてて、テーピングや包帯で軽く圧迫気味に固定します。
Elevation(挙上)
腫れを防ぐ、または軽減するために患部を心臓より高い位置にします。

オーバートレーニングに注意

一方、スポーツ障害の中では、ランニングやジャンプを長時間繰り返し行なうことによって生じる膝の痛みなどがあります。大切なのは予防で、スポーツ前のストレッチングを十分に行ない、その人の体力や技術に合わない練習や、不適切な靴を避け、「オーバートレーニング」にならないようにすることです。軽症、あるいは重症には至らない中等症程度の膝の痛みであればスポーツを続行できますが、重症の場合だと、骨と骨のつなぎ目である関節を連結する靱帯の断裂といった深刻な事態にもなるおそれがあります。スポーツのあとには15分程アイシングをしましょう。さらに軽症から中等症の場合は貼り薬や塗り薬も効果が期待できます。