ご希望の体育館・武道館情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

スポランド
体育館・武道館
トップページへ戻る
トップページへ戻る

体育館情報

スポーツの重要性



現代社会を生きる我々にとって、スポーツ活動は欠かすことのできない大切なものです。人は運動することで体力の向上だけではなく、生活習慣病の予防、ストレスの発散、心身の健康を維持することができます。子どもたちにおいては体の成長に伴う基礎的な動き、体力を身に付けるため、来るべき高齢化社会に向けては明るく豊かな生活を送るため、生活の一部としてスポーツを捉えていく必要があります。

運動することの意義

運動することの意義

運動は人間らしく生きるために必要不可欠な要素です。自由な日常生活が健康によってもたらされるものなら、それは運動やスポーツをすることで確保できます。

発育期の子どもにとってのスポーツ

現代の子どもたちを取り巻く環境はかつてと比べて激変しています。塾や習い事、携帯できるコンピューターゲームなど、体を動かす機会は減る一方で、結果的に生活習慣が乱れる起因となってしまっているのが現状です。この弊害は目に見えて顕著であり、肉体面では体格の向上に相反した体力・運動能力の低下、重心の後退による浮き指、背骨の湾曲、肥満、各種アレルギーが挙げられます。精神面においても「キレやすく」なる、多動性症候群、ストレス増加など不安定な心の問題を抱えたまま、不健全な成長を余儀なくされてしまうのです。身体が著しく発達する発育・成長期にスポーツで多様な動きを経験することは、基礎的な動き・体力を身に付けることはもちろん、他者とのコミュニケーション能力、自己責任、チャレンジ精神を育む機会を与えるといった、非常に重要な意味を持ちます。

運動の目安

日本体育協会の定めるガイドラインでは、子どもにとって必要最低限な活動量を「1日60分以上」と提案しています。学校にいる間なら体育の時間、休み時間や放課後の外遊び、家にいるときも意識的に体を動かすアプローチを子どもに促しましょう。

日常生活からの継続したスポーツ活動習慣で、子ども自身による運動への積極性を引出すことも可能になります。

スポーツによる社会的メリット

スポーツ活動の効果は肉体・精神面だけに留まりません。スポーツを通じた交流によって、社会的にも様々なメリットが考えられます。

相互理解

スポーツは国や人種の違いを超えた共通の概念です。同じルールで闘い、真剣勝負の場を共有することで世界の人々と相互に理解することが可能です。

地域コミュニティの復活

核家族化に少子化、さらに地方においては昔ながらの地域社会の崩壊が叫ばれています。老若男女が参加できるスポーツの場合、ひとつの目標に向かって汗を流すことで達成感を得られるでしょう。地域でチームを結成するなら、コミュニティの人同士の交流も活発化するはずです。