ご希望の体育館・武道館情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト体育館・武道館リサーチ

体育館情報

ピラティスついて



ピラティスとは、呼吸とエクササイズによってバランスのとれた体をつくるメソッドです。アメリカではゴルフプレーヤーのタイガーウッズをはじめ、有名テニスプレーヤーやプロ野球選手も積極的に取り入れており、ヨガと並んで人気を博しています。日本では2005年にタレントの渡辺満里奈さんが関連書籍を出し、新しいボディメンテナンスとして大きな話題を呼びました。

怪我の治療から生まれたピラティス

怪我の治療から生まれたピラティス

1920年代にドイツ人従軍看護師であるジョセフ・ピラティスが考案したエクササイズです。自身が様々な病気を抱えていたころから、その治療策として誕生しました。実際、戦争で負傷した兵隊たちにその怪我に即したピラティスを処置することで回復は早まり、ジョセフ・ピラティス本人の持病も克服できたと言います。このように、リハビリ的要素もあるピラティスは、筋肉の動きや呼吸などを理論的に理解することが非常に大切なエクササイズです。

ヨガとの違い

マットの上でポーズを取ることやボールなどを使うことから、ヨガと混同されがちなピラティスですが、大きな違いがひとつあります。ストレッチを主としているヨガに対し、ピラティスはストレッチにウェイトトレーニングの要素が加わります。そのため、最初はスポーツセンターなどでインストラクターの方などと一緒に、体の筋肉の動き方や呼吸の仕方をしっかり学ぶことが大切です。望ましい場所にちゃんと筋肉がつくことが、体作りの第一歩となります。

ピラティスの効果

ピラティスで鍛える筋肉は体の表面ではなく内側にある筋肉、インナーマッスルです。そのため、エクササイズ中にインナーマッスルをきちんと動かしているところをイメージすることが大切です。これにより、ダイエット効果や姿勢を維持するだけでなく、体の不調にも応えるリハビリ効果の顕著なエクササイズともなります。

腰痛に効く

アメリカでは腰痛の治療にピラティスを行なうことが多く、その効果の程が期待できます。具体的な方法として、骨周りの筋肉とインナーマッスルを鍛えるエクササイズを行ない、背骨を固定することで腰への負荷を減らします。また、ピラティスの基本であるゆっくりとした呼吸を行なうことで、腰痛の大きな原因であるストレスを解消します。

肩こりに効く

肩こりの主な原因は姿勢の悪さです。そこで正しい姿勢をキープするエクササイズを行ない、体を内側から矯正します。また血液の流れを良くするエクササイズも併用し、固まった疲労物質を体の外に排出するように促します。

ストレス解消

仕事や育児など、ストレスとは切っても切れないのが現代社会です。こんなときにはピラティスによるエクササイズが効果的です。体の歪みを矯正することで、首・肩・腰など体の各パーツに負荷がかかりにくくなります。

ピラティスができる体育館・スポーツセンター

街のスポーツセンターや体育館でピラティス教室が開催されていることもあります。例えば東京都中央区にある「総合スポーツセンター」では、初心者向けの「優しいピラティス」と、美しいボディラインを目指す「ビューティピラティス」などのコースがあります。昼に開催する「優しいピラティス」に比べ、「ビューティピラティス」は夜8時~9時と遅い時間に開催しているため、社会人も利用しやすいというメリットがあります。他にも、「東京体育館」では骨盤矯正やインナーマッスルを鍛える運動を盛り込んだピラティスを、広島の「湯来体育館」ではヨガとピラティスを組み合わせた教室を行なっています。

ピラティス教室の選び方

ピラティス教室を選ぶ際は、まず個人教室かグループ教室のどちらに通うかを考えます。個人であればマンツーマンで自分のレベルや要望に合ったピラティスを学べます。また、グループ教室に通った場合はスクール生たちとの交流も楽しめます。自分にはどちらのタイプの教室が合うかを考えつつ、ダイエットや姿勢矯正などの目的に合った教室を選ぶようにしましょう。