ご希望の体育館・武道館情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト体育館・武道館リサーチ

体育館情報

レクリエーション



勉強や仕事ばかりしていても心身に疲れが溜まり、効率を下げる要因となります。適度に体を動かして気晴らしすることで、気分転換を行なうことも大切です。レクリエーションとはラテン語の「再創造」という意味の言葉が転じたもので、「休養・娯楽・遊戯」と翻訳します。本項では子どもから大人まで、屋内で行なえるレジャー(遊び)にスポットを当ててみました。

集団でレクリエーションに参加する効果

集団でレクリエーションに参加する効果

成長期の子どもにとって、集団での運動やレクリエーションに参加することは、基礎体力づくり、健康増進、そして情緒面にも良い影響をもたらします。また、大勢の仲間と一緒に遊ぶことで、協調性、豊かな人間性の育成につながります。ドッヂボールなどのボールを使った遊び、缶けりや鬼ごっこなどの昔ながらの遊び、歌を歌ったりカルタ取りをしたりすることも、立派なレクリエーションです。笑顔、表現力、コミュニケーションといった、家でゲームをするだけでは得られない集団遊びならではの効果が、その場を共有することで身に付きます。

大人にとってのレクリエーション

社会人の場合、週末には仕事を離れて疲れを癒し、気分転換の時間としてレクリエーションを楽しむことで日常にメリハリが生じます。心が豊かな、充実した生活を送るための概念、「クオリティ・オブ・ライフ(生活の質)」においても、レジャーやレクリエーション活動は欠かせないものなのです。近年、このような考えは高齢者などを対象とした社会福祉サービスでも重視されており、医療、保険に加えてレクリエーションの知識を併せ持つ福祉の専門家も増えてきています。基礎体力向上やリハビリテーションの必要がある高齢者、先天的な障害がある方、事故や病気の後遺症を抱える方にとって、遊び感覚で行なえて意欲も維持できるレクリエーションは非常に意義深いと言えるでしょう。

体育館でできるレクリエーションの種類

体育館でできるレクリエーションにはどんなものがあるでしょうか。運動の要素の強いものを2種類に大別して紹介します。

チーム対戦型

チームに分かれて対戦形式で行なえるゲームです。

手押し車リレー

2人1組となって楽しむ手押し車リレーを紹介します。

  1. 1チームに付き10~20名程度で、2人1組の手押し車を作る(一人が腕立て伏せをして、もう一人がその足を持つ)
  2. 合図でスタートして、ポイントを回ったら次の組にタッチ
  3. 全員が早く終わったチームの勝ち

モグラのキャタピラレース

段ボールを使って遊ぶキャタピラレースを紹介します。

  1. 4、5名から10名程度のチームを作り、それぞれ段ボールを輪にして接合したキャタピラを作る
  2. 両チーム、キャタピラの中に入って対面し、スタートの合図で這い這いしながら前に進んでキャタピラを転がす
  3. 順番にバトンタッチし、最初にゴールしたチームが勝ち

全員参加型

全員がいっぺんに参加して行なうゲームです。

靴とり

靴とりは、靴をとりあう鬼ごっこのようなゲームです。

  1. 床面に直径10m程の円を描き、その中に直径3m程の円を描く
  2. 鬼を決めて、鬼以外の人は自分の靴を小さい円に置き、大きな円の中に立つ
  3. 鬼以外の人はケンケンをしながら小さい円の中の自分の靴を取ろうとし、鬼はそれを捕まえる。鬼は大きい円と小さい円の間を走り回る
  4. 捕まえられた人が次の鬼になる

風船はさみ

風船を使ったゲームを紹介します。

  1. 風船をたくさん用意して、2人1組を作る
  2. ジャンケンで負けた人が風船を1個、体のどこかに挟む。あとは引き続きジャンケンして、負けた人が風船を挟むのを繰り返す
  3. 風船を挟みきれなくなったり、1個でも落としたりした方の負け