ご希望の体育館・武道館情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト体育館・武道館リサーチ

体育館情報

学芸会・文化祭



普段は学業の場である学校ですが、年に一度、学習した成果に基づいて生徒に発表してもらう特別な学校行事を設けています。小学校では学芸会、中学校や高等学校では文化祭という呼称で呼ばれるこれらの行事は、生徒自らの手で作り上げることはもちろん、仲間との貴重な共同作業でもあります。

多くの場合自校の体育館などを用いて開催されますが、体育館が建替え中もしくは新設中であれば、近隣のスポーツセンターや都道府県立の体育館などをレンタルして開催することもあります。

学芸会と文化祭の使い分け

学芸会と文化祭の使い分け

学芸会と文化祭の呼称は学校によって異なります。一般的には小学校などの初等教育で学芸会または学習発表会、中学校・高等学校では文化祭または学園祭(学校祭・学院祭)と呼ばれることが多いようです。しかし最近では小学校でも学芸会と言う名を使わず、文化祭、フェスティバルといった表現などに変わってきている傾向にあります。

これらは正規の教育課程として履修が義務付けられている学芸的行事であり、あくまで学生主導で課外活動に位置付けられる大学の大学祭とは区別されるものです。

学芸会の発祥

児童・生徒が発表する学校行事の形態は、江戸時代中期の寺子屋にさかのぼります。当時は寺子屋に通う子どもたち(寺子)の書画を貼り出してお披露目する「席書き」「天神講」という行事がありました。さらに明治時代前半の小学校では優等生たちの中から何人かに発表授業をさせる行事も行なわれます。これらが現在の学芸会のような形に発展していったと考えられています。

発表内容

学芸会・文化祭ではステージと大人数を収容できる空間を必要とすることから、体育館をメイン会場として使用する場合がほとんどです。具体的なプログラムは児童・生徒による劇の上演、合唱・合奏などの音楽会、ダンスなどが行なわれる他、教室を使って喫茶店、食堂、模擬店を運営する場合もあります。これらはクラスごと、または部活動ごとで発表され、いずれも児童会・生徒会や文化祭実行委員会といった在学生が中心となって実施されます。著名人による講演、音楽家・オーケストラの演奏など、学校外からゲストを招く場合もあり、各校によってプログラムが異なるのも特徴です。

学外への開放

文化祭の際に保護者はもとより、学校外の一般の人も訪れられるよう門戸を開いている学校も多くなっています。これは学内の見学、また文化祭を祭りとして楽しんでもらうといった目的からであり、学校も常ならぬ賑わいを見せることになります。しかし、防犯面、トラブル防止の観点から、チケットや招待券制、家族のみといった入場制限をかける学校もあるため、誰もが自由に出入りできるという訳ではありません。

文化祭でバンド演奏を開催する場合

文化祭でバンド演奏をする際、グラウンドに特設会場を設けない場合は体育館のステージで演奏することがほとんどです。機材が備わっていない場合は、民間企業から音響機材のレンタルを行なうこともできます。レンタルできる機材は次の通りです。

・アンプ

・エフェクター

・CD

・MD

・カセット

・モニター

他に、音響設備に詳しいスタッフを派遣してもらうことも可能です。体育館の大きさに応じて、適正な音響環境に設定してもらえる上、トラブルにも対応してもらえます。

国民文化祭

国民文化祭とは、国民が参加できる文化の祭典です。「文化の国体」とも呼ばれており、学生でなくても参加できます。過去に開催された国民文化祭とその会場を紹介します。

国民文化祭・秋田
オープニングイベントは秋田県立武道館で、フィナーレは秋田県民会館で行なわれました。開催期間中、国民文化祭ダンススポーツなど様々な催しを開催された秋田市立体育館は2,500平方メートルを超えるメインアリーナ以外に、サブアリーナ、卓球室、ジョギングコースなどがあります。
国民文化祭・やまなし
オープニングは河口湖ステラシアターで、フィナーレは山梨県富士五湖文化センターで開催されました。開催期間中、甲斐市敷島体育館ではダンススポーツフェスティバルが、富士北麓公園体育館ではマーチングバンド・バトントワーリングの祭典が行なわれました。