ご希望の体育館・武道館情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト体育館・武道館リサーチ

体育館情報

跳び箱について



跳び箱とは学校体育などで用いられる体操用器具です。馬の胴体を模して作られた長方形または台形の木枠を積み重ね、山型にした箱を跳び越す跳躍運動に使用します。木枠を積み重ねることで高さを調節することができ、寸法は文部科学省の規格で小型(長さ80cm:小学生)、中型(長さ100cm:小学生・中学生)、大型(長さ120cm:中学生以上)と定められています。学校で使用される跳び箱は通常、8段までとなっています。

原形は古代ヨーロッパの時代

原形は古代ヨーロッパの時代

古代ヨーロッパ・ローマ帝国の時代、乗馬訓練の一環で木馬を使った運動が行なわれていました。この木馬運動はドイツ体操の祖、F.L.ヤーンに取り入れられ、19世紀初頭にドイツやスウェーデンで考案された跳び箱のもととなります。1920年代になって現在のような台形になるまでは縦横1.5mの正方形でした。日本には明治の頃に導入され、全国の学校に普及していきました。

跳び箱を使った運動

跳び箱を跳ぶ際は助走を付けて、踏み切り板を踏み切って跳び箱に手を付き、跳び越えて着地する流れです。踏み切り板は固定式が一般的でしたが、現在は弾性が強くダイナミックに跳躍可能なスプリング式「ロイター板」が使用される場合がほとんどです。跳び箱が苦手という方は事前に跳べるイメージを思い描き、自分が挑戦できる高さから跳んで苦手意識を払拭させましょう。

跳躍の一連の動作

助走

跳び箱の高さに応じて助走を調節します。低い跳び箱なら5m以内の軽い助走でOKです。

踏み切り

踏み切り板の奥からやや手前の位置で少し大きめにジャンプし、踏み切ります。このとき、必ず両足で踏み切りましょう。

重心移動

跳び箱の一番後ろに手を付き(着手)、両腕で体を持ち上げて腕を支点に前へ重心移動させ、思いきり跳んで跳び箱の後ろに着地します。

着地

着地の際になるべく体勢を崩さないよう、ピタッと止まることを目指します。

跳び越え方いろいろ

跳び箱には様々な跳び越し方があり、新しい跳び方にチャレンジするのも楽しみのひとつです。以下にオーソドックスな跳び方を挙げてみました。

開脚跳び

左右に足を開き、跳び越します。

抱え込み跳び

両足を胸に抱え込むように引き付け、屈伸体勢で跳び越します。

台上前転

跳び箱に両手をついて、へそを見るイメージで前転します。正しく前転できれば跳び箱から落ちることはありません。

前方倒立回転跳び

手をついて、肩・腰・膝・足先を伸ばして、頭を付けずに回転して着地します。

跳び箱を教えるスポーツセンター・スポーツクラブ

全国には跳び箱を教えるスポーツセンターやスポーツクラブがあります。その一部を紹介します。

横浜市栄スポーツセンター
横浜市にある横浜市栄スポーツセンターでは、小学生を対象に、跳び箱の跳び方教室を開催しています。跳び箱が飛べない児童にありがちな「跳び箱の上に座ってしまう癖」を治すために、体を前へ出す練習や腕で跳び箱を押して跳ぶ練習などを行なっています。
ココナスポーツクラブ
体操の元国体選手や元県代表選手をコーチとして招き、トランポリンや平行棒、チアリーディングなどを行なう石川県のスポーツクラブです。幼児~小学生を対象に跳び箱教室も行っており、高学年になれば跳び箱を使い様々な競技にチャレンジすることもできます。練習場所は「金沢市総合体育館」や「城北市民体育館」、「いしかわ総合スポーツセンター」などです。

日本で開催されている跳び箱大会とその会場

日本で開催されている跳び箱大会や跳び箱イベントと、会場に選ばれることの多い体育館を紹介します。

跳び箱競技大会
不定期に開催されている跳び箱競技大会です。主催団体は公益財団法人などではなく、一般の市民団体で、開催場所は横須賀市総合体育館の横須賀アリーナです。
MONSTER BOX(モンスターボックス)
TBSの特別番組『最強スポーツ男子頂上決戦』などで開催されている跳び箱大会で、日本のみならず世界中から身体能力に優れた人が集まり跳び箱の段数を競います。非公認ながら、24段(3m16cm)を飛んだ記録もあります。『最強スポーツ男子頂上決戦』の収録は、さいたまスーパーアリーナ幕張メッセなどで開催されています。