ご希望の体育館・武道館情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト体育館・武道館リサーチ

体育館情報

ハンドボールについて



その名の通り、ボールを手で持ち、相手のゴール前まで運んで投げ入れるダイナミックな室内競技です。日本では「送球」と呼ばれた時期もありました。片時も目が離せない程のスピーディーな試合運びと攻防が特徴です。

ハンドボールの歴史

ハンドボールの歴史

ハンドボールは19世紀終わりから20世紀初めに確立したスポーツですが、紀元前600年頃のアテネの遺跡ですでに類似した競技が確認されています。当初はデンマークのホルガー・ニールセンが考案した7人制と、ドイツのコンラッド・コッホが考案した11人制のふたつのルールがありましたが、男女共、徐々に7人制のルールに一本化して現在に至ります。

日本と海外の人気の違い

日本では大谷武一により、1922年にハンドボール(11人制)が紹介されました。1938年には日本ハンドボール協会が設立され、1972年ミュンヘンオリンピックに初参加を果たしてはいるものの、今ひとつマイナー競技と受けとられがちです。一方で海外、特に本場のヨーロッパでは人気スポーツのひとつとして知られ、スペインのようにプロリーグのある国ではサッカー並みの人気を獲得しているのです。

ハンドボールの基本ルール

チームはゴールキーパー1人とコートプレーヤー6人の計7人で構成されており、独自のルールが取り決められています。ハンドボールを理解するためのいくつかのポイントを挙げてみましょう。

ゴールについて

ハンドボールのコートは長さ40m×幅20mです。ゴールは縦2m×横3mと、フットサルと同じ大きさになっています。シュートしたボールがゴールラインを完全に通過したときに、得点が加算されます。また、ゴールエリアラインの内側、ゴールエリアにはゴールキーパーしか入れません(ただし、ゴールエリアラインの外側からジャンプして、内側に着地するのは認められています)。

ボールの大きさ

ハンドボールは、競技を行なう年齢によってボールの大きさ・重さが変わります。成年・高校生男子は3号球(425~475g)、成年・高校生女子、中学生は2号球(325~375g)、小学生以下が1号球(255~280g)と定められています。

ボールの扱い方

ボールの移動はパスとドリブルで行ないます。ボールの保有時間は3秒まで、ステップの範囲は3歩までと定められています。また、ボールが足に触れると反則となります。

見せ場はシュート

ハンドボールの見せ場は「走る」「跳ぶ」「投げる」という運動の3大要素を含んだシュートにあります。基本のステップシュート、ダイナミックなジャンプシュート、トリッキーなブラインドシュートやループシュートなど、シュートにも様々なバリエーションが存在します。

ハンドボールができる体育館

サッカーや野球と比べ、日本ではまだまだメジャーとは言い難いハンドボールですが、ハンドボールのできる体育館は少なくありません。

大浜体育館
大阪の堺市にある体育館です。大体育室をハンドボールの練習場として貸し出しています。
金岡公園体育館
こちらも同じく大阪の堺市にある体育館です。ハンドボールの練習を行える大体育館以外に、なぎなたの練習ができる第四体育室などがあります。
調布市総合体育館
東京の調布にある体育館です。同体育館の大体育室では1面を貸し出しています。
滝野川体育館
東京の北区にある体育館です。コートだけでなく、ハンドボール用ボールを1組220円で貸し出しています。
墨田区総合体育館
東京の墨田区にある体育館です。メインアリーナではコーナーポイントを設け、ハンドボールを行なえます。

日本で開催されているハンドボール大会とその会場

日本で開催されているハンドボール大会と、会場に選ばれることの多い体育館を紹介します。

全日本総合ハンドボール選手権大会
実業団や学生らに出場資格が与えられるハンドボールの全国大会です。開催地は持ち回り制で、過去には「枇杷島スポーツセンター」や「愛知県体育館」などで開催されています。
ジャパンオープンハンドボールトーナメント
社会人を対象としたハンドボールの全国大会です。上位に入賞すると、全日本総合ハンドボール選手権大会への出場資格が与えられます。開催場所は「新宿区立新宿スポーツセンター」や「墨田区総合体育館」などです。
全国中学生選手権大会
全国の中学生を対象としたハンドボール大会です。開催場所は「氷見市ふれあいスポーツセンター」や「富山県立氷見高等学校第一体育館」などです。
国民体育大会ハンドボール競技
国体のハンドボール競技です。青年男女と少年少女に分け、それぞれの組み合わせで戦います。会場となった場所は「墨田区総合体育館」や「新宿区立新宿スポーツセンター」、「品川区立総合体育館」「武蔵村山市総合体育館」「多摩市立総合体育館」などです。