ご希望の体育館・武道館情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

スポランド
体育館・武道館
トップページへ戻る
トップページへ戻る

体育館情報

バレーボールについて



老若男女が気軽にできるスポーツと言えばバレーボールです。ネットを挟んでボールを打ち合い、相手コートにボールを落とすというシンプルさもバレーが人気を博す要素のひとつと言えるでしょう。ここではそんなバレーの歴史を紐解き、基本ルールや主な技術を紹介します。

バレーボールの歴史

バレーボールの歴史

室内で楽しめる球技として、1895年にアメリカの体育教育者、ウィリアム・G・モルガンによって考案されました。当時、室内球技ではバスケットボールが普及していましたが、運動量や身体接触からくる危険性がありました。そんなマイナス面をカバーし、大人数でプレーできるバレーはまさに老若男女にうって付けのスポーツだったのです。当初は「ミントネット(Mintonette)」と呼ばれていましたが、1896年に「ボールを打ち合う」という意を汲んだ「バレーボール」と呼ばれるようになりました。その後、各国にも順調に普及し、1924年にパリ五輪で広く紹介、1947年には国際バレーボール連盟が発足するに至っています。

日本でのバレー人気

今や子どもからママさんまで競技に参加しているバレーボールですが、日本に伝わったのは1908年頃とされています。まだルールも確立していなかった当時は16人制で、その後、12人制を経て9人制ルールが用いられるようになります。1951年に国際バレーボール連盟に加盟してからは国際ルールの6人制も普及し、現在は6人制と9人制両方のバレーボールが取り入れられています。日本におけるバレー人気を決定づけたのは、1964年東京オリンピックの女子バレーボールチームの存在でしょう。回転レシーブを武器に、世界の強豪を破り金メダルを手にした快進撃は「東洋の魔女」と恐れられ、今も語り草となっています。

バレーボールの基本ルール

6人制バレーボールの場合、両チームそれぞれ6人がコートに入り、相手コートの地面にボールが着くまでネット越しに打ち合う競技です。公式試合ではラリーポイント制の5セットマッチ(1セット25ポイント)で、先に3セット先取するまで競い合います。バレーボールの基本となるプレーを紹介します。

サーブ
ゲームの開始時にサービスゾーン内から相手コートにボールを打ち込むプレーです。ジャンピング、アンダーハンドなど6種類のサーブがあります。
レシーブ
両手を組んで、ボールをはじくように上げるテクニックです。サーブなど、腰より低い位置でボールを拾うときに使います。
トス
額の上に両手を上げ、キャッチするようにボールを上げるテクニックです。
アタック
トスなどで空中に上げられたボールに合わせてジャンプし、相手コートにボールを叩き付ける攻撃プレーです。
ブロック
相手プレーヤーのアタックに合わせて前衛のプレーヤーがジャンプし、壁となって防御するプレーです。

競技場は気温や照度まで規定

バレーボールは18m×9mのコートで行なわれますが、エンドライン・サイドラインの外に3m以上のスペースを、天井までの高さも7m以上を必要とするため、余裕のある空間が求められます。また、最低気温(10℃以上)、照度(1,000-1,500lx)の規定もあり、充分管理された体育館などで競技するのが理想と言えます。

バレーボールで有名な体育館

日本にはバレーボールの聖地と呼ばれる体育館や、バレーボールの大きな試合が開催されることの多い体育館があります。

代々木第一体育館
もともとは1964年の東京オリンピック時に水泳場として建設された体育館ですが、1985年には「全国高等学校バレーボール選抜優勝大会」に、1999年には「ワールドカップバレーボール」にも使用されています。かつてプールのあったフロアをアリーナとして活用しています。
駒沢体育館
1964年の東京オリンピック時に、バレーボールの試合会場となった体育館です。当時活躍した日本女子代表チーム(通称「東洋の魔女」)らが金メダルを手にしたのもこの体育館でした。

日本で開催されているバレーボール大会とその会場

日本で開催されているバレーボール大会とその会場として利用される主な体育館を紹介します。

ワールドグランドチャンピオンズカップ
通称グラチャンと呼ばれる、4年に1度開催されるバレーボールの国際大会です。男子東京大会、女子東京大会は「東京体育館」、男子名古屋大会、女子名古屋大会は「日本ガイシホール」で開催されています。
全日本バレーボール選手権大会
通称、天皇杯(男子)・皇后杯(女子)と呼ばれるバレーボール大会です。公益財団法人日本バレーボール協会に登録している中学生以上のチームなら誰でも出場可能な大会で、優勝チームには「日本の頂点」の称号が与えられます。ブロックラウンドは「ひたちなか市総合運動公園体育館」や「高松市総合体育館」などの各地の体育館で、ファイナルラウンドは「東京体育館」で開催されます。
全国ママさんバレーボール大会
会場を全国で持ち回り制にしているバレーボール大会です。25歳以上の女性であればママでなくても参加できる大会で、過去には同競技をテーマとしたテレビドラマ『ママさんバレーでつかまえて』(NHK)も放送されました。会場はこれまでに、東京体育館や東京武道館、神戸総合運動公園・グリーンアリーナ神戸三重県営サンアリーナなどが選ばれています。