施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の体育館・武道館情報を無料で検索できます。

ホームメイト体育館・武道館リサーチ

体育館情報

海外の有名な体育館



規模、収容人数などにおいて世界的に有名な体育館を紹介します。

マディソン・スクウェア・ガーデン

マディソン・スクウェア・ガーデン

言わずと知れた世界で最も有名な屋内競技場です。2万人収容のアリーナでは、バスケットボールやアイスホッケーの大きな試合が行なわれ、国内外問わず多くの観客が日々詰め寄せています。また、『ゴジラ』『星の王子ニューヨークに行く』など、様々な映画のロケ地としても使われています。

ベルシー体育館

世界室内陸上競技選手権大会、世界空手道選手権大会、世界卓球選手権、世界ハンドボール2017、プロボクシング世界戦など、ワールドクラスの室内競技を開催するフランス最大の屋内競技場です。国内外の著名アーティストのコンサートが開催される場所でもあり、日本における武道館のような存在と言えます。

ランクセス・アレーナ

ドイツ最大の屋内競技場で、2万人を収容することができます。ヴォルフグンマース(ハンドボールチーム)、ケルンハイエ(アイスホッケーチーム)のホームアリーナとして利用されるとともに、コンサート会場としても有名です。過去には、ボブ・ディラン、ホイットニー・ヒューストンなど、名だたるアーティストがここでワールドツアーコンサートを行なっています。

マンチェスター・アリーナ

360度の客席を持つアメリカ式レイアウトを、ヨーロッパで最初に採用した多目的アリーナです。プロレスWWE、ボクシングの世界タイトルマッチの他、1999年にはマンチェスターユナイテッドの祝勝会を開催した経歴もあります。2001~2007年にはコンサートチケットの売上高に基づき、「世界でも最も忙しいアリーナ会場(Busiest Arena Venue In The World)」とも言われました。

パラロットマティカ

1960年、ローマオリンピックのために建設されたローマ最大のスポーツアリーナで、建築としての評価も高く、20世紀イタリア合理主義建築の傑作とも言われています。オリンピック開催時にはバスケットボールの決勝などが行なわれ、現在は屋内競技の他、コンサートにも利用されています。

エリクソン・グローブ・アリーナ

世界最大の半球状の建造物であり、そのユニークな形状と圧倒的な存在感で、ストックホルムのシンボルともなっています。スウェーデンで人気の馬術競技を行なう点も特徴的と言えます。直径110m、内部の高さが85mにも及ぶ半球の外面にレールを這わせ、そこをゴンドラで上る「スカイビュー」というアトラクションも人気を博しています。

パラウ・サン・ジョルディ

1992年のバルセロナオリンピックに向け、モンジュイックの丘の上に建設された屋内競技場です。設計は日本人の建築家・磯崎新さんが担当し、重厚な黒い屋根部分には「パンタドーム」という独特の構法が採用されていることでも有名です。オリンピック開催時には、バレーボール、新体操などの競技が行なわれました。

パラシオ・デ・デポルテス・デ・ラ・コムニダ・デ・マドリッド

スペイン最大の屋内競技場で、1986年バスケットボール世界選手権、2007年ユーロバスケット、2008年ユーロリーグファイナルフォーなど、バスケットボールの国際大会を数多く開催してきました。バスケットボールの他、陸上競技、体操、ボクシング、自転車競技、ハンドボールなどにも対応し、マドリードのスポーツ振興に役立っています。

パラシオ・デ・ロス・デポルテス

「パラシオ・デ・ロス・デポルテス」とは「スポーツの宮殿」を意味します。1968年メキシコシティオリンピックの屋内競技場として、建築家・フェリックス・キャンデラによって建てられました。収容人数2万人超のボリュームに加え、映画『ガメラ』の中に出てくる甲羅のようなごつごつとした外観が特徴的な体育館です。

スィナン・エルデム・ドーム

2010年に完成したトルコ最大の多目的アリーナです。コンサート時には22,500人、バスケットボールのゲーム時には16,000人、テニスのゲーム時には約13,000人の観客収容が可能で、バスケットボールゲームにおける観客収容規模はヨーロッパで3本の指に入るとも言われています。

北京国家水泳センター

2008年開催の北京オリンピックの水泳競技会場として建設された施設です。気泡をモチーフにした膜を外壁に用いた奇想天外な外観が特徴的で、「ウォーターキューブ(中国語では『水立方』)」と呼ばれ、「鳥の巣」の愛称で一躍有名になった北京国家体育場とともに世界中の度肝を抜きました。

O2の名を冠した体育館、アリーナ

ブロードバンド通信などをヨーロッパで展開する事業グループ「O2」は、ヨーロッパ内における様々な施設でのネーミングライツを獲得しています。屋内競技場、多目的アリーナとしては以下の5つが挙げられます。

ザ・O2アリーナ
2007年にオープンするや否や、当時最も売上の大きいアリーナであったマンチェスター・アリーナ(イギリス・マンチェスター)、マディソン・スクウェア・ガーデン(アメリカ・ニューヨーク)に次ぐ売上を記録し、世界のトップアリーナに躍り出た施設です。2012年にはロンドンオリンピックの会場にもなりました。
O2ワールド
ランクセス・アレーナ(ドイツ・ケルン)に次いで、ドイツで2番手の規模を誇る多目的アリーナです。世界的アーティストのコンサートがドイツ国内で開催される場合には、必ずと言って良い程このアリーナが使用されます。「イーストサイドギャラリー」と向かい合わせの場所に位置します。
O2ワールド・ハンブルク
2002年オープンの施設です。ハンブルク・フリーザーズ(アイスホッケー)、 HSVハンブルク(ハンドボール)がホームアリーナとして使用する他、コンサート会場として多くのイベントも開催しています。
ザ・O2
19世紀末には電車車庫であったというユニークな形状で、ポイント劇場(Point Theatre)という名称で親しまれたあと、現在の名前になりました。ボクシング、アイススケートなどの屋内競技の他に、コンサート、サーカスなどで幅広く利用されています。
O2アリーナ
2004年、男子世界アイスホッケー選手権のために造られた多目的アリーナです。旧名称はサズカ・アリーナ(Sazka Arena)です。HCスラビア・プラハ(アイスホッケーチーム)のホームアリーナでもあります。