ご希望の体育館・武道館情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト体育館・武道館リサーチ

体育館情報

国内の有名な体育館・関東以北



著名な建築家が手掛けた施設、素材や構造が特徴的な施設など、関東以北にある特筆すべき体育館について解説します。

秋田市立体育館(秋田県)

秋田市立体育館(秋田県)

デザインを担当した建築家・渡辺豊和さんによると、コンセプトは「縄文首都のオリンピア神殿」です。原始的な生命の美しさを捉えた縄文土器の造形を彷彿とさせながらも、ギリシャのオリンピア神殿のような装飾に、荘厳さが宿る建造物です。メインとサブ、2つのドームを持ち、上空からは親子亀のように見える点も特徴です。

・竣工/1994年

・建築概要/鉄筋コンクリート造、鉄骨造、地上2階

・敷地面積/24,276.88平方m

・収容人数/固定席2,468席

大館市樹海体育館(秋田県)

愛称は「樹海アリーナ」です。地元秋田のスギ集成材と鉄骨で屋根を支えている点が特徴的です。ドーム内部から見上げると、梁にめぐらされた秋田スギのダイナミズムに圧倒されるとともに、自然の温もりを感じることができます。外周に設置された池には、冬季はドームの屋根から落ちた雪を溶かす役割が、夏季には涼風を取り入れる役割が課されており、その考えつくされた構造はまさに秋田の風土に調和した体育館と言えます。

・竣工/ 2005年

・建築概要/鉄筋コンクリート造、鉄骨造、木造、地上2階

・敷地面積/8,335平方m

・収容人数/固定席1,600席

花巻市総合体育館(岩手県)

古市徹雄・都市建築研究所が設計を担当したメインアリーナ、サブアリーナに加え、2011年には第3アリーナを増設しました。冬季の豪雪に対応できるよう、通常のドーム型ではない特殊な曲面の屋根を採用しています。緩やかながら大きく波打つ形状の大屋根、白一色でまとめられたシンプルな外構が、モダンながらも土地の景観に馴染んでいます。

・竣工/1997年

・建築概要/鉄筋コンクリート造、鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造、地上2階・地下1階

・敷地面積/19,868平方m

・収容人数/固定席2,068席(第3アリーナ1,982席)

酒田市国体記念体育館(山形県)

設計者は土門拳記念館などの設計で知られる谷口吉生さんです。敷地内には中庭を中心として大小のアリーナが並び、奥には弓道場が併設されています。先端部が張り出し翼のように見えるひさし部分には、地上から反射した光がきらきらと輝き、シルバーの外壁も相まって近未来的な軽やかさが感じられる外観になっています。

・竣工/1991年

・建築概要/鉄筋コンクリート造、鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造、地上2階

・敷地面積/57,408.27平方m

・収容人数/固定席1,240席

国立代々木競技場(東京都)

建築家の丹下健三さんの代表的作品であり、国内で最も有名な体育館とも言える国立代々木体育館(正式名称は国立代々木屋内総合競技場)。1964年、東京オリンピックの水泳競技場として造られ、柱を使わない「吊り屋根構造」で世界中の称賛を集め、日本の近代建築の新たな地平を切り開きました。

・竣工/1964年

・建築概要/鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造、地上7階・地下1階(第一体育館)、地上1階・地下1階(第二体育館)

・敷地面積/91,000平方m

・収容人数/固定席9,119席(第一体育館)、3,195席(第二体育館)

藤沢市秋葉台文化体育館(神奈川県)

ステンレスとコンクリートを用いたメタリックな外観が大きな話題を呼んだ、1980年代の代表的な建築物です。設計を担当した建築家・槇文彦さんが「できるだけ空に対してある豊かな表情を持ったものをつくりたい」と述べる通り、スリット上のトップライトなど、空を取り入れる工夫が随所にあります。外観が似ていることから「カブトムシ」の愛称で市民から親しまれており、現在でも多くの利用者が集まるスポーツ施設となっています。

・竣工/1984年

・建築概要/鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄骨造、地上3階・地下1階

・延床面積/11,100平方m

・収容人数/固定席2,000席

※出典:東西アスファルト事業協同組合講演会(http://www.tozai-as.or.jp/mytech/87/87_maki06.html)

所沢市民体育館(埼玉県)

埼玉県産のスギ無垢材を屋根の構造材に用いたエコな体育館です。集成材ではなく無垢材を利用することで、シックハウス症候群の原因となる揮発性有機化合物を大幅に軽減しています。スギ材による雄大なアーチがメインアリーナの広々とした空間を彩り、機能美を携えるとともに、農林水産大臣賞を受賞するなど環境面においても大きな評価を得ています。

・竣工/2004年

・建築概要/鉄筋コンクリート造、鉄骨造、木造、地上1階・地下1階

・延床面積/14,692.1平方m

・収容人数/固定席2,352席(メインアリーナ)106席(サブアリーナ)