ご希望の体育館・武道館情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト体育館・武道館リサーチ
体育館・武道館
トップページへ戻る
トップページへ戻る

体育館情報

体育館の設備・構造



体育館とひと口に言っても、その規模や内容は多岐にわたります。基本的には体育や各種スポーツを行なうための屋内施設を指しますが、スポーツだけでなくイベントやコンサートなどの文化的行事に利用するケースも多く、地域の複合施設としての役割を担っているとも言えます。

主な構造

主な構造

学校併設の物をはじめ、多くの小規模体育館は、限られた空間で各種スポーツに対応できるよう、可変的なコート構造になっています。木でできた床にはバレーボール、バドミントンなどのコート設営用支柱を立てる穴(床金具式)が設置され、競技別に複数のコートラインが異なる色で引かれています。他にも、可動式(折り畳み式)のバスケットゴールを採用するなど、空間を効率的かつ多目的に使うための工夫がされています。また、一般的に天井は高く設計されており、屋根から骨組みを吊り下げた形の吊り天井を採用しているところも多く、これが、全国各地で「体育館の天井にボールが挟まる現象」が見受けられる原因となっています。

総合競技場としての体育館

体育館で行なう主なスポーツには、バスケットボール、バレーボール、バドミントン、卓球などがあります。小規模な体育館でもこれらのスポーツは最低限対応できるようにつくられており、さらに大規模な総合競技場ともなると、プール、スケートリンク、柔道場、剣道場、弓道場などが併設されることとなります。こういった総合競技場としての体育館は観客収容の設備も整っており、競技大会の開催場所として利用されることもしばしばです。

地域の複合施設としての体育館

災害時の避難所、選挙の投票所、式典会場など多目的に使用される機会も多いことからも分かる通り、体育館には地域に根差した複合施設としての役割もあります。スポーツ面に焦点を当てると、以下のような形で地域振興に役立っていることが分かります。

気軽なトレーニングジムとして

自転車型トレーニングマシン、ランニングマシン、ウエイトトレーニングマシンなどを導入し、トレーニングジムとしての機能を併せ持つ体育館の場合、競技としてのスポーツだけでなく、それを支える身体作りから、多面的にサポートする施設として利用されます。

スポーツを通してのコミュニケーションの場として

身体を動かす場所であると同時に、人が集まり、関係性を広げていく場所としての役割も果たしています。

地域の生涯スポーツ振興のために

生涯を通してスポーツと触れ合い、健康に生きることを目的として、ジュニアから高齢者まで幅広い年代の地域住民のために講座や教室を行なう体育館もあります。市区町村立の学校体育館を一般市民に開放するケースもあり、公共的な利用価値は高いと言えます。